丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2

【自分から見て左側を応援するBlog】 (速報性無し) 真剣なヌースほどニヤニヤして読むのが『礼儀』です。リンク転載FREEEEE 

 
【!】当ブログの趣旨はプロフィールに長々と読む気を失くすように書いてあります。
初代ブログの緊急避難所
◆佐藤正久(ヒゲの隊長) ◆陸上自衛隊 ◆海上自衛隊 ◆井上太郎 /onTwitter
警視庁刑事部『公開捜査』 /onTwitter
【現代社会】 ブログ内参考記事リンクまとめ
【FC2wiki】当該ブログ記事リンク集wiki『日本を探検する』



GOOD LUCK!!  
 【入国管理局/情報受付】  
  ・不法滞在者様お一人につき最高5万円までの通報者全プレ
  ・匿名通報可(全プレなし)
  ・写メ付通報、携帯通報先「 info-tokyo@immi-moj.go.jp
  ・電話通報 「03 5796 7256」
  ・受付毎日9時~17時(年末年始12/29-1/3除く)


★161130 熊本地震におけるピースボートに関した細かい情報が、「仕事の支障になる」とのことで一部削除致しました。@管理人 /更新専用Twitter

170403 【インド】 あの時のグローバリズム

イギリス「大英帝国の植民地政策は現地にとって良かった」 → インド「は?」 [無断転載禁止]©2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1490127454/


1 名前: ブラディサンデー(東京都)@無断転載は禁止 [CA][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 05:17:34.54 ID:si30Tk8r0 [1/2] ?BRZ(11000) ポイント特典

 インドの政治家、シャシ・タルール氏がアルジャジーラに寄稿し、コルコタのヴィクトリア記念堂を英植民地時代の残虐行為を伝えるための博物館にするべきだと主張した。

イギリスは征服と略奪の歴史を反省していないという同氏の意見に対して英国内にも賛否両論あり、植民地時代の支配者と被支配者の認識のギャップがいまだ埋まらないことを示している。

◆略奪と搾取の200年。インドをダメにしたのはイギリスか?

インドの国会議員のタルール氏は、外交委員会の議長を務め、作家としても知られている。
同氏は以前からイギリスによるインドの植民地支配に批判的で、2015年には英オックスフォード・ユニオンでの討論会で、イギリスは旧植民地に賠償すべきと主張した。

ウェブ誌『Mashable』によれば、このときの同氏のスピーチはYouTubeで400万回視聴されている。
討論会での主張をさらに広げて書いた同氏の著書『Era of Darkness(英版Inglorious Empire)』は英印両国でベストセラーとなった。

同氏はアルジャジーラの記事で、
イギリスに征服される前のインドは
世界のGDPの27%を占める豊かな国であったが、
その後の2世紀以上にわたる略奪と搾取によって、
植民地支配終了時には世界で最も貧しく、
病み、無教育な国に落ちぶれてしまった
、と主張する。

英支配のもと、多くの虐殺事件が起こり、
イギリスのひどい政策によって
不要な飢饉が引き起こされ3500万人が命を落とした。


宗教や人種で被支配者を分けることで統治を容易にした「分割統治」政策は、イギリスがインド亜大陸から乱雑で悲劇的なBrexitをした1947年、インド・パキスタン分離独立というホラーで頂点に達した、とも述べている。

また、驚くべきことに多くのインド人とイギリス人がいまだに人道に対する大英帝国の罪がどれほどのものだったのかを知らないままだ、とする同氏は、植民地時代の歴史的建造物であるヴィクトリア記念堂を英支配の真実を伝える博物館にすべきだと主張。

そして、インドの子供達を教育し、イギリスからの観光客を開眼させるべきだと断じている。


「植民地政策は現地にとって良かった」 英印間で認識に隔たり 印政治家が英国を痛烈批判
http://newsphere.jp/world-report/20170321-2/

2 名前: ブラディサンデー(東京都)@無断転載は禁止 [CA][] 投稿日:2017/03/22(水) 05:18:12.08 ID:si30Tk8r0 [2/2]

◆勉強不足?イギリス人は、大英帝国の歴史に好意的

2014年にイギリスの世論調査会社YouGovが行なった調査によれば、大英帝国はどちらかといえば誇るべきものと答えた人は59%、恥じるべきものと答えた人は19%だった。

植民地政策で征服された国々の暮らし向きは全般として良くなったと答えたのは49%、悪くなったと答えたのは15%だった。
多くのイギリス人が、植民地支配は各地に経済成長をもたらし、恩恵を与えたと考えていると見てよいだろう。

しかし、デイリー・メールのインド版は、
イギリスが残した議会制民主主義、鉄道、英語などは
すべてイギリスにとって都合がよかったものばかりだと
タルール氏が主張していることを紹介。


また、昨年イギリスの国会議員のリアム・フォックス氏が「英国はEUにおいて、20世紀の歴史を葬る必要がない数少ない国の一つだ」とツイートしたことを上げ、大英帝国のインドでの行いについてイギリス人が十分に知らないことを裏付ける明らかな実例だ、と述べている。

インデペンデント紙も、大英帝国についての詳細は、イギリスの学校では広く教えられておらず、歴史の授業は他の分野にフォーカスされがちだと述べ、国内の政治家からももっと帝国時代の歴史を教えるべきという意見が出ていたことを伝えている。

◆生まれる前の出来事への責任はどこまで?

イギリスでも、政権によって、植民地政策への見方は分かれている。
2006年に当時のブレア首相は、大英帝国が初期の奴隷貿易で果たした役割に関し「人道に対する罪」と述べ謝罪した。

しかし2013年にインドを訪問したキャメロン前首相は、約400人のインド人が英帝国部隊によって殺害されたとされる、1919年のアムリットサル事件への謝罪を拒否している。

このときキャメロン前首相は、植民地政策には長短があったと述べつつ、悪いことからは学び良いことは讃えるべきだとし、最終的にはイギリスの過去はインドの助けになったと主張している。

イギリスの著名な歴史家、ウィリアム・ダーリンプル氏は、キャメロン首相は謝罪すべきだったという意見に対し、政治家が自らの間違いの謝罪をするならわかるが、生まれるよりずっと前に起きたことに対して謝ることは無意味だとし、そのような行為は純粋な悔恨というより、むしろ政治的方便ではないかと述べている。



9 名前: 膝靭帯固め(愛知県)@無断転載は禁止 [IL][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 05:22:19.49 ID:rfGG2zkP0
>イギリスに征服される前のインドは世界のGDPの27%を占める豊かな国であった

これほんと?

14 名前: ランサルセ(石川県)@無断転載は禁止 [CN][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 05:31:05.56 ID:CdR/4tU90
>>9
インドが征服されはじめた頃は産業革命が起きるちょっと前くらい
農業生産力イコール国力の時代なので、
インド全体でそれくらいは豊かだったといえる

産業革命後は工場での生産力が物を言うので、
農業がどれだけ頑張ってもたかが知れてる国力扱いになる

ただの綿花の生産地に落ちぶれてしまったんやね
同様に中国も落ちぶれたしオスマントルコも落ちぶれた

39 名前: ミドルキック(広西チワン族自治区)@無断転載は禁止 [RU][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 06:04:07.66 ID:zqz7xofdO [1/10]
>>9
GDPは推定に過ぎないけど確固たる事実として
現在の世界の文明はインド~イラン地域で発祥したものだからね

支那畜は「世界四大文明」とか恥知らずな事を言って
世界中から嘲笑されてるけど世界の文明はもともと
インド~イラン地域で生まれて世界各地に伝搬していった

日本人はアジアを下に見る傾向が強いけど
古代から高度文明を築き上げた地域が劣っているなんて
思い上がりなのよね

48 名前: フェイスロック(京都府)@無断転載は禁止 [ニダ][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 06:14:04.24 ID:82AujI720 [3/5]
>>39
アジアを下に見るw
中国文明に一番尊敬を払っているのは
中国文明が一番残っている日本列島だというのに

それよりも深刻なのは、
「歴史は常に欧州半島の西ローマ帝国あたりで続いている」
っていう西洋史観が地球を汚染していることだろう

欧州なんてひとまとまりになってやっと日本と同じぐらいの文化圏だぞ
それが大層なものだと思わされている、洗脳されている
世界にはいくつも大陸があって帝国や文明が興ったというのにね

121 名前: ネックハンギングツリー(SB-iPhone)@無断転載は禁止 [US][] 投稿日:2017/03/22(水) 08:13:11.78 ID:209BQXsJ0 [1/2]
>>9
本当ですよ
イングランドが搾取に搾取をした

122 名前: スターダストプレス(茸)@無断転載は禁止 [CA][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 08:16:09.82 ID:T+lxlgX/0
>>121
まじで国上げての犯罪国家じゃん
恐喝窃盗国家だわ

54 名前: 稲妻レッグラリアット(山形県)@無断転載は禁止 [ニダ][] 投稿日:2017/03/22(水) 06:28:17.12 ID:1+ZPaYwZ0
>>9
ほれ

http://i.imgur.com/9jau4dj.jpg
経済力



99 名前: ジャーマンスープレックス(神奈川県)@無断転載は禁止 [EU][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 07:32:42.00 ID:YcJaZKZB0 [1/2]
>>54
日本の存在感がでかすぎるような…
1世紀のころからそんなに発展してたのかな?

146 名前: 足4の字固め(埼玉県)@無断転載は禁止 [DE][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 09:00:45.30 ID:NYYccoVC0 [2/3]
>>99
日本は江戸時代にもう人口5000万人超えてたし、
戦国時代は世界一兵力を保有していたと言われているんだぞ

174 名前: ミドルキック(やわらか銀行)@無断転載は禁止 [ZA][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 09:53:31.67 ID:gTtSt2YT0
>>146
江戸時代で人口5000万とかあるわけねえだろ

227 名前: サソリ固め(茸)@無断転載は禁止 [US][] 投稿日:2017/03/22(水) 12:27:36.47 ID:+j/Jqooa0
>>174
wikiの江戸時代の人口統計参照。
3000万は間違いないみたい。

154 名前: 16文キック(茸)@無断転載は禁止 [ニダ][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 09:19:46.77 ID:0Tko5iO+0
>>99
だって大航海時代は欧州はインドと日本目指してたんだぞ
何故インディアンがインディアンかその意味を考えるといい

331 名前: ジャーマンスープレックス(神奈川県)@無断転載は禁止 [EU][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 23:07:45.66 ID:YcJaZKZB0 [2/2]
>>146
>>154
いや、だから1世紀
一番左からすでにかなりの割合なんだよ

332 名前: ミドルキック(広西チワン族自治区)@無断転載は禁止 [RU][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 23:35:11.51 ID:zqz7xofdO [10/10]
>>331
日本列島は縄文時代から世界屈指の人口の多さだった
縄文時代のある時期までの文化レベルは
総体的に支那地域を上回っていて
古代支那文明の中には縄文文明由来のものもある可能性が指摘されている

支那共産党政権は意地でも学術調査を許可しないから詳細は不明のままだけどね
なので1世紀の日本列島も舐めたものではない事は想像に難くない





25 名前: ドラゴンスープレックス(チベット自治区)@無断転載は禁止 [MX][] 投稿日:2017/03/22(水) 05:49:41.47 ID:LCXx22TI0
http://blog-imgs-44.fc2.com/p/a/p/paperbox110904/sankaku.jpg
三角貿易習っただろ
インドはイギリスによってアヘンをプランテーションするだけのゴミ国家にさせられていた



28 名前: 男色ドライバー(庭)@無断転載は禁止 [US][] 投稿日:2017/03/22(水) 05:52:59.49 ID:eQt46SR30 [1/5]
第二次大戦の戦勝国は全部反省していないからなぁ

29 名前: 断崖式ニードロップ(やわらか銀行)@無断転載は禁止 [US][] 投稿日:2017/03/22(水) 05:54:21.20 ID:H3LwDjtT0 [4/6]
>>28
ドイツも反省してないよな~負けたくせに個人のせいにして

77 名前: バーニングハンマー(庭)@無断転載は禁止 [US][] 投稿日:2017/03/22(水) 06:58:46.73 ID:7381Ds2N0
>>28-29
真剣に反省した人間たちはマルクス主義に走って今度はお前らに否定されてるっていう

88 名前: 男色ドライバー(庭)@無断転載は禁止 [US][] 投稿日:2017/03/22(水) 07:13:26.00 ID:eQt46SR30 [5/5]
>>77
植民地は功罪あるから、全くの否定でも肯定でもいけないのよ



38 名前: チキンウィングフェースロック(庭)@無断転載は禁止 [US][] 投稿日:2017/03/22(水) 06:03:10.32 ID:ga6mE47i0
太平洋戦争は結局アジアの植民地、プランテーション解放だったってこと
その後の各国の独立戦争にも深く関わってるし

44 名前: フェイスロック(京都府)@無断転載は禁止 [ニダ][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 06:10:03.90 ID:82AujI720 [2/5]
>>38
最初はお金になるから始まった植民地が、
やがて「帝国の誇り」になっていく過程は喜劇だな
その後の独立が必ずしも現地の幸せに
つながらなかったところとか




58 名前: ファイヤーバードスプラッシュ(富山県)@無断転載は禁止 [IT][] 投稿日:2017/03/22(水) 06:32:56.48 ID:6AZ/Z2eg0 [1/2]
カースト制度もイギリスが台帳作るときに細かく分類し始めたのが原因だからな
それまではカーストはあったがもっと緩くて厳格に上下の区別はついてなかったらしい



59 名前: パイルドライバー(新疆ウイグル自治区)@無断転載は禁止 [US][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 06:33:39.93 ID:TN1QO8tl0
世界のGDP推移見ると
インドが激減してる時期とイギリスが激増している時期がぴったり一致してるよね



69 名前: 稲妻レッグラリアット(東京都)@無断転載は禁止 [US][] 投稿日:2017/03/22(水) 06:46:05.06 ID:ORiMyA900
てか最初はインドの藩王が喜んで東インド会社に領地提供してたよな



82 名前: シャイニングウィザード(静岡県)@無断転載は禁止 [CN][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 07:04:48.55 ID:cB/H1x2A0 [2/3]
識字率を上げたとか人口を増やしたとか
学校を建てたみたいなことはしなかったのか?




89 名前: 32文ロケット砲(内モンゴル自治区)@無断転載は禁止 [DE][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 07:13:34.19 ID:TUx8hrbCO [1/3]
インドを統一したのは大英帝国だ
イギリスがいなかったら、
インド亜大陸は多くの藩王国に分かれたままだった
ムガル帝国もインド南部はは征服出来てなかった




92 名前: ドラゴンスクリュー(庭)@無断転載は禁止 [US][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 07:21:57.56 ID:U/zvhW3c0
なんか日本みたいなこと言ってるな
ただイギリスは日本と違って産業革命起こして人類を豊かにしたけど

95 名前: グロリア(チベット自治区)@無断転載は禁止 [SE][] 投稿日:2017/03/22(水) 07:25:56.32 ID:ztbXdCU80
>>92
インドの綿産業が優秀過ぎたので
インド絹職人の手首を切り落として目玉をえぐり出したのが
イギリスの植民地支配なんだよな
女子供だろうが容赦なくね


101 名前: ファイヤーバードスプラッシュ(富山県)@無断転載は禁止 [IT][] 投稿日:2017/03/22(水) 07:34:52.93 ID:6AZ/Z2eg0 [2/2]
>>95
あとベンガル地方の徴税権を奪ってインド人の税金で綿花買って
イギリスの機械制工場で加工してインドに売りつけた

インドの綿織物は高品質だったけど
大量生産の製品には価格で敵わないから一気に衰退した

織物職人の多かったダッカの人口は15万人から3万人に減少して
街のいたる所に職人の人骨が落ちてたとか




55 名前: レッドインク(茸)@無断転載は禁止 [CN][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 06:29:49.63 ID:KZqJljYA0 [1/3]
インドの公用語が英語なのはイギリスの植民地だったから。
イギリスのおかげでインド人は英語がしゃべれる!
今のインド人はイギリスに感謝してますよ!!

英語しゃべれるインド人はシリコンバレーで引っ張りだこだろ。
全てはイギリスの植民地の恩恵だよ。

日本は敗戦でアメリカに占領されたんだから、
日本語を廃止して英語を公用語にすべきだったのに、
それをしなかったマッカーサーはアホ!アメリカの失策の一つ。
今さら小学校から英語を必修化しても時間と金の無駄や!

100 名前: キドクラッチ(SB-iPhone)@無断転載は禁止 [US][] 投稿日:2017/03/22(水) 07:33:19.67 ID:+3BEU4qa0
>>55
英語が公用語になってたら日本発展しなかっただろうな、
他の国見てたら分かります

104 名前: レッドインク(茸)@無断転載は禁止 [CN][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 07:43:00.86 ID:KZqJljYA0 [2/3]
>>100
おいおいww

116 名前: ストマッククロー(catv?)@無断転載は禁止 [DE][] 投稿日:2017/03/22(水) 08:08:20.27 ID:vWV02dFH0 [2/2]
>>104
マッカーサーは日本をフィリピンにしようとしてたし
英語が公用語になったら
インドやシンガポールのエリートと競争させられるんだぞ

205 名前: レッドインク(茸)@無断転載は禁止 [CN][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 10:48:34.99 ID:KZqJljYA0 [3/3]
>>116
英語話せようが話せまいがグローバルでの競争は避けられない!



110 名前: フェイスクラッシャー(禿)@無断転載は禁止 [KR][] 投稿日:2017/03/22(水) 07:55:05.03 ID:1XnRSi7s0
イギリスはほんとひどいよね
この間もBBCが日本のエロ漫画叩いてたし
差別がほんとひどい

112 名前: ラダームーンサルト(広西チワン族自治区)@無断転載は禁止 [JP][] 投稿日:2017/03/22(水) 07:57:51.16 ID:7O0Y9ILGO [2/2]
>>110
ロリコン犯罪とかブリカスのがやべーくせにな



143 名前: 足4の字固め(埼玉県)@無断転載は禁止 [DE][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 08:57:41.14 ID:NYYccoVC0 [1/3]
インドには英語大学しかないらしいよ。植民地支配で現地語は淘汰された
そういうの考えると韓国が日本文化徹底的に禁止したのは良かったんだろうな

162 名前: ジャンピングエルボーアタック(岡山県)@無断転載は禁止 [UA][] 投稿日:2017/03/22(水) 09:34:08.07 ID:fwmzbbkW0
>>143
淘汰なんてされてねーよ
インドは超多民族国家で言語も主なものだけで20以上ある
国内全域で使える公用語は英語しかないから大学なんかは英語使うしかないの
植民地支配の是非は置いといて、国家の統一という点で英語はインドの役に立ってる
あと、インドが欧米のIT土方を一手に引き受けて経済成長してる原動力は英語でもある

218 名前: 足4の字固め(埼玉県)@無断転載は禁止 [DE][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 11:21:52.44 ID:NYYccoVC0 [3/3]
>>162
はあ?なんで英語で国家統一しなきゃいけないんだよ。バーカ
インドには原始人しか居なかったんでつか



194 名前: ランサルセ(広西チワン族自治区)@無断転載は禁止 [AE][] 投稿日:2017/03/22(水) 10:29:02.20 ID:GC/V0j+rO
イギリス、フランス、アメリカ、ロシア、ドイツ、オランダ、オーストリア、ポルトガル、スペイン、中国
だいたい此処らが悪い

今の南スーダンもそう、イギリスが大本の元凶で
アメリカが火種を拡大させて中国が更にかき乱して混迷させている
中東アラブとイスラエルもそう、イギリスがそもそもの大元凶で
フランスとアメリカとアラブの部族で更に泥沼

救い様がない



199 名前: フェイスクラッシャー(中部地方)@無断転載は禁止 [JP][] 投稿日:2017/03/22(水) 10:38:58.18 ID:gbPI1Xjy0
シンガポールにあったイギリスの東洋艦隊を壊滅させ
マレー侵攻した日本がきっかけでイギリス帝国は植民地を失う
英帝国終焉の功労者は日本

201 名前: ツームストンパイルドライバー(宮崎県)@無断転載は禁止 [US][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 10:43:02.00 ID:YW8nA9kX0 [4/4]
>>199
倉山某氏に言わせれば、大日本帝国は大英帝国と刺し違えたんだってさ
当たらずと言えども遠からず、だと思う



214 名前: 32文ロケット砲(庭)@無断転載は禁止 [US][] 投稿日:2017/03/22(水) 11:06:04.24 ID:zZslL4wg0
>>イギリスに征服される前のインドは世界のGDPの27%を占める豊かな国

ここが重要ポイント。
19世紀末時点で世界の最貧国だった朝鮮とは全く異なるんですよ。



144 名前: 16文キック(やわらか銀行)@無断転載は禁止 [CA][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 08:58:34.38 ID:1aPNxoc70 [1/2]
中村屋のボース
日本のカレーの祖先のボースの
「インドの叫び」にかかれている
インド人大量虐殺と搾取レイプがすごいこと


219 名前: 16文キック(やわらか銀行)@無断転載は禁止 [CA][] 投稿日:2017/03/22(水) 11:22:55.65 ID:1aPNxoc70 [2/2]

銀行家のララデビダスは腹を地面につけずに這おうとしたところ銃剣で脅かされた。
盲人のカンチヤンどもは同じように這わされた。
その他かかる暴行うけたものは50名に達した。

インド人は英国人に会ったとき、
又は自動車の音を聞いたときでも挨拶することが命じられた。
そしてもし挨拶の仕方が適当でないときは留置され、
翌日外へ引っ張り出され兵士から挨拶の仕方を教えられるのであった。

ミヤンフォローズデインによれば挨拶の仕方が適当でなかった
と言う理由で多数の者が笞刑を受けたと言うことである。(インドの叫び)



イギリス人は好きな時に好きな様にインド女性を暴行できた。
そしてインド人がそれに抗議を起こすと
ローラット法により法も根拠もなく好きな時に好きな様にもなく
ただ虫けらのように逮捕されて投獄される。

北朝鮮以下ですわねイギリス



229 名前: キン肉バスター(内モンゴル自治区)@無断転載は禁止 [US][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 12:34:24.33 ID:TUx8hrbCO [2/3]
イギリス王は、インド皇帝の称号持ってたんだぜ



230 名前: サソリ固め(庭)@無断転載は禁止 [FR][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 12:34:59.42 ID:ikEO+Qu40
具体的に韓国は日帝になにされたんだ

242 名前: 膝靭帯固め(神奈川県)@無断転載は禁止 [CN][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 13:03:29.33 ID:kpWWwYa+0
>>230
凄まじい圧政により人口が倍増したり
寿命が倍増したり識字率がはねあがったりしたよ


249 名前: 逆落とし(空)@無断転載は禁止 [NO][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 15:54:10.47 ID:pGpFklHM0
>>242
なんという極悪非道
汚物消毒すべきだったのにな(ノ∀`)




250 名前: ジャーマンスープレックス(沖縄県)@無断転載は禁止 [GB][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 16:26:49.20 ID:WI5zjU0L0
>>1
newsphere.jpここは海外の記事をパクってるだけのサイト
http://newsphere.jp/aboutnewsphere/
http://megalodon.jp/2015-0122-0548-32/newsphere.jp/aboutnewsphere/魚拓
NewSphere記者たち
http://newsphere.jp/wp-content/uploads/2012/09/NewSphere_team.jpg
http://i.imgur.com/hcGaDmJ.jpg同

こいつらがやってるのは翻訳じゃなく
海外の日本批判記事ばっか拾ってきて
勝手な解釈でより日本批判してること多々

しかもその海外記事元がなぜか恵比寿にあったりする
朝日新聞とニューヨークタイムズが
築地の同じビルで海外からの批判でっち上げてるのと同じ手口

そもそもソースとしては不適切



255 名前: 超竜ボム(チベット自治区)@無断転載は禁止 [ニダ][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 17:56:29.71 ID:uBZsl92G0 [1/2]
でもスペインやポルトガルよりマシなのは事実
タスマニアみたいな例もあるけど平均してまだマシな方

262 名前: ミドルキック(広西チワン族自治区)@無断転載は禁止 [US][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 18:23:05.00 ID:zqz7xofdO [4/10]
>>255
スペインとポルトガルはローマ教皇の命令で世界支配に乗り出した
結局のところキリスト教がバックボーンにあるわけで
思考原理も行動原理もキリスト教が根幹
どこの国が酷いとかじゃなくてキリスト教が酷いんだな
もちろんキリスト教と派閥争いをしてるユダヤ教とイスラム教も同類



263 名前: ストレッチプラム(空)@無断転載は禁止 [EC][] 投稿日:2017/03/22(水) 18:23:18.53 ID:FQfk+E2k0
中国人はアヘン戦争で負けて英国に支配されたことによって
西洋文化が入ってきてヨカッタヨカッタって喜んでるらしいな



264 名前: レインメーカー(大阪府)@無断転載は禁止 [US][] 投稿日:2017/03/22(水) 18:23:28.78 ID:umUfHhqG0
元外務官僚の本に書いてたけど、その人がイギリスで爺さんと話してると
「日本人はアジアでひどいことをした。謝罪しないとな」と言われたので、
イギリスが世界中でいかに残虐なことをしてきたか並べ立てていったら
途中で罪の意識に苛まれたのか胸を押さえて苦しがったそうな。

外国人を相手にするときはすぐに謝ったりしないで
これくらいしないとダメだって言われて納得したわ



265 名前: ミドルキック(広西チワン族自治区)@無断転載は禁止 [US][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 18:23:57.86 ID:zqz7xofdO [5/10]
そういえば日本もポルトガルの植民地になりかけたけど
秀吉が有能だったおかけで難を逃れた
九州と東北はヤバいところまでいってたけどね

幕末期も内紛で国力が低下し弱体化すれば
植民地になっていたのは間違いないけど
大政奉還で内紛を終息させた幕府側の英断で
国体を維持できた日本の過去の為政者たちは
有能だったと評価すべきだな




288 名前: ダイビングヘッドバット(空)@無断転載は禁止 [TR][] 投稿日:2017/03/22(水) 18:56:22.59 ID:IE4joA0+0 [1/5]
インドネシアとかマレーシアとかのアジアも
300年~400年も白豚に植民地経営されてて、
よく平気だったよなあ。飼い慣らされて

315 名前: マシンガンチョップ(チベット自治区)@無断転載は禁止 [US][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 19:36:25.55 ID:p8O9jUc00 [4/4]
>>288
赤道の気候が白人には合わない事もあって直接支配はやってないから
現地の内部対立を利用して特定の部族を支配階層として優遇したり
中国人やインド人を連れてきて間接的に支配してる
間接統治から直接統治に移行して100年ぐらいで植民地独立してる



316 名前: 雪崩式ブレーンバスター(空)@無断転載は禁止 [KR][] 投稿日:2017/03/22(水) 19:43:52.06 ID:XqipIUaz0 [2/4]
ヨーロッパでは奴隷販売は伝統芸

フランク人が北欧のノルウェー人を奴隷としてイスラム教徒やフランク王国の地主に売った
さらにスラブ人狩りをしてリトアニアから南を奴隷供給地として支配した

だから奴隷をスレイブ=スラブって言うんだよ



321 名前: 魔神風車固め(茸)@無断転載は禁止 [RO][] 投稿日:2017/03/22(水) 20:02:51.15 ID:HW5NecI10 [1/2]
イギリスはマジで酷すぎるだろ。
インドは塩ですら自由に自国で作ることを許されなかったんだぜ。
ガンディーの塩の行進はそれに対する抗議行動。
これら歴史的事実があるのに反省するところはなにも無いて。



324 名前: 腕ひしぎ十字固め(SB-iPhone)@無断転載は禁止 [CH][] 投稿日:2017/03/22(水) 20:31:03.40 ID:jTwEVxJa0
なんで、インド人は奴隷同然になったの?
遠いイギリス相手なら戦えば補給切れるし
戦わなかったの?

326 名前: 魔神風車固め(茸)@無断転載は禁止 [RO][] 投稿日:2017/03/22(水) 21:26:38.96 ID:HW5NecI10 [2/2]
>>324
イギリスはインドに内戦させて、更に武器輸出とかして商売もしつつね。
十分インドが疲弊したところで侵略した。

336 名前: マスク剥ぎ(空)@無断転載は禁止 [DE][] 投稿日:2017/03/22(水) 23:46:09.50 ID:HhFrxu360 [2/2]
>>326
アジアの植民地経営でも、管理者は中国人にして、
現地人と管理者中国人を対立させて煽って、
イギ猿は左団扇で善人面

んで、管理者がそのまま現地を乗っ取ったのが中華系のシンガポール誕生

330 名前: ネックハンギングツリー(神奈川県)@無断転載は禁止 [US][sage] 投稿日:2017/03/22(水) 22:56:32.58 ID:C1YfbpTD0
>>326
薩英戦争以後の幕末の内戦を考えると
日本も危なかったな先祖様に感謝だろ



344 名前: ファイヤーバードスプラッシュ(庭)@無断転載は禁止 [CN][sage] 投稿日:2017/03/23(木) 00:07:28.32 ID:sLB+p/y00 [1/3]

24 :番組の途中ですが名無しです :2005/07/31(日) 03:14:25 ID:hcpo2MMs0

伊藤博文は日韓提携論者だったので
日韓併合を否定していたし、
こう言って方針を説明してる。

「いやしくも数千年の歴史と文明を有する国民は、
決して獣畜の如く支配すべきものではないし、また支配できるものではない。
日本の識者は決して、このような暴論に賛成しないで、
また我が陛下の御思いも決してそうではない」

「然るに韓人は、今日に至っても尚、
外交権を回復するだけの実力を養う努力をしようとしないで、
しきりに他国の援助によって、これを日本から取り去ろうとしている」

朝鮮の当時の状況について、
アメリカ人の朝鮮外交顧問のドーハム・スティーブンソンはこう言ってる。
「朝鮮の王室と政府は腐敗堕落しきっており、、
頑迷な朋党は、人民の財を略奪している.
その上、人民はあまりにも愚昧である。
これでは国家独立の資格はなく、
進んだ文明と経済力 を持つ日本に統治させなければ、
ロシアの植民地になるだろう」





346 名前: ファイヤーバードスプラッシュ(庭)@無断転載は禁止 [CN][sage] 投稿日:2017/03/23(木) 00:08:13.12 ID:sLB+p/y00 [2/3]

29 :番組の途中ですが名無しです :2005/07/31(日) 03:31:18 ID:qvAlt2sV0

伊藤博文は当時朝鮮の皇族に付き添って半島を一周したんだよ。
冬のあのクソ寒い時期にあの老体で・・

民衆がわずかばかりでも国を支えようという気持ちがあるならば
という一抹の望みをかけていた。
だが・・
実際には皇族の存在すら知らず、自分がどの国の人間なのかも分からない
土人風情の者ばかりだったという。
自らの国に対して敬意を持つ者、守ろうとする者など存在しない状況を悟り
翁は併合もやむを得ないと判断したのだよ。

一応時系列的には半島からの併合打診が先にあっての事だから、
ニダーが突っ込んできたらこの辺を言っておくといい。




347 名前: ファイヤーバードスプラッシュ(庭)@無断転載は禁止 [CN][sage] 投稿日:2017/03/23(木) 00:09:22.00 ID:sLB+p/y00 [3/3]

30 :番組の途中ですが名無しです :2005/07/31(日) 03:40:06 ID:hcpo2MMs0
補足しとく。
当時の情勢はこう。

・イギリスはビルマ国王をセイロンに幽閉して王子達を銃殺、王妃は娼婦にした。
・フランスはマダガスカル王を流刑にした。
・アメリカはカメハメハの女王を一般市民にした。

・日本は日韓併合時に、朝鮮の王族の地位も保全され、
皇室に準ずるものとして身分まで保障してやった。

そもそも「侵略」して「植民地」にして「搾取」しようとする相手にする対応じゃあない。
李王家を廃絶せず、「王」という称号もそのまま残している上、
主要両班は全て日本の華族、伯爵などの地位を与え、
さらに貴族院議院に入っている元両班もいた。





367 名前: サッカーボールキック(やわらか銀行)@無断転載は禁止 [US][sage] 投稿日:2017/03/23(木) 14:39:48.10 ID:3zIa/sRT0
インドの古典語がラテン語や英語の親戚だと気づいて凄い仰天したらしいね
日本で例えると、一神教で主食がパンでキリル文字みたいなのを使い、
葬儀では死体を食らうというGDP50位ぐらいのヨーロッパの国の言語が、
実は日本語の遠い親戚でした
(しかもその一神教の神は日本人がかつて信仰していた神)
って判明するようなもんだからな



【更新専用Twitter】丁寧でも礼儀正しくもない日記@amazingnippon


関連記事

Comment[この記事へのコメント]

NoTitle 

  • 名無し 
  • URL 
  • at 2017.04.03.: 23:08 
  • [編集]
やっぱりここの切り口は勉強になるなぁ。見つけてくる目線が違うんだろうねぇ。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カレンダー ▼

最新記事スクロール ▼

最新コメント ▼

月別アーカイブ(タブ) ▼

カテゴリー ▼

タグ ▼

プロフィール ▼


現在の閲覧者数: