丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2

【自分から見て左側を応援するBlog】 (速報性無し) 真剣なヌースほどニヤニヤして読むのが『礼儀』です。リンク転載FREEEEE 

 
【!】当ブログの趣旨はプロフィールに長々と読む気を失くすように書いてあります。
初代ブログの緊急避難所
◆佐藤正久(ヒゲの隊長) ◆陸上自衛隊 ◆海上自衛隊 ◆井上太郎 /onTwitter
警視庁刑事部『公開捜査』 /onTwitter
【現代社会】 ブログ内参考記事リンクまとめ
【FC2wiki】当該ブログ記事リンク集wiki『日本を探検する』



GOOD LUCK!!  
 【入国管理局/情報受付】  
  ・不法滞在者様お一人につき最高5万円までの通報者全プレ
  ・匿名通報可(全プレなし)
  ・写メ付通報、携帯通報先「 info-tokyo@immi-moj.go.jp
  ・電話通報 「03 5796 7256」
  ・受付毎日9時~17時(年末年始12/29-1/3除く)


★161130 熊本地震におけるピースボートに関した細かい情報が、「仕事の支障になる」とのことで一部削除致しました。@管理人 /更新専用Twitter

170408 【筒井康隆】 キムチのない所に煙は立たぬ

筒井康隆「慰安婦像の前で射精してザーメンまみれにしてこよう [無断転載禁止]©2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1491461034/

1 名前: 膝靭帯固め(SB-iPhone)@無断転載は禁止 [CN][] 投稿日:2017/04/06(木) 15:43:54.71 ID:Bg747LL40 [1/2] ?PLT(12000) ポイント特典

@TsutsuiYasutaka
…長嶺大使がまた韓国へ行く。
慰安婦像を容認したことになってしまった。
あの少女は可愛いから、皆で前まで行って射精し、
ザーメンまみれにして来よう。
2017/04/06 12:34



7 名前: 稲妻レッグラリアット(兵庫県)@無断転載は禁止 [TW][sage] 投稿日:2017/04/06(木) 15:46:05.25 ID:9bd+fPmK0
これご本人のアカなの?

↓  ↓  ↓  ↓


【社会】筒井康隆さん、慰安婦像への性的侮辱表現などで国内外から批判 「炎上狙った」 [無断転載禁止]©2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1491561309/



1 名前:呆┐(´ー`)┌呆 ★[] 投稿日:2017/04/07(金) 19:35:09.67 ID:CAP_USER9

作家の筒井康隆さん(82)が自身のブログなどで、韓国の慰安婦像に侮辱的な行為をするよう呼びかけるようなことを書き、国内外から批判の声が上がっている。

韓国野党、「少女像」設置支援へ法案 与党揺さぶる狙い

4日付のブログの投稿で、帰国していた長嶺安政・駐韓大使が韓国に戻ることに触れ、「慰安婦像を容認したことになってしまった」と指摘。
慰安婦像の少女を「可愛いから」と述べたうえで、性的な侮辱表現を続けて使った。
公式ツイッターも同様の内容を発信したが、つぶやきはすでに削除されている。

筒井さんは朝日新聞の取材に対し、
「あんなものは昔から書いています。ぼくの小説を読んでいない連中が言っているんでしょう。本当はちょっと『炎上』狙いというところもあったんです」と明かす一方、

ぼくは戦争前から生きている人間だから、
韓国の人たちをどれだけ日本人がひどいめに遭わせたかよく知っています。
韓国の人たちにどうこういう気持ちは何もない」とも話している。

筒井さんはこれまで、社会的なタブーをあえて破る表現で論議を起こしてきた。

今回のブログやツイッターに対し、ネット上では「筒井さんの作風」と擁護する声がある一方、
「セカンドレイプにしか受け取れない最低な発言」「不謹慎の方向がおかしくなっている」「『下劣』としか評しようがない」などと批判が上がった。

韓国紙の朝鮮日報日本語版も「衝撃的な妄言」などと批判している。

筒井さんは過去には、教科書に載った小説「無人警察」のてんかんに関する記述が、「差別を助長する」として日本てんかん協会から削除や訂正を求められたことに反発。
「自分はブラック・ユーモアの文学的伝統を守ろうとしている」などと反論、1993年に「断筆宣言」をしたが、約3年後に断筆を解いた。

http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170407003822_comm.jpg
全文はURL先
http://www.asahi.com/articles/ASK473GJ1K47UCVL00C.html


123 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2017/04/07(金) 19:52:55.12 ID:0Z7yTvMy0

【話題】辛淑玉「筒井康隆、長い間ファンだった」「あまりにもヒドイ発言に涙が出てくる。人間としてダメだろう」[04/06] [無断転載禁止]©2ch.net・
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1491557817/



↓  ↓  ↓  ↓


【慰安婦問題】 日本の「慰安婦妄言」作家、筒井康隆の本、韓国で販売中止[04/07] [無断転載禁止]©2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1491556035/

1 名前:蚯蚓φ ★@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2017/04/07(金) 18:07:15.27 ID:CAP_USER
http://img.hani.co.kr/imgdb/resize/2017/0407/00502168_20170407.JPG
▲「モナドの領域>」

ウンヘンナム(イチョウ)出版は7日、慰安婦少女像と関連して自身のツイッターに妄言をアップした日本の作家、筒井康隆の国内出版小説<モナドの領域>の販売中断を決めた。

同社はまた、今年の下半期出版予定だった筒井の次期作<旅のラゴス>契約の解約を国内エージェントと日本著作権社に通知したと7日明らかにした。

同社は自社ホームページとSNSを通じて「作家の文学的成果とは別に、韓日関係と歴史を眺める作家の見解に大きく失望し、作家としてだけでなく一人の人間として彼の態度と資質について怒りと悲しみを同時に感じる」とし、<モナドの領域>販売を7日付で全面中断すると明らかにした。

去年の年末、国内出版された<モナドの領域>はこれまで1万7千部余り売れた。

イ・ジンヒ、イチョウ出版主幹は<ハンギョレ>との通話で「筒井の妄言以後、出版社側に読者が直接意見を明らかにしてはいないが、インターネット書店の図書紹介にコメントが走っている」として「出版社は昨日、妄言に接して即時、立場を決めてエージェントに通知し今日の公式発表をした」と明らかにした。

アニメ<時をかける少女>の原作者である筒井は6日、自身のツイッターに「長嶺大使がまた韓国へ行く。慰安婦像を容認したことになってしまった。あの少女は可愛いから、皆で前まで行って射精し、ザーメンまみれにして来よう」という文を載せた。

チェ・ジェボン選任記者

ソース:ハンギョレ新聞(韓国語) 「慰安婦妄言」日作家筒井本国内販売中止
http://www.hani.co.kr/arti/culture/book/789793.html

関連スレ:【慰安婦】筒井康隆氏が衝撃妄言、少女像を性的に侮辱[04/06]
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1491482805/



6 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[] 投稿日:2017/04/07(金) 18:09:51.86 ID:Kh1kLDGa [2/2]
村上春樹もこのぐらいのこと言えば
ノーベル賞なんか取れるのに。




7 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[] 投稿日:2017/04/07(金) 18:09:54.06 ID:SXzMo2hH
筒井康隆氏は 韓国人のために 小説を書いてない



120 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2017/04/07(金) 18:53:59.31 ID:X+bwhuHn
この爺さんは
B団体にも日本てんかん協会にも引かなかった
文字通り言葉狩りをするPTA連中とも戦ってきた
そこに武勇伝が加わるだけだな




238 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[] 投稿日:2017/04/08(土) 04:41:42.13 ID:6nIogPgy

dada @yuuraku
筒井康隆の朝鮮人嫌悪が
天王寺動物園前で朝鮮人集団に殴られて
高価な時計盗られたという
極めて大阪的な体験に基づいていることは
指摘しておきたい
(何度も恨み言書いてる

2017/4/6 19:47 Twitter for Android から
https://twitter.com/yuuraku/status/849936635013627904




【更新専用Twitter】丁寧でも礼儀正しくもない日記@amazingnippon

関連記事

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カレンダー ▼

最新記事スクロール ▼

最新コメント ▼

月別アーカイブ(タブ) ▼

カテゴリー ▼

タグ ▼

プロフィール ▼


現在の閲覧者数: