FC2ブログ

丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2

【自分から見て左側を応援するBlog】 (速報性無し) 真剣なヌースほどニヤニヤして読むのが『礼儀』です。リンク転載FREEEEE 

 
【!】当ブログの趣旨はプロフィールに長々と読む気を失くすように書いてあります。
「国会・慰安婦質問」で、
Twitter内検索から除外などされておりましたが
18/10/18の「ウイグル」記事をもって
更新反映してもらえなくなりました。




GOOD LUCK!!  
 【入国管理局/情報受付】  
  ・不法滞在者様お一人につき最高5万円までの通報者全プレ
  ・匿名通報可(全プレなし)
  ・写メ付通報、携帯通報先「 info-tokyo@immi-moj.go.jp
  ・電話通報 「03 5796 7256」
  ・受付毎日9時~17時(年末年始12/29-1/3除く)


★161130 熊本地震におけるピースボートに関した細かい情報が、「仕事の支障になる」とのことで一部削除致しました。
★171108 ぱよちん記事における「ご本人様」が御写真が恥ずかしいとのことで削除されておりました
@管理人

04/13 人体の不思議◆『欧米では~』流行ってるから日本もやるべき?

【裁判】イレッサ副作用訴訟 国と製薬会社の勝訴確定へ
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1364887974/



1 名前:アヘ顔ダブルピースφ ★[] 投稿日:2013/04/02(火) 16:32:54.16 ID:???0

国と製薬会社の勝訴確定へ=イレッサ副作用訴訟-12日に判決指定

肺がん治療薬イレッサの副作用被害をめぐる訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(寺田逸郎裁判長)は2日、原告側の国に対する上告を受理しない決定をした。国の賠償責任を認めなかった二審東京高裁の判断が確定した。

製薬会社への賠償請求については上告を受理し、判決期日を12日に指定した。

二審の結論変更に必要な弁論が開かれないため、製薬会社の賠償責任も否定した同判決が確定する見通し。

時事ドットコム (2013/04/02-16:01)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013040200631




7 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/02(火) 16:38:24.83 ID:5uGBTcF70
バカマスコミが陰謀論を展開します

10 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/02(火) 17:01:53.98 ID:jzm4NtpF0
>>7
っていうか、これ、マスコミが夢の新薬って煽ったのが原因のひとつじゃね?

11 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/02(火) 17:21:08.68 ID:fT3odn5d0
>>10
そう、さんざん煽ってた。
日本は新薬の承認が遅すぎると。んで
マスコミから突き上げられた厚労省が
性急に承認した結果がこれだ。

15 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/02(火) 19:22:42.78 ID:+QZeEr6+0
>>11
安全性を損ねてまで早めろなんてどのマスコミも言ってないけど

50 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/03(水) 00:09:19.98 ID:DX5l+/H60
>>15
マスコミはお気軽でいいなw



20 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/02(火) 21:54:30.95 ID:uIPtm/gH0
イレッサはたまによく効く人がいるんだっけ?癌が消滅するぐらい



25 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/02(火) 22:07:00.09 ID:Oo9UD4FI0 [3/3]

イレッサが原因と考えられる間質性肺炎(肺線維症)や
急性肺障害という薬剤性肺炎が多発する事態になったのを受け、
国内でイレッサを服用した4000人以上の患者さんを対象に、
大規模な追跡調査が行われました。

2006年、その結果が報告され、
イレッサを服用して間質性肺炎や急性肺障害を発症した人は約4%で、
亡くなった人は約1.6%であることがわかりました。

http://www.anticancer-drug.net/molecular/gefitinib.htm





27 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/02(火) 22:28:04.02 ID:B6ZXi+G10
肺癌なのに、肺炎になるってのはきつい薬だな

66 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/03(水) 01:08:21.83 ID:FtUuR1QV0
>>27
肺癌用薬剤の使用で肺炎か
薬害エイズの時の血液製剤も血友病治療のアイテムだったのに
輸血者にエイズ患者が混じってて使用したらエイズになってさらに悲惨に…

不安要素はあるけど治療優先の為に新要素を取り入れるってのはわかる
でも慎重にやってくれよ、旧ミドリ十字の様な過ちはもう見たくない

73 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 02:07:31.81 ID:rgAHF8nJ0 [2/2]
>>66
非加熱製剤のケースとは全く違うぞ。
イレッサの副作用発生頻度に人種差が絡んでいるなんて、
このケースで初めて分かったんだから。



39 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/02(火) 23:12:45.19 ID:vNle3cS+0
うちの婆ちゃんも結局これで死んだ
高齢で手術もできない、放射線もできないって事で
なにもしないよりはって最終手段だった

医者にはまれに間質性肺炎になる可能性があり
それにかかったら助からないと言われて結局肺炎になった

今思えばこんな薬飲ませないでうちに連れて帰るべきだった

40 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/02(火) 23:16:56.87 ID:OzHQbH+m0
>>39
末期癌なんてそんなモン
抗癌剤やら薬漬けにして死を待つ寝たきり状態にするくらいなら
最後に好きなことやらせてポックリ死なせた方が幸せだろ



41 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/02(火) 23:19:45.40 ID:GeEte1hu0
森口さんの偉大なる研究によって効果は保証されているからなぁ


17 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/02(火) 19:41:10.62 ID:r1IIrKky0
「イレッサ 森口尚史」

決してググってはいけない言葉。



44 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/02(火) 23:45:57.99 ID:3O4gsSqz0

「東京高裁の判断が維持されるなら、結局娘がなぜ亡くなったのか分からない。がん患者の命はこんなに軽いのか」。

イレッサの副作用の間質性肺炎で02年10月に次女(当時31歳)を亡くした原告の近沢昭雄さん(69)=さいたま市北区=は、全面敗訴の見通しとなったことに悔しさをにじませ、「『死んでも仕方ない』で済まされたようなもの。同様の問題はこれからも必ず起きる」と懸念した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130402-00000077-mai-soci




こういう守銭奴がギャーギャー騒ぐからリスクある新薬が承認されずに
患者が手遅れになるんだろうが

54 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/03(水) 00:19:20.98 ID:8jb118+j0
>>44
>結局娘がなぜ亡くなったのか分からない。

肺ガンで死んだんだよ、強請り集りのクズ遺族。
お前らのせいでみんなが大迷惑。

80 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/03(水) 05:25:19.25 ID:HgyGxLo60
>>44 自民党が悪いんだよ。

訴訟社会のアメリカは新薬の承認も速い。

81 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/03(水) 06:06:58.54 ID:Tdi7GmXh0
>>80
それはFDA職員の数と質が日本のPMDAとは段違いだから。
因みにPMDAの審査期間短縮は既に目標に到達していて、
現在のドラッグラグの主な原因はメーカー側の問題だよ。

イレッサの場合、間質性肺炎については添付文書の初版からちゃんと書いてあった筈。
書き方が悪いとか難癖つけてたが、
そもそも添付文書をろくに読まず抗癌剤処方する様な医者を訴えるべきだろ。

日本で抗癌剤処方している医者の大部分は外科医だから、そもそも薬の事をよく知らない。



52 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 00:12:19.06 ID:oYeASQ+50 [3/5]

(イレッサによる)
間質性肺炎の発症率には明らかに人種差があり、


この5月にNSCLC治療の第3選択薬としてゲフィチニブを承認した
(関連トピックス参照)米国食品医薬品局(FDA)は、
間質性肺炎の発症頻度を日本では2%、米国では0.3%と見積もっている。
http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/hotnews/archives/254412.html

●イレッサによる間質性肺炎発症率

 日本人 ・・・   2%
 米国人 ・・・ 0.3%






58 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 00:34:02.97 ID:jToepSCx0 [1/4]
今もイレッサは使われてるの?

61 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 00:44:35.43 ID:DzK2ZH6o0
>>58
当然使われてるし
そもそも遺伝子多型検査の適応で判別だからな
意味わからんのならこれ以上発言するな
飲み薬の抗がん剤なんてそうそうないから
それなりに需要はある。

63 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 01:00:00.76 ID:h4FREFkwP [1/2]
>>61
> 飲み薬の抗がん剤なんてそうそうないから

いや日本では経口タイプの抗がん剤は結構ある
最近だとTS1やネクサパールがそうだね

64 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 01:04:03.44 ID:jToepSCx0 [2/4]
>>61
この程度の話を「意味分からんなら発言するな」って、
どんだけ思い上がってんだか。敵を作りたいの?

遺伝子多型
ttp://www.pharm.or.jp/dictionary/wiki.cgi?%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90%E5%A4%9A%E5%9E%8B

TS-1なら医者の説明を聞いたり、パンフレットを読んだことがあるけど、
危険性の説明が不十分だと感じた。

69 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/03(水) 01:16:28.34 ID:lRyNRLFK0
>>64
調べてたのかw

71 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 01:20:15.16 ID:jToepSCx0 [4/4]
>>69
うん。

何か問題でもあるのか?w



65 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 01:07:54.33 ID:rgAHF8nJ0 [1/2]
この訴訟のせいで、ドラッグラグ解消が10年は遅れました。

全国のがん患者・難病患者に謝れ!>原告

68 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 01:13:39.44 ID:jToepSCx0 [3/4]
>>65
本当は薬剤利権者に謝ってほしいんでしょ。患者を盾にしやがって。この外道が。



76 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/03(水) 03:00:56.84 ID:hVzKy63Z0 [1/3]
>>74他

お前らips詐欺の森口尚史の研究結果をソースにするなよw
東大&製薬会社ががイレッサを推奨するためのでっちあげですから
だって森口だぜwww

http://logsoku.com/thread/news19.2ch.net/newsplus/1141123450/
2006/02/28(火) 読売新聞
副作用が問題となっている肺がん治療薬「イレッサ」(一般名ゲフィチニブ)が効くかどうかを決める遺伝子 の変異を森口尚史・東大先端科学技術研究センター助教授らがほぼ特定した。

抗がん剤イレッサ、非喫煙者の延命効果は喫煙者の3倍副作用が問題となっている肺がん治療薬「イレッサ」(一般名ゲフィチニブ)が効くかどうかを決める遺伝子 の変異を森口尚史・東大先端科学技術研究センター助教授らがほぼ特定した。



↑イレッサは副作用危ないって言われてるけど、効く人にはすごく効くんだよ!という研究結果



77 名前:名無しさん[] 投稿日:2013/04/03(水) 05:03:26.80 ID:He0TW4lJ0 [1/3]
読売のそれは誤報に近い。
研究は、ソウル大の教授によって行われ、
森口は落書き欄に意見カキコしたようなもん

99 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/03(水) 08:15:15.15 ID:hVzKy63Z0 [2/3]
>>77
東大が御用学者森口を焚き付けて、イレッサ推進のために読売に記事書かせたんだろ
ていうかソウル大だって十二分に怪しさ満点じゃねーかw
「効く人には効く」の根拠がソウル大学&森口尚史のイレッサw

http://www.logsoku.com/r/newsplus/1141123450/

抗がん剤イレッサ、非喫煙者の延命効果は喫煙者の3倍  

副作用が問題となっている肺がん治療薬「イレッサ」(一般名ゲフィチニブ)が効くかどうかを決める遺伝子 の変異を森口尚史・東大先端科学技術研究センター助教授らがほぼ特定した。  

延命効果を期待できる患者は、この遺伝子変異がある人か、非喫煙者に絞られるという。
無駄な投薬の回避に つながる可能性がある。英医学誌「ランセット」に発表した。  

同センターとソウル大医学部、東京医科歯科大の共同研究で、対象患者は、韓国人、中国人、台湾人計135 人。腺がんなどの非小細胞肺がんの進行期にあって、他の薬物療法で効果が得られずにイレッサを使った患者を 抽出し、個々のデータを詳しく分析した。  

注目したのは、細胞の増殖などを制御するL858Rと呼ばれるたんぱく質の遺伝子の変異。

この変異がある 患者の平均生存期間は22か月で、変異がない患者の9・3か月と比べて1年以上の延命効果が確認された。

非 喫煙者の場合は平均生存期間は24・3か月で、喫煙者の7・4か月より3倍以上長かった。  

森口助教授によると、L858Rの変異は、喫煙者にはほとんどみられない。喫煙歴のある非小細胞肺がんの 患者に過剰に現れるAKR1B10という分子が遺伝子変異を抑え、イレッサの効果を激減させている可能性も あるという。

(読売新聞) - 2月28日15時9分更新



121 名前:名無しさん[] 投稿日:2013/04/04(木) 04:01:15.53 ID:zhYC3Y7V0 [1/2]
>>99

読売の記事は間違い。
ソウル大の論文の中にある意見交換欄に意見書いてただけで、
森口が正式な論文を書いたわけでもない。

おまけに、医学系の研究の場合、
本当に正しいか確認して追認の論文が出ないと通説にはならないので、
ソウル大だけが支持している説でもない。
事実、因子特定の研究やってる人に会ったことあるし。



86 名前:名無しさん[] 投稿日:2013/04/03(水) 07:03:08.06 ID:He0TW4lJ0 [2/3]
医師を訴えるのは無理でしょう。
手術や投与の前に「副作用理解しました。それが原因で死ぬ事もわかった上で、投与お願いします」
って書類にサインしてるから

88 名前:名無しさん[] 投稿日:2013/04/03(水) 07:09:21.04 ID:He0TW4lJ0 [3/3]
原告がなぜか医師を訴えないのは>>86が理由だと思う。
だから、いちゃもんみたいな訴え方をしてるのでしょう。

国に「医師とのインフォームドコンセントの問題」
って言われたのに猛反発するのは、これが理由だろうな

90 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 07:16:43.06 ID:fyOBvtdjO [1/2]
>>86
でも、この場合も医師側はちゃんと副作用やデメリットについて説明していたのかなぁ

91 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 07:18:58.53 ID:TRNoQshb0 [2/4]
「毒を以て毒を制す」の意味が理解できないんだろうよ
こういうので訴える人は
その「毒」が病気と人間どちらに向くかの確実な保証なんてできないのに

>>90
医師を訴えず国や製薬会社を訴えた、ってのがその答えかと

93 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 07:24:20.73 ID:lhk3YYIe0 [2/4]
>>91
上みればわかるが俺も大病持ちで新薬や新しい治療する時は毎度署名を求められるからね
訴えたくても同意書にサインしてる時点で医師は免責なんだわ
ちなみにクローン病だけどね

94 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 07:31:27.14 ID:A8J62a570
>>93
んな事言い出したら新しい薬や治療法なんて扱えないだろ
政治とか医療ってのは理想じゃなくて現実を扱うんだよ

97 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 07:44:52.13 ID:TRNoQshb0 [4/4]
>>93
だからその同意の意味を理解できてない人なんだろうな
内容読まず何でもサインしちゃう人と同じで

あれの意味をちゃんとわかってるなら訴えたりなんかしないはずなのに

98 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 07:52:23.17 ID:lhk3YYIe0 [4/4]
>>97
本当だわ
リスクも感が見ないといけないのにね
なんのためにいちいち署名するかってことを理解しろってんだよ
実際クローン病は現代医学では症状を抑えるってことしか出来なくて
おそらく一生付き合わないといけないがこおいう輩のせいで
効果的な治療法が見つかっても日本では実施出来ないとかになるのが
本当に嫌になるんだよね

106 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 10:16:21.01 ID:0rU6NdUw0 [2/2]
>>98
クローン病か…身内もそうだわ
もう4回手術してる
薬入れるとすげーしんどいんだよな



100 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/03(水) 08:18:52.97 ID:hVzKy63Z0 [3/3]

245 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2012/10/13(土) 00:40:36.87 ID:KpAZC97a0
ここ覗いてる医者なら知ってるだろうが、
イレッサ投与する時に喫煙の有無と遺伝子診断で可否を決めるだろ?
あれの初出のスタディ、森口入ってるみたいだぞ?
ヤバくね?



264 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2012/10/13(土) 00:44:37.31 ID:S8kL48fi0
>>245
スーパーやばい

欧米ではオワコン薬認定なのに、コイツの論文の所為で、日本で使われてる訳だろ

325 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2012/10/13(土) 00:58:33.97 ID:KpAZC97a0
>>264
だよな
欧米で効果疑問視されてるのに
条件絞れば使えるってやっちゃったワケだよな

334 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2012/10/13(土) 01:00:54.90 ID:jYRrJfO50
>>325
現在進行中の、イレッサの訴訟にまで影響しそうだな。

268 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2012/10/13(土) 00:45:21.81 ID:laBTtL2J0
>>245
あれが嘘だったらエライことになるが…


122 名前:名無しさん[] 投稿日:2013/04/04(木) 04:06:13.98 ID:zhYC3Y7V0 [2/2]
>>100 >>114
森口がーって言ってる人は、もうちょっと冷静に物事を見ようか。

アストラセネガがオワコン宣告した原因となった臨床試験。
そのサブグループにて、東洋人には効果があるされてるため、
効く人にはむっちゃ効くは森口云々の誤報の研究より前からわかってたこと。




115 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/03(水) 20:02:59.13 ID:CPjqbzxS0
うちの母はイレッサが効いて余命半年が3年延びたよ。

127 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/04(木) 11:52:16.14 ID:sgotv6P4i
>>115
私の知り合いも半年が三年半に延びた。
結局、イレッサが効くかどうかは運なんだよ。

合えば効果大。合わないと最悪死ぬ。適合するかは運。そんな印象。

訴えた遺族の気持ちもわからなくもない。
あなたの家族は運が悪かった、じゃ、なんか身も蓋もない。

ただ延命されてる人も実際にたくさんいるんだから、薬害と言うのはおかしいと思う。

129 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/04(木) 12:54:47.07 ID:2GLtRgqA0
>>127
115だけど、イレッサに限らず抗がん剤はどれでも全部「運」だと思う。

この抗がん剤がこのガンには有効とされている、と言うだけで
どの人にどれだけ効くかはまったくの未知だし。
どの抗がん剤にも副作用はある。

うちは発見された時はもうステージ4だった。
一刻の猶予もない。

立てない歩けない呼吸出来ない。
そんな状態から、イレッサのおかげて全部クリア。
それから3年間、オマケの人生を楽しんだ。

良く言われてることだけど、無駄に煽ったせいでイレッサを拒否して
本来延命されて思い出作りが出来た人が何人早く死んだのだろう?
本当にそう思う。





【イレッサ訴訟】 全面敗訴へ ネット掲示板で非難された遺族「命はこんなに軽いのか。副作用で『死んでも仕方ない』で済まされた」
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1364955909/

1 名前:丑原慎太郎φ ★[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 11:25:09.04 ID:???0
★イレッサ訴訟:全面敗訴へ 遺族「命はこんなに軽いのか」

「東京高裁の判断が維持されるなら、結局娘がなぜ亡くなったのか分からない。がん患者の命はこんなに軽いのか」。

イレッサの副作用の間質性肺炎で02年10月に次女(当時31歳)を亡くした原告の近沢昭雄さん(69)=さいたま市北区=は、全面敗訴の見通しとなったことに悔しさをにじませ、

「『死んでも仕方ない』で済まされたようなもの。同様の問題はこれからも必ず起きる」と懸念した。

04年11月の提訴から約8年4カ月。

有効性も認められている薬だけに、インターネットの掲示板などで非難されたこともあったといい、「苦しかった」と振り返った。

12日は最高裁の法廷で判決を傍聴するという。

一方、厚生労働省医薬品副作用被害対策室の担当者は「決定文がまだ届いておらず、コメントできない」と話した。

毎日新聞  http://mainichi.jp/select/news/20130403k0000m040071000c.html




85 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/03(水) 11:54:33.62 ID:Iewcz/CV0
なんで日本ではイレッサをまだ売ってるの?

100 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 11:58:09.83 ID:RpD9a2I90 [2/2]
>>85
一度許可した物を早々禁止には出来ないよ
効果がある人も居るんだし
それにこの薬では無かったか?
早く日本で発売しろと患者が要望出したりしたの

114 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 12:01:06.06 ID:UGoI4flc0 [2/3]
>>100
マスコミが夢の新薬とか報道してた薬です。



110 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 12:00:01.33 ID:+DV85eXs0
イレッサって新聞とか見ても、副作用で脂肪とか書かれてない様な気がする?

ちゃんとガンに効く薬なの?

159 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 12:20:15.84 ID:XMH9AmRVP [1/3]
>>110
白人には効かない
遺伝子がegfr変異をおこしてたら効くかもしれないし効かないかもしれない

効く場合は劇的に効く




182 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/03(水) 12:30:40.51 ID:OHGi0fcc0 [2/3]
よくわからないが、西洋人にはあまり効かないけど日本人にはよく効く薬らしいな。
効能がある薬なので敗訴はしかたがないだろう。

問題は、厚労省の認可がなかなか進まないことに対して、マスコミ、評論家、患者?らが
認可を煽った面があることを忘れてはならない。
とくにマスコミの罪は大きいと思う。

191 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 12:32:48.85 ID:qhvpcsEP0 [2/5]
>>182
欧米では使われてるから、日本も認めろってのは暴論なんだよね。
人種によって、発症しやすい病気が違うってことは、
薬の副作用も人種によって違うのは当たり前なんだから。




142 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/03(水) 12:12:03.92 ID:fxRTzqi60
抗がん剤の「がん細胞だけ狙い撃ち」の有効成分と原理が不明。
そのくせ副作用が起きる成分と原理ははっきりしてて怪しすぎ。
俺ならガンになっても飲まない。

162 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 12:21:51.53 ID:kD+uMxTd0 [3/3]
>>142

> 抗がん剤の「がん細胞だけ狙い撃ち」の有効成分と原理が不明。

解ってるはずだけど……
例えば、新陳代謝が激しいから
新陳代謝の激しい細胞に効果が出やすい成分を使うとか、
そう言うの検索すれば解ると思うけど……

むしろ、原理がよく解らないけど、使えば効くからトライアンドエラーの蓄積で、
最終的にはやってる人間の技術と感覚とカンってのは、麻酔のことだろう?

世の中には、全身麻酔が全く効かず、局部麻酔と筋弛緩剤だけが効いたおかげで、
意識がはっきりしたままの開胸手術を受けた悲惨な人も世の中にはいるそうだぞ

局部麻酔が効いてるから痛みはなく、
筋弛緩剤も効いてるから助けを呼ぶことも出来ない。
骨を切られる振動が伝わってきたり、
周りでしゃべってる声が聞こえたりする時間が延々何時間も続くと言う地獄

178 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 12:29:40.33 ID:N3qLb4BE0 [3/8]
>>162
作用機序がよく分からんけど効くから使うみたいな薬はないわけではない。
たとえば多発性骨髄腫にたいするサリドマイドがそうで
今はどうか知らんけど
数年前は肝臓で代謝された成分が
作用するみたいだがこれがなにかよく分からん
みたいなことになっていた。

190 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/03(水) 12:32:15.57 ID:ugo2Ve2t0 [8/8]
>>178
抗酒剤が骨髄腫に効くのか?

知らんかった、凄いな

199 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 12:35:55.66 ID:N3qLb4BE0 [4/8]
>>190
おっちゃん、それはシアナマイドじゃ



220 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 12:45:51.13 ID:14dkIdSd0 [1/2]
これ、早く認可しろみたいな動きがあった気がするんだが
まあ、魔法の薬なんて、ないんだってことだよな

233 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 12:54:37.64 ID:duASb3UtP [1/2]
>>220
イレッサは患者団体などからの要望や圧力があって異例の早さで投入された
が、特定の人たちにとって強烈な副作用が発生することがまだ分かっていなかった

とかそんな感じ

247 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 13:00:31.05 ID:jSZt1jCh0 [5/5]
>>233
間質性肺炎のリスクがあることは承認前で十分データが出ていた
死亡リスクもあるから経過観察とケア十分にしろよ、という注意書き付きで売られてた
と認められたのがこの流れなのよ
で、副作用が出てもフォローがしっかりしてたケースも実際に多くある

263 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 13:19:33.95 ID:cJ/gCDPE0 [6/7]
>>247
慎重に経過観察とケアしたって、おおかた逝っちゃうものは逝っちゃうんだけどな。




296 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 14:05:19.30 ID:GSqQoyF30 [3/5]
医者が強要した訳でもないのに、自分たちが被害者だと騒ぎ立てる。
左翼新聞・朝日の常套手段だわ。

被害者意識が過剰に強くて、朝鮮人や韓国人とそっくり。
どうしてもっと大局から物が見えないのか。

301 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 14:09:25.46 ID:gMfAkErO0 [3/4]
>>296
左翼が被害者意識が強いんじゃなくて、
左翼は都合よく遺族などをツールとして利用しているだけ。
フェミなど左巻き系一般に言える戦術。





339 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 15:18:46.64 ID:W4uPzYBK0
なんで原告は訴訟しているの?

349 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/03(水) 15:25:50.10 ID:h8c61NCq0 [3/3]
>>339
ミンスのアフォ菅が
周りの反対を聞かずに裁判所の薬j外害の調停受け入れて
3000億円位の税金を患者に払ったから

遺族としては、美味しいよね
アサヒ/変態新聞も 画期的決断とか言って散々ヨイショしていた




465 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/03(水) 21:26:35.23 ID:OHGi0fcc0 [3/3]
イレッサは欧米人にはあまり効かないが
日本人には効く良い薬であることは間違いないらしい。

臨床試験に時間がかかり認可が進まないところを
朝日新聞をはじめとするマスコミが世論を煽り
世論の圧力に迎合した政治が認可を早めた結果で起きた事件。

経緯を考えると患者遺族には申し訳ないが敗訴は仕方が無いと思う。

訴えるなら朝日新聞を訴えるのが本来だと思う。
安愚楽牧場詐欺の件で海江田民主党代表が訴えられているように。

466 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 21:40:28.02 ID:FjvdCvCd0 [2/2]
>>465
延命効果はないから、いい薬ってわけでもないよ
全生存期間は変わらないのに副作用で死んだらそりゃ遺族も怒るよね
もちろんそれはムンテラ済みのはずだから医者は訴えられてないんだろうけど

ただレントゲンでもはっきりわかるくらい凄い小さくはなるから呼吸器の医者は使いたがるし
どのフェイズで使えば延命効果が出るかとかを頑張ってデータとってる段階って感じだな
タルセバとかも出てるけど、まず肺がんは治らない

468 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 22:47:45.90 ID:FxRV8/so0 [2/2]
>>465
じゃ認可は今まで通り遅くした方がいいのか?
今じゃ何万人も使っている薬を一部のクレーマーの為に?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【裁判】肺がん治療薬イレッサ訴訟、遺族側の全面敗訴確定 最高裁が上告棄却
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1365748200/

1 名前:春デブリφ ★[sage] 投稿日:2013/04/12(金) 15:30:00.25 ID:???0
★イレッサ訴訟、遺族側の全面敗訴確定 最高裁が上告棄却

肺がん治療薬「イレッサ」の重大な副作用の危険を知りながら適切な対応を怠ったとして、死亡した患者2人の遺族2人が輸入販売元の製薬会社「アストラゼネカ」(大阪市)に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で、
最高裁第3小法廷(寺田逸郎裁判長)は12日、原告側の上告を棄却した。

ア社の賠償責任を否定した2審東京高裁判決が
確定した。

原告側は国に対しても賠償を求めていたが、すでに同小法廷が上告を不受理とする決定をしており、原告側の全面敗訴が確定した。

副作用で間質性肺炎を発症する危険性について添付文書での注意喚起が十分だったかが争点だった。

ア社は平成14年7月の輸入承認時に医療機関向け添付文書の「重大な副作用」欄の4番目に間質性肺炎を記載。原告側は、注意喚起は不十分で添付文書には製造物責任法(PL法)上の「指示・警告上の欠陥」があると主張していた。

1審東京地裁は「医師らに対する情報提供として不十分だった」とア社の責任を認定。
国も「間質性肺炎を添付文書の警告欄に記載させるなど行政指導すべきだった」として、国家賠償法上の責任があるとした。

2審は、国内の臨床試験で間質性肺炎の死亡例がなかったことなどから「添付文書の記載が合理性を欠いていたとはいえない」とア社と国の責任を否定した。

死亡例が相次いだため、ア社は同年10月に「緊急安全性情報」を出し、添付文書を改訂した。イレッサをめぐっては大阪高裁もア社と国の責任を否定しており、原告側が上告中。争点は東京訴訟とほぼ同一で、今回の最高裁の結論が影響するとみられる。

4.12 15:18
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130412/trl13041215190002-n1.htm



4 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/12(金) 15:31:43.78 ID:RLT7sz7H0 [1/2]
まあ、こうなるわな
変な判決出して、遺族を振り回した地裁は罪作りだな

6 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/12(金) 15:33:47.24 ID:pGXY+FvE0
>>4
ほんとな…
裁判官はその判決で遺族の苦しみを掬い取ったつもりかもしれないけど、
実際は遺族にありもしない希望を与えて人生歪ませただけなんだよな…

12 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/12(金) 15:43:05.13 ID:RLT7sz7H0 [2/2]
>>6
上でひっくり返ることが明らかなとんがった判決出しても、
当事者の負担を増すだけだよなあ。

訴訟なんて、故人を生き返らせることができるわけでもなし、
問題のごく一部を解決することしかできないのに、
遺族を訴訟に縛り付けて訴訟をライフワークにさせるようなことしちゃいかんよ。



7 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/12(金) 15:34:13.87 ID:sGl68fXQ0 [1/4]
患者側のピントがずれてるわ
訴えるなら、医師が早期に間質性肺炎を診断すべきだったのにしなかった、
ってところだろ。

ま、TPPで医療保険が自由化されれば、訴訟弁護士付きの保険も
売り出されるだろうから、おもいいきり医師を訴えてください。

9 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/12(金) 15:38:44.18 ID:c1o945jI0
>>7
早期に発見したって治療法はない。

10 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/12(金) 15:41:04.99 ID:sGl68fXQ0 [2/4]
>>9
抗癌剤の投与をやめるとか、ステロイドを投与するとか
できることはある。

15 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/12(金) 15:53:50.60 ID:Ear7Nf7/0 [1/3]
>>10
治療法としては正しいが、薬剤性の間質性肺炎は致死的なことが多い。
原疾患が手術不能の癌である以上、これで訴えるのはゆすりのレベル。

18 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/12(金) 16:04:21.91 ID:sGl68fXQ0 [3/4]
>>15
期待権侵害の法理あるいは治療機会喪失の法理、ってのがあるのよ。
その要件は、この場合なら、

①医師の過失により間質性肺炎を早期に診断できなかった
②適時に適切な治療をおこなっていれば、患者の死亡時期がおくらせ得た
相当程度の可能性の存在がある

この二点だな。
まあ、それを証明できるかって問題と、
この法理を抗癌剤治療の現場でどんくらい適用出来るかって問題があるが、
製造会社の能書を問題にするよりは、ずっとスジのいい訴訟だったな。

世論の後押しもあっただろう。

20 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/12(金) 16:13:57.16 ID:Ear7Nf7/0 [2/3]
>>18
法律には疎くて、そのような概念があるんだな。
勉強になったよ。

臨床やってる人間からすると、こんなので訴えられたら困るんだがな。
症例を詳しく見ていないが、①②も癌治療において、過失を指摘するには難しいとは思う。

26 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/12(金) 16:25:16.08 ID:sGl68fXQ0 [4/4]
>>20
抗癌剤の治療臨床やってる人なら、
抗癌剤治療中のB型肝炎ウイルス再活性化の問題は、
知ってるだろ?あれは訴訟になってるのもあるんよ。

抗癌剤治療中の合併症には今後も医療訴訟リスクがあるだろうね。

まあ、このイレッサの例で、ただちに医者側が敗訴するとは
俺も思わんよ。あくまで、訴訟としてのスジがどうだったかなあ、
ってこと。

29 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/12(金) 16:34:02.97 ID:Ear7Nf7/0 [3/3]
>>26
B型肝炎の再活性化の問題に関しては、本当に面倒なことをしてくれたと思う。
レアケースのために医療資源を無駄にしていると言うのが、実感かな。

今後さらに訴訟が増えてくるんだろう、
訴えるべきものは訴えても構わないが、
弁護士も「良心」をもってやってほしいね。




16 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/12(金) 15:57:01.33 ID:0yqvse8A0
二分の一で死ぬってやつだろ?
訴えるとかアホか、じゃあ最初から飲むなよ

17 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/12(金) 16:02:32.38 ID:s7HqjbAT0 [2/4]
>>16
そこまでなら誰も使わない

22 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/12(金) 16:20:22.96 ID:e+E10JWk0
>>17
使うぜ、二分の一ならいい確率だろ
何もしなければ長期間苦しんで結局死ぬ、
ある薬を飲めばすぐに死ぬ確率高いが治る可能性もある
ってのなら生き残るのが十分の一の確率でも薬にすがりつくな

31 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/12(金) 16:43:11.58 ID:s7HqjbAT0 [3/4]
>>22
2分の1が死ぬなら認可自体が降りないだろ

42 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/12(金) 22:00:18.73 ID:H+xJyyKW0
>>31
イレッサに関しては日本が世界で最初に承認したけど、
欧州では有効性が確認できずに承認申請取り下げているからな。

そういう経緯もあって承認手続き自体が拙速で問題が
あったんじゃないかとも言われている。

その後EUでは一応一部で有効性アリと認められたが、アメリカでは未だに使用禁止のはず

43 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/12(金) 22:04:23.79 ID:v1fxeqh80
>>42
でもイレッサは東洋人には劇的に効く場合がある
うちの母のように。もし認可されてなかったら
家族最期の旅行は行けず、慌てふためくまま死んでた。



54 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/12(金) 23:03:19.05 ID:Gp7Qgyrh0 [3/4]
残念ながら説明して同意書にサインをいただくまでに
膨大な文字数の説明書と複写の説明記録と同意書面と
第三者の医師と薬剤師と看護師の同席が義務化されております。

このままでは弁護士も同席する流れになりそうです。



52 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/12(金) 22:56:38.06 ID:x2q8VCkz0
9時のNHKニュースで父親が

「家族は1日でも一秒でも長く生きて居てもらいたい、
それを医者はなんの説明も無く薬を進め副作用で亡くなってしまった」
とかぬかしてたが、
イレッサ投薬しなくても同時期に死んでただろ、この事案は

さもイレッサのせいで死期を早めたみたいな言い種だったな
敢えて敗訴ざまぁ!と言いたい

53 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/12(金) 23:02:01.00 ID:n/b7gAI30
>>52
何の説明もないといいつつ医者も訴えないし副作用の注意書きが四番目にある事を
裁判に訴えている。
嘘つきだねこの人は

55 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/04/12(金) 23:08:31.40 ID:Gp7Qgyrh0 [4/4]
>>53 
訴訟を起こされた当時でも説明と同意、
いわゆるインフォームドコンセントで同意書にサインされていたであろうから
医師は訴えられなかったのでしょう。 

国と製薬会社を被告に選んだのは、誰かの意見があったのでしょうね。
いまでは、>>54 のような状況ですよ。



62 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/13(土) 09:21:50.21 ID:j8+Zy23r0
俺のかーちゃんは肺腺癌ステージ4治療しなければ余命3カ月と言われたが
イレッサのおかげで1年チョイくらい症状が安定して
家族と穏やかな時を過ごすことができた

結局亡くなったけどイレッサは有り難かった

他にも試したい薬もあったが当時日本では未認可だったんでつかわなかった
こういう無駄に騒ぎたてるやつがいると
新薬の認可が遅れる

63 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/04/13(土) 09:31:32.95 ID:NVn/Q6PbP
>>62
まー、余命が医師の宣告より伸びたのがイレッサの寄与か否かは不明だけどな。






【研究】アジア人は珈琲飲みすぎにご用心 遺伝子影響で肝機能に負担
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1364047653/

1 名前:そーきそばΦ ★[] 投稿日:2013/03/23(土) 23:07:33.72 ID:???0

アジア人がコーヒーを大量に飲むと、肝機能に影響が出る可能性があるという。
台湾女性の李さんは1日に2~3杯のコーヒーを飲む。

健康診断で肝機能の数値が異常だと指摘された。

高雄医学大学医学研究所の陳怡芳博士によると、遺伝子と肝臓の代謝機能の検査・分析で、この女性の遺伝子は一般的な人と違っていたため、肝臓のカフェイン代謝能力が影響を受けた。
海峡都市報が伝えた。

陳博士によると、一般的な人の15番目の染色体はTT型となる。
遺伝子型がCC型の場合は肝臓の解毒機能が一般的な人よりも弱い。

カフェインや気管支拡張剤、風邪薬、頭痛薬などの薬に対する解毒機能が弱く、肝臓に負担をかけやすい。
特にカフェインの危険因子が肝機能の異常を誘発しやすいという。

遺伝子型がCCの西洋人は少ないのに対し、アジア人では比較的多い。
陳博士は「人によって肝臓の代謝、特性が違う。遺伝子を検査することが可能だ」と説明した。

ただ、一部の研究ではコーヒーに含まれるポリフェノール類の物質には肝臓を保護する作用があるとの結果も出ている。

XINHUA.JP 3月23日(土)21時34分配信 (編集翻訳 恩田有紀)
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/338718/
画像
http://www.xinhua.jp/resource/2013/03/1188.jpg



6 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/23(土) 23:10:37.75 ID:Ttg7E2Z70
缶コーヒー一日一缶の俺はセーフ?

182 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 00:14:09.79 ID:G854dGB10 [1/2]
>>6
缶コーヒーが既にアウト臭い気がする



8 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/23(土) 23:11:06.39 ID:lXRToz8g0
GOT42
GPT134
γ-GPT71

肝機能障害って言われたオレは酒も全く飲まんが
コーシーが原因なのか?

124 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/23(土) 23:52:33.71 ID:7RqWs0NrO
>>8
GPT>GOTなら脂肪肝かもな。

136 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/23(土) 23:56:17.16 ID:Zlf9+6jA0
>>8
お米の食べ過ぎじゃね?

大盛り or お変わりがデフォとかじゃね?

184 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/24(日) 00:14:33.64 ID:+4iAEBjd0
>>8
 これで中性脂肪が高ければ、脂肪肝を一番疑うよ。
 GPT > 80はまずい。

389 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 06:02:28.21 ID:ZZJufcmk0
>>8
それはNASHというやつだと思う。
高カロリー食なのでは?

440 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 10:53:06.74 ID:nVYHcMtD0 [1/2]
>>8,22
毎日コーヒー何杯(インスタント・ドリップ)飲みますか?




12 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/23(土) 23:12:19.14 ID:kLZyAU8S0 [1/2]
コーヒーのデメリットの記事って珍しいな

21 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/23(土) 23:13:34.02 ID:eKKb4/wR0
>>12
そう言われてみると、そんな気がするw

151 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 00:02:37.84 ID:zWKmlv8t0
>>12
カフェインレス・コーヒーの宣伝かもよ?
コーヒー由来のポリフェノール類は健康に良いとか付け加えてるし

最近のコーヒー健康法は、ネスレのマーケティングなんだけど
ゴールドブレンドカフェインレスのバリスタ用エコ&システムパックが販売される前兆だったりして

162 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/24(日) 00:08:23.06 ID:a8pXMcEK0
>>12
> コーヒーのデメリットの記事って珍しいな

俺も前々から思ってた。

マスコミの記事ってタバコは完全に悪者、アルコールは善悪半々くらい。
コーヒーって絶対に叩かれることがなくて不思議に思ってたわ。



19 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/23(土) 23:13:13.55 ID:Rixpr4Ni0
2,3年前にコーヒーを一日5杯飲むと肝臓にいいって発表されたって記事読んだような覚えがあるんだけど

30 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/23(土) 23:15:26.26 ID:1cv5O3cF0
>>19
それはこの記事でいう遺伝子がTT型の人の場合じゃね?




22 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/23(土) 23:13:42.27 ID:30KyXJwq0
酒もほとんど呑まない俺が、会社の健康診断で毎度肝機能で引っかかるのはコーヒーのせいだったのか!


4年ほっといたら医者から「そういう体質だから問題ないんじゃね?」とか言われたwwwww




65 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/23(土) 23:28:23.46 ID:RP5jlDxP0 [1/2]
なんでアジア人限定?
根拠が知りたい
とりあえず、中国人の肝臓には悪いってことは言っておくわ

83 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/23(土) 23:38:19.61 ID:mXM4QT900
>>65
白人は糖尿病になりにくいから超巨大ピザ化するけど
日本人はそうなるまでに糖尿病になるから、
いてもピザぐらいっていうのと同じようなもの?



78 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/23(土) 23:34:43.26 ID:6UAy29jm0
あのさぁ・・・カフェインは緑茶にも紅茶にも多く含まれるってずっと言ってんだけど?
いまだにカフェインといえばコーヒー!っていう強力洗脳解けない人多いよなあ

85 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/23(土) 23:39:02.13 ID:FA9wvXh/0
>>78
カフェイン以外の成分の違いで、コーヒーの方がカフェイン吸収されやすいって話だが




96 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/23(土) 23:42:42.02 ID:RP5jlDxP0 [2/2]
カフェインが肝臓に悪いって聞いたことないけど
アルコールは肝臓に悪いし脂肪も悪い、鉄分も悪い
でも自分の身内で肝硬変一歩手前の家族がいるけど、医者にお茶ダメとか言われてないし
特に食べちゃいけないものなんて指定されてないけどね


106 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/23(土) 23:46:36.09 ID:g1yJDZaRP
>>96
>カフェインが肝臓に悪いって聞いたことないけど

血中に吸収される化学成分の排泄経路は大きく2通り。
腎臓で尿に出るか、肝臓で代謝を受けるか。

というわけでこの2臓器は薬物の通り道なんで副作用が突出して多い。
どんなものでも摂りすぎれば肝臓には負担はくるという当たり前のこと。


167 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 00:09:48.85 ID:wVRhXoV90
そもそもイギリスと戦争するまではアメリカ人も紅茶を飲んでた
輸入がストップして南米原住民が飲んでたコーヒーに手を出した

174 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 00:12:13.47 ID:MzuZK6Zc0 [1/2]
>>167
ボストン茶会事件がなければ紅茶の天下が現在まで続いたろうね




215 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/24(日) 00:27:16.28 ID:aeVO0p7X0 [1/8]
アジア人は?逆だろう。欧米人はカフェイン耐性が弱い人が多くて、カフェイン酔いを起こす人が多いから
カフェイン抜きのデカフェの需要がむしろ多いんだよ。

222 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 00:29:54.40 ID:VJeHjSPQ0 [2/6]
>>215
カフェイン酔いって、どんな感じになるの?
コーヒー、紅茶飲むと頭も体もすっきりするけど。

237 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/24(日) 00:37:16.34 ID:aeVO0p7X0 [2/8]
>>222
自分はカフェインには強いので体験した事はありませんが、
頭が痛くなったり、吐き気がしたりという酒と同じような症状だそうです。

ちなみに、インスタントコーヒーを世界で最初に発明したのは
シカゴ在住の加藤さん1901年とされています。
http://en.wikipedia.org/wiki/Instant_coffee#History



284 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/24(日) 00:59:30.77 ID:bzcVSIGB0
一日に缶コーヒー5本飲み、副流煙を一日中吸い
カフェインガム ブラックブラックを一日に20枚
なおかつ脂肪肝
肝臓数値ちょい悪の俺様がこのスレを天下統一する!

306 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 01:17:15.08 ID:iCC3Vye/0 [2/2]
>>284
あんた生活変える気ないのか




305 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 01:17:13.23 ID:8/FTO/Pl0
この遺伝子多型の影響だけで肝機能障害の原因とすること自体が
頭おかしいだろうなw

315 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/24(日) 01:25:44.07 ID:lDMiOHKK0 [2/5]
>>305
うん、アジアだったらまずウイルス肝炎の検査だよなw




329 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 01:54:10.92 ID:hO6aEuXN0
ミルクティー派の俺はどうすれば?



338 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 02:12:20.46 ID:xNPGQttT0
むしろ西洋人のほうがコーヒーというかカフェインに弱い。

カフェイン抜きのコーヒー・デカフェがある位。

347 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/24(日) 02:41:55.00 ID:lDMiOHKK0 [3/5]
>>338
あれはベジタリアンの流れでスノッブぶってるだけじゃないの?
フランスもイタリアも子どもにコーヒー飲ませてるし、特に弱いって
ことはないんじゃないの




339 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 02:12:37.67 ID:EKqtebK80
やっぱり俺の睨んだとおりだったな・・・・・・
過食嘔吐、摂食障害の原因はコーヒーの取り過ぎ
肝臓やられて神経にまで直接ダメージ与えてんだろ?
で、イカれたように食事をとり始める

摂食障害の女は必ずコーヒーを取ってる。
大人気取ってるつもりだろうがあれは牛乳と同じでアジア人には毒

418 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 08:17:18.53 ID:6hGMz9iL0
>>339
言われてみれば俺が拒食症やる前は濃いコーヒー毎日何杯も飲んでいたな
ある意味コーヒーハイみたいな感じで、今思えば異常なほどアクティブに動き回っていたっけ
適量を越えて飲みすぎると、人によって特徴的な副反応が発露するってのはありうるかもね




346 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 02:35:19.50 ID:vpzILqGn0
俺コーヒー飲むと手が冷たくなる
牛肉入りなら大丈夫だけど

353 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/24(日) 03:00:44.16 ID:lstHvDl10
>>346
そんな飲み方初めて聞いたw

355 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 03:04:44.68 ID://Nj1UA60 [2/4]
>>353
俺は牛乳派なんだが、俺も今度牛肉を試してみようと思う。

359 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 03:10:50.60 ID:DLqufod/O
>>355
その前に練乳を試して欲しいな

364 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/24(日) 03:16:13.52 ID:yuxI8RWrT
>>359
黒みつもいけるよ

365 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 03:18:09.58 ID://Nj1UA60 [4/4]
>>359
量を間違えなければ悪くないぞ



361 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/24(日) 03:12:08.66 ID:YarlCFB30
欧米人の方が弱いって聞いたんだけど
レッドブルとかモンスターエナジーの飲み過ぎて死ぬとか…

363 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 03:15:42.78 ID://Nj1UA60 [3/4]
>>361
向こうの栄養ドリンクは成分が濃いからな。
日本のは法律に引っかかるから薄くなってると聞いた。




394 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 06:16:42.34 ID:SZrz+Ayp0 [2/3]
俺カフェインに弱いわ
コーヒー1杯で胃に違和感、2杯で頭ぐらぐら、3杯で動悸
味は嫌いじゃないけど体質に合わないと割り切って滅多に飲まない。

コーラ、お茶もカフェイン多いらしいけど、よほど大量に飲まない限り
そんな症状はでないんだけどな。

395 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/24(日) 06:22:03.42 ID:O9aeyNRt0 [2/2]
>>394
アレルギーみたいだなw
蕁麻疹とかできん?

カフェインフリーのコーヒーだと大丈夫なのかねw

398 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 06:36:18.92 ID:SZrz+Ayp0 [3/3]
>>395
アレルギー体質だけどアレルギー反応ではないかな
急性カフェイン中毒の症状まんまだからねw
カフェインフリーは飲んだことない

大人になってそれが中毒症状だと知るまで
体調悪くなるけどたまに無理してコーヒー飲んでたわ




469 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/24(日) 13:26:07.76 ID:EuTZ7KEOO [1/2]
ヘルシア緑茶よりかは肝臓に優しいと思うぞwww

471 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 13:41:01.39 ID:Q6iW3K1m0
>>469
ヘルシア緑茶って、フランスかどっかで発がん性物質に指定されてるよね。

472 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/24(日) 13:57:47.61 ID:EuTZ7KEOO [2/2]
>>471
実際のところ、ヘルシア緑茶飲んでいた時期は
肝機能の数値が全体的に悪化して大変だったが、

生活は特に変えてないのに飲むのやめただけで
少しずつ回復していって今は正常に戻った。




495 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/24(日) 15:16:41.26 ID:GPA1NEqj0
ごはんも体に悪いらしいよ。
ごはんを食べ続けた人の50%は、癌にかかるらしい。

499 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/24(日) 15:22:25.39 ID:iVBMFO+aO [2/2]
>>495-496
嘘はダメ
水飲む人は100%死ぬ、って
例のヤツでも貼っとけ



541 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/25(月) 17:44:53.44 ID:E/Ib/JZf0 [1/2]
深煎りがカフェイン少ないとか都市伝説だからな 科学的根拠が希薄

544 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/25(月) 19:24:11.38 ID:oreMEFSd0 [2/2]
>>541
そうなのか?
熱で破壊されるから、深煎りになればなるほど
カフェインは減るものだとばかり思っていた

550 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/25(月) 23:28:38.23 ID:E/Ib/JZf0 [2/2]
>>544
>>542参照

あとこのへん

>、カフェインは熱に安定ですから、焙煎の過程で分解や変性することはほとんどありません。
しかし130℃以上で昇華が始まりますので、その量は焙煎により減少します。

このことから浅煎り豆の方がカフェイン含量は多いという説もありますが、
その減少量については、220℃で16分(深煎りに相当すると思われます)の焙煎でも
10%に満たなかったという報告があり、

また焙煎による豆重量の減少のため、
カフェインの重量%は結局、深煎り豆の方が若干多くなるという報告もあります。

実際のところ、焙煎豆中のカフェイン含量はアラビカ種の場合で0.9?1.5%と
生豆の場合とほぼ同程度 で、
かつ 焙煎によって濃度は相対的に増加する ということのようです。

もちろんこの増加は見掛け上のものです。
もし浅煎り豆と深煎り豆を比べる場合、
単位重量あたりのカフェイン量は若干増加しますが、
単位 豆数 当りの量は若干減少するわけです。
https://sites.google.com/site/coffeetambe/level3/caffeine





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【米国】カフェイン過剰摂取で14歳少女死亡、遺族が栄養飲料「モンスター・エナジー」製造会社を提訴★2
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1350917918/


1 名前:再チャレンジホテルφ ★[] 投稿日:2012/10/22(月) 23:58:38.70 ID:???0
米メリーランド(Maryland )州で19日、栄養ドリンク「モンスター・エナジー(Monster Energy)」に含まれる多量の
カフェインが原因で娘(14)が死亡したとし、遺族らが製造会社を相手取って訴えを起こした。

アルコール依存症引き起こす危険性も指摘

 原告の代理人によると2011年12月、アナイス・フルニエ(Anais Fournier)さんは死亡するまでの24時間に700ミリリットル入りの
モンスターエナジーを2本摂取しており、これに含まれるカフェインの量は480ミリグラムだったという。缶入りコカコーラ(350ミリリットル)
14缶分のカフェイン量に相当する。また検視結果では、死亡の原因は「カフェインの毒性による心臓の不整脈」とされた。

 少女の母親は代理人を通じ、「私はただ、モンスターエナジーの製品が人を殺す可能性があることを知ってもらいたいだけ」と述べている。

 一方、モンスターエナジーを製造するモンスタービバレッジは、これまでに世界で80億本もの栄養ドリンクを販売しているが、
同社製品が原因となった死亡例は認識していないとの声明を発表した。【翻訳編集】 AFPBB News

ソース AFP
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121022-00000040-jij_afp-int
http://gigazine.jp/img/2012/05/09/monster-energy/P1340448.jpg




18 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2012/10/23(火) 00:05:42.60 ID:08EF8udh0
カフェイン取りすぎると心臓がバクンバクンいうわ。
ちょっと怖いな。

33 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2012/10/23(火) 00:11:46.50 ID:SbMdFGJa0 [1/7]
>>18 なるなる。
市販のペットボトルコーヒーは、900mlが多いようだが
15分以内くらいに全部飲むと、そうなることが多いみたい。
体調にもよるので、一概には言えないが、この程度大丈夫だと思ってたら、そうでもなかった。


224 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2012/10/23(火) 03:13:10.47 ID:28HuMppH0
>>18
今日なったわ。寝たら治ったけど。




25 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2012/10/23(火) 00:08:07.18 ID:EPvi/3Px0
人間って、この程度のカフェイン量であっさり死んでしまうものなのか・・・?
俺、今風邪ひいてて、コルゲンソフトカプセル飲んだけど、これなんか
1錠で120mgのカフェイン含有してるんだけど。
しかも、今日コーヒーとコーラそれなりに飲んだから、200㎎はいってる。

35 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2012/10/23(火) 00:12:10.46 ID:Az88HAou0 [1/3]
>>25
大抵、薬の量ってのは体重辺りで効いてくる事になってるんで、絶対量って訳じゃないからな…



30 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2012/10/23(火) 00:10:57.96 ID:tBFOjYGEO
私だ

98 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2012/10/23(火) 00:38:11.90 ID:LLKLGjcH0
>>30
お前だったのかモンスターエンジン

99 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2012/10/23(火) 00:38:31.01 ID:4/Nhdsks0
>>30
神々の

518 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2012/10/23(火) 23:41:26.25 ID:Ojm3jq6b0
>>30
いつも、すまないな



45 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2012/10/23(火) 00:16:43.03 ID:+nfkaZ1i0
> 缶入りコカコーラ(350ミリリットル)14缶分のカフェイン量に相当する

缶コーラ14本て、アメリカ人だと普通に毎日飲んでいそうなイメージだけど。

58 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2012/10/23(火) 00:24:45.47 ID:FIWfz1Tr0
>>45
どれくらいの時間で摂取したか、じゃない?
丸一日かけて摂取するのと、数分で一気に摂取するのとさ




318 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2012/10/23(火) 08:53:57.22 ID:OweGfOsT0 [1/3]

カフェイン
http://www.orangedrug.co.jp/shop2/SHOW/cafein.htm

・カフェインは体からビタミンC、亜鉛、カリウム、その他のミネラルだけでなく、ビタミンB群、特にイノシトールを失う。

・コーヒーは、消化管の酸性度を高め、直腸が痒くなる原因となることがある。

・多くの医師が、高血圧症心臓病の犯人と考えている。

・イギリスの医学誌はコーヒーの消費と膀胱癌、および下部尿路の癌の間に強い相関関係があると報告している。

・1日にコーヒーを5杯飲んでいる人は、コーヒーを飲まない人に比べて、心臓発作を起こす機会が50%多い。

・アメリカの医師会はカフェイン中毒症という病気を報告し、その症状として、食欲減少、過敏反応、不眠、寒気などを報告している。

・カフェインはDNAの複製を妨げることが証明されている。

・妊婦はカフェインを摂らないよう薦めている。


カフェインに変わるもの
・緑茶にもカフェインが含まれているが、同時にカテキンなどの抗酸化物質が含まれている。
・ハーブティーは爽快で気分を高揚させてくれる




320 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2012/10/23(火) 08:59:34.27 ID:OweGfOsT0 [2/3]

コーヒー好きに悲報
http://irorio.jp/asteroid-b-612/20121005/30839/

1日に3杯以上コーヒーを飲むと、失明する恐れがあるらしい 米研究

コーヒー好きに悲しいニュースが飛び込んできた。
なんと、1日に3杯以上コーヒーを飲むと、視力の低下、さらには失明する恐れがあるという研究結果が発表されたのだ。

カフェインを摂らない人と比べ、水晶体落屑症候群を引き起こすリスクが上がることがわかったそう。
水晶体落屑症候群は、眼圧の上昇や視神経を傷つけ、緑内障の原因になるという。

世界で最もコーヒーの摂取量が多いスカンジナビア人は、
緑内障を引き起こす水晶体落屑症候群を患っている人の割合が
非常に高いことも判明したそうだ。



324 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2012/10/23(火) 09:12:55.13 ID:K8wJBzKx0
>>320
1日3杯以上飲んでも視力1.5↑なんだが。

327 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2012/10/23(火) 09:21:33.43 ID:UI+AvxBb0 [3/3]
>>324
恐れって、意味わかる?

361 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2012/10/23(火) 10:05:58.39 ID:0Tv1KNTn0
>>324
眼圧の上昇が原因の視力の低下って書いてあるじゃん。
視力が良くても文章理解力は衰えているな。



415 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2012/10/23(火) 12:54:02.87 ID:1XZcQOSx0
レッドブルも日本で売る前は1日2本飲んだら死ぬって言われてたじゃん



451 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2012/10/23(火) 15:39:17.93 ID:wvcA1f1a0
>>1
欧米系にはアルコール耐性が多い半面、カフェインには弱い体質が多い。
このことを知っていると>>1に対する印象が変わる。

恐らく、犠牲になった少女はカフェインに弱い体質だったんだろう。

参考:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%B3






関連記事

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カレンダー ▼

最新記事スクロール ▼

最新コメント ▼

月別アーカイブ(タブ) ▼

カテゴリー ▼

タグ ▼

プロフィール ▼


現在の閲覧者数: