丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2

【自分から見て左側を応援するBlog】 (速報性無し) 真剣なヌースほどニヤニヤして読むのが『礼儀』です。リンク転載FREEEEE 

 
【!】当ブログの趣旨はプロフィールに長々と読む気を失くすように書いてあります。
初代ブログの緊急避難所
◆佐藤正久(ヒゲの隊長) ◆陸上自衛隊 ◆海上自衛隊 ◆井上太郎 /onTwitter
警視庁刑事部『公開捜査』 /onTwitter
【現代社会】 ブログ内参考記事リンクまとめ
【FC2wiki】当該ブログ記事リンク集wiki『日本を探検する』



GOOD LUCK!!  
 【入国管理局/情報受付】  
  ・不法滞在者様お一人につき最高5万円までの通報者全プレ
  ・匿名通報可(全プレなし)
  ・写メ付通報、携帯通報先「 info-tokyo@immi-moj.go.jp
  ・電話通報 「03 5796 7256」
  ・受付毎日9時~17時(年末年始12/29-1/3除く)


★161130 熊本地震におけるピースボートに関した細かい情報が、「仕事の支障になる」とのことで一部削除致しました。
★171108 ぱよちん記事における「ご本人様」が御写真が恥ずかしいとのことで削除されておりました
@管理人 /更新専用Twitter

170314 【一コマ劇場】 フェイクが造る多重幻奏

【話題】BBCの取材中に子供が……なぜアジア人女性を乳母だと大勢が思い込んだのか 人種偏見が根ざしていると指摘 ★2 [無断転載禁止]©2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1489406216/
1 名前:rain ★[] 投稿日:2017/03/13(月) 20:56:56.48 ID:CAP_USER9

BBCの取材中に子供が……なぜアジア人女性を乳母だと大勢が思い込んだのか

韓国政治の専門家がBBCニュースの取材を受けている最中に、部屋に幼い子供たちが乱入してきた映像は、インターネットであっという間に拡散し、すでに多くの人が目にしたと思う。

韓国の釜山大学政治外交学部で国際政治を教えるロバート・ケリー助教授が生中継で韓国の政変について解説していたところ、2人の幼い子供が次々と部屋に入ってきた。
 ケリー氏は「申し訳ない」とBBCのキャスターに謝罪しつつも、動揺することなく解説を続け、妻が急いで子供たちを部屋から連れ出した。

このビデオはすでに何億回も再生されており、ソーシャルメディアでは何十万人もの人が大笑いし、共感していた。
しかしその一方で、一部のマスコミを含めて多くの人が、ビデオに登場したケリー氏の妻、キム・ジュンアさんについて、乳母と最初から思い込んでしまっていた。

このことに気付いた人たちの間で、その思い込みは何が原因なのか、人種や性別、異人種間の結婚に関するステレオタイプと偏見が原因ではないのかなど、議論につながった。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
(英語記事 Why did people assume an Asian woman was the nanny? )
BBC News 3/13(月) 13:36
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-39251963-bbc-int


7 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2017/03/13(月) 21:01:01.20 ID:XQVdR0Fr0
それよりも、
「何を好き好んで韓国女と結婚したんだろう」
と思ったわ(´・ω・`)


222 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2017/03/13(月) 23:53:35.20 ID:aNcE+V040
>>7
だよなぁ
乳母とは思わなかった
韓国人と結婚したから、韓国の事情とか心情にも詳しいんだろうな
でも何を好きこのんで、と思った

336 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2017/03/14(火) 02:27:23.78 ID:tgWqVQO40 [1/4]
>>7
>>222
そのうえ韓国在住w
自分の国じゃ芽が出なかった

BBC、AFP、France24駐在記者契約結んでる白人に
韓国在住がすごく多い
最近やたらとチョン寄りで日本にあることないこと報じてる
餅で死んでる老人数を危険な伝統日本とゆうニュースにしてたが
タイでパクられた買春ツアーの韓国人達は一切報じなかった



【更新専用Twitter】丁寧でも礼儀正しくもない日記@amazingnippon


関連記事

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カレンダー ▼

最新記事スクロール ▼

最新コメント ▼

月別アーカイブ(タブ) ▼

カテゴリー ▼

タグ ▼

プロフィール ▼


現在の閲覧者数: