FC2ブログ

丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2

【自分から見て左側を応援するBlog】 (速報性無し) 真剣なヌースほどニヤニヤして読むのが『礼儀』です。リンク転載FREEEEE 

 
【!】当ブログの趣旨はプロフィールに長々と読む気を失くすように書いてあります。
「国会・慰安婦質問」で、
Twitter内検索から除外などされておりましたが
18/10/18の「ウイグル」記事をもって
更新反映してもらえなくなりました。




GOOD LUCK!!  
 【入国管理局/情報受付】  
  ・不法滞在者様お一人につき最高5万円までの通報者全プレ
  ・匿名通報可(全プレなし)
  ・写メ付通報、携帯通報先「 info-tokyo@immi-moj.go.jp
  ・電話通報 「03 5796 7256」
  ・受付毎日9時~17時(年末年始12/29-1/3除く)


★161130 熊本地震におけるピースボートに関した細かい情報が、「仕事の支障になる」とのことで一部削除致しました。
★171108 ぱよちん記事における「ご本人様」が御写真が恥ずかしいとのことで削除されておりました
@管理人

3/22 ポル=ポトを支援したのは綺麗なアサヒ

【カンボジア】 「ポル=ポトを支援した日本、もっと援助を」とフン=セン首相 [03/20]
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1237542844/

1 名前:薔薇おばはんφ ★[sage] 投稿日:2009/03/20(金) 18:54:04 ID:???

フン=セン首相は18日、
プノンペンで行われた教育省年次会議における演説で、
日本はクメール ルージュを支援したのだから
援助をもっと増やすべきだ
 
と日本に要請したことを明らかにした。


「私は日本の大使と話して、日本もクメール ルージュを支援したのだから、日本はもっと援助を増やさなければならない、と言った」
と首相。

日本大使館は首相のこの発言に対し同日夜質問状を送付したが、大使館職員によれば、目下回答は得られていないという。
日本はカンボジアの最大の二国間援助国。

フン=セン首相はまた、1970年のクーデターを煽動した外国勢力は、カンボジアに戦争と大量虐殺をもたらした責任を取るべきだと
述べた。

「ノロドム=シハヌーク王子がもしも政権を追われていなければ、戦争は起こらなかっただろう。クメール ルージュもなかっただろう。
今、クメール ルージュを訴追するふりをしているあの人々。彼らがクメール ルージュを支援した。彼らが全国に戦争の火をつけたのだ。
彼らは戦争を生み出しておいて、今度は復興が充分速くないと言って政府を非難している」と首相は語った。

18日は、カンボジアの元首であったノロドム=シハヌーク殿下が1970年にクーデターで地位を追われて39年にあたる。クーデター後、米国の支援で樹立されたこのロン=ノル政権を、1975年にベトナムの支援で倒した
クメール ルージュは、
中国の全面支援を受けて

民主カンプチア政府を樹立した。

ソ連と不和になった中華人民共和国は当時、日本や米国との国交正常化を推進し、国連でも中華民国に取ってかわったため、民主カンプチアの国連加盟と日本国による承認は比較的スムーズに行われた。


ベ平連に代表されたような日本の進歩的市民団体や人権団体もまた当時、草の根連帯ないし人道支援としてこの共産主義カンボジアへの募金送金活動を熱情的に展開してきた経緯がある。

「民主カンプチア」の国連代表権や日本からの募金受け取りは、クメール ルージュがベトナムで犯した残虐が本多勝一の現地ルポで凄惨な写真群とともに報じられても、

その後ベトナムの兵力により主要都市を追われたクメール ルージュがそれまで自国民に対して行なっていた大量虐殺が世界に向け明るみに出されても、

さらにはクメール ルージュがタイ側からの援助により国境のジャングルにへばりつくだけのテロ勢力と成り下がった1980年代になってもなお、

北京に移り住んだシハヌーク殿下による「ベトナムによるプロパガンダと侵略を許すな」という国際社会への働きかけなどにより、長らく維持されつづけてきた。

ソース:カンボジアウォッチ
http://cambodiawatch.net/cwnews/nikkei/20090320.php





7 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2009/03/20(金) 18:56:39 ID:oKpfJhb4
ポルポト派のバックにいたのは
(`ハ´  ) じゃないの?



12 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2009/03/20(金) 18:58:35 ID:z6z+wVOf
ポルポト支援した人は支援してあげなさい


13 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2009/03/20(金) 18:59:36 ID:nHpp6RKW
朝日新聞社という新聞社に言って下さい。




16 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2009/03/20(金) 19:00:20 ID:MK0S286H
>日本の進歩的市民団体や人権団体もまた当時、草の根連帯ないし人道支援として
>この共産主義カンボジアへの募金送金活動を熱情的に展開してきた経緯がある。

民間の人道支援の責任を政府がとれと?

17 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2009/03/20(金) 19:00:37 ID:mMTxekvm
>「ポル=ポトを支援した○○、もっと援助を」

それは日本ではなくシナ(中共)に言うことだろ。


29 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2009/03/20(金) 19:04:21 ID:QhET9X8s
朝日新聞のせいで日本は高くつきそうです
朝日新聞がテメーの金で支援しろ。



30 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2009/03/20(金) 19:04:27 ID:hnYKLMuP
朝日新聞はポル・ポト派シンパだからな。


55 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2009/03/20(金) 19:13:29 ID:dSlkH6Tu
>クメール ルージュを支援

そりゃ中国だろ、間違えてんじゃねぇ、カス。



65 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2009/03/20(金) 19:15:08 ID:EEZ8uIfg
ttp://www.geocities.co.jp/WallStreet/8442/research/cambodia/wada750419.html
【朝日新聞1975年4月19日夕刊2面】粛正の危険は薄い? カンボジア解放側 アジア的優しさもつ

カンボジア解放勢力のプノンペン解放は、武力解放の割には流血の跡がほとんど見られなかった。
入場する解放軍兵士とロン・ノル政府軍兵士は手をとりあって抱擁。

政府権力の委譲も、平穏のうちに行われたようだ。しかも、解放勢力の指導者がプノンペンの「裏切り者」たちに対し、「身の安全のために、早く逃げろ」と繰り返し忠告した。

これを裏返せば「君たちが残っていると、我々は逮捕、ひいては処刑も考慮しなければならない。それよりも目の前から消えてくれたほうがいい」という意味であり、敵を遇するうえで、極めてアジア的な優しさにあふれているように見える。

解放勢力指導者のこうした態度とカンボジア人が天性持っている楽天性を考えると、新生カンボジアは、いわば「明るい社会主義国」として、人々の期待に応えるかもしれない。

カンボジア王国民族連合政府は自力で解放を達成した数少ない国の一つとなった。
民族運動戦線(赤いクメール)を中心とする指導者たちは、徐々に社会主義の道を歩むであろう。
しかし、カンボジア人の融通自在の行動様式から見て、革命の後につきものの陰険な粛清は起こらないのではあるまいか。


こんな新聞を野放しにした事の責任を、いよいよ取る時が来たまでなのかも





122 名前:軍曹@ケロン人 ◆WdJ79keroM [sage] 投稿日:2009/03/20(金) 19:57:27 ID:xjPvkzHN
とりあえず朝日新聞に請求したらいいと思うでありますw


123 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2009/03/20(金) 19:57:54 ID:fSOu9yEF
朝日援交


124 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2009/03/20(金) 19:59:56 ID:hu+yDGZw
文句はバカヒに言ってくれ。


151 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2009/03/20(金) 20:27:33 ID:35UwbugH
朝日新聞は責任を取って
毎年1兆円くらい支援すべきだな。




169 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2009/03/20(金) 20:45:34 ID:8hCT47i5
1975年にベトナムの支援で倒したクメール ルージュは、中国の全面支援を受けて
1975年にベトナムの支援で倒したクメール ルージュは、中国の全面支援を受けて
1975年にベトナムの支援で倒したクメール ルージュは、中国の全面支援を受けて
1975年にベトナムの支援で倒したクメール ルージュは、中国の全面支援を受けて
1975年にベトナムの支援で倒したクメール ルージュは、中国の全面支援を受けて
1975年にベトナムの支援で倒したクメール ルージュは、中国の全面支援を受けて

関連記事

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カレンダー ▼

最新記事スクロール ▼

最新コメント ▼

月別アーカイブ(タブ) ▼

カテゴリー ▼

タグ ▼

プロフィール ▼


現在の閲覧者数: