FC2ブログ

丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2

【自分から見て左側を応援するBlog】 (速報性無し) 真剣なヌースほどニヤニヤして読むのが『礼儀』です。リンク転載FREEEEE 

 
【!】当ブログの趣旨はプロフィールに長々と読む気を失くすように書いてあります。
「国会・慰安婦質問」で、
Twitter内検索から除外などされておりましたが
18/10/18の「ウイグル」記事をもって
更新反映してもらえなくなりました。




GOOD LUCK!!  
 【入国管理局/情報受付】  
  ・不法滞在者様お一人につき最高5万円までの通報者全プレ
  ・匿名通報可(全プレなし)
  ・写メ付通報、携帯通報先「 info-tokyo@immi-moj.go.jp
  ・電話通報 「03 5796 7256」
  ・受付毎日9時~17時(年末年始12/29-1/3除く)


★161130 熊本地震におけるピースボートに関した細かい情報が、「仕事の支障になる」とのことで一部削除致しました。
★171108 ぱよちん記事における「ご本人様」が御写真が恥ずかしいとのことで削除されておりました
@管理人

170823 【半島有事】 東亜の火薬庫

【韓国】“大韓民国崩壊”のシナリオ 外国人“脱出”始まり大混乱[8/12] [無断転載禁止]©2ch.net
http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1502518907/


1 名前:ねこ名無し ★@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2017/08/12(土) 15:21:47.86 ID:CAP_USER
実際の作戦計画を基に描く

韓国では「左派政権」が誕生し、保守勢力の瓦解に乗じて左派による“保守潰し”が始まっている。
朝鮮日報社が出す総合月刊誌「月刊朝鮮」(8月号)では「激動する韓半島」の特集を組んで、“大韓民国崩壊”のシナリオを載せた。

左派政権はいずれ北朝鮮軍を引き入れるだろうという予測の上に、その前段階で在韓米軍や日本人をはじめとする駐在外国人の“脱出”が始まる。
韓国民は何が起こっているのか分からず、やがてパニックになる、という近未来小説のようなシナリオだ。

保守陣営を代表する朝鮮日報社らしい企画ではあるが、これを単なるフィクションだと片付けるにはリアル過ぎる展開に背筋が凍るものがある。

記事は「左派政権の保守勢力に対する全面的な総攻撃が始まった」で始まる。
危機感が半端ない。

「大韓民国を支えてきた三つの軸である企業(財閥)、保守政党、正統保守メディアへの揺さぶりが本格化している。これは左派内部の首脳が以前から『永久政権』のためのプランとして準備してきたものだ」という。

北朝鮮のミサイル挑発に対して、米中をはじめとする国際社会は強硬姿勢で臨んでいる。
その中で、ひとり「対話」の幻想を抱いているのが文在寅政権だ。

北朝鮮の弾道ミサイルを防ぐための、言ってみれば、大韓民国の生存を懸けた防衛システムである「サード(高高度防衛ミサイル)」配備についてさえ、搬入路を「市民」が塞いで妨害する。
まるで「沖縄」から学んだ手法のようだ。

最初の記事を担当した趙甲済元月刊朝鮮編集長(現趙甲済ドットコム主宰)がとんでもないエピソードを明かす。
「米上院議員として情報委員会で長く活動し、
韓半島事情に明るい要人が、
私席で韓国人の知人に冗談半分本気半分で、
『あなたは北朝鮮の兄弟が誇らしくないですか?』

と問うたという。
北朝鮮労働党は道徳的には悪魔だが、少なくとも権力の論理が支配する政治では尊敬に値する点があるのではないか? という質問だった」

北朝鮮は世界中からの反対や阻止措置にもかかわらず、既に「核保有国」として認めざるを得ない段階に来ている。

趙氏は、「7月初めのICBM(大陸間弾道ミサイル)発射以後、米国では北朝鮮爆撃論が退潮して、交渉論が力を増している。韓米軍の戦略部署では何度も合同会議を開き、北朝鮮の核能力を軍事力で無力化させる案を検討したが、結論は『難しい』だった」と紹介する。

手をこまねいているうちに、北朝鮮は本当に核戦力を手中にするだろう。

前国防部報道官の金●(=王に民)●(=大の両脇に百)博士は、「北朝鮮の核能力を排除できる時間はノドン核ミサイルが実戦配備される前、すなわち今年中で、この時限を逃せば、北朝鮮の核疾走を阻止できず、結局は多様な種類の核爆弾とICBMを持った核強国になる」と予測した。

北朝鮮が核ミサイルを発射する兆候を米軍監視装置が捉える。
米大統領は「日本と英国の首相に直ちに電話するよう」命じる。
日本は既に正確で多くの情報を得ているようで、日本人退避計画を直ちに実施していた。

「23万人」といわれる在韓米軍家族や米国人はヘリコプターを乗り継いで金海空軍基地に向かい、輸送機で嘉手納へ退避する。
または高速鉄道に乗って釜山に逃れ、船舶で日本に渡ることになる。

グアムのアンダーソン基地からはステルス爆撃機が朝鮮半島の上空に飛来し、北朝鮮の爆撃目標に韓国空軍と共に向かう。
金正恩委員長を“除去”する「斬首作戦」を実行するためだ。
わずか1時間の爆撃で「北朝鮮の軍事目標物1016カ所」が地上から消える。

その他の在韓外国人らが仁川空港や金浦空港に殺到し、パニックとなり暴動が起きるが、警備員や韓国警察はなすすべもない……。

現在の左派政権が続けば、こういう状況となる、ということを実際の「作戦計画」や軍事力などを基に描いたものだ。
「北が南に(ミサイルを)撃ってくるわけがない」と思っている人々はこのシナリオをどう読むのだろうか。

 編集委員 岩崎 哲

http://vpoint.jp/world/korea/93312.html



69 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2017/08/12(土) 16:33:57.70 ID:voYbMQEQ [1/2]
外国人は早めに出国しないと出られなくなるかもな
拉致監禁とか奴等のお家芸だし。

74 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2017/08/12(土) 16:41:46.34 ID:rN9ovFlu
>>69
拉致は朝鮮の文化だからね
人質とって各国からの救援機に
「自分も乗せろ」って脅迫をすると思う


75 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[] 投稿日:2017/08/12(土) 16:44:27.05 ID:txmU0+dr [9/13]
>>74
「自分も」ではないよ
「自分を」だよ
外国人を全員引き摺り下ろして、自分たちが乗って逃走



76 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[] 投稿日:2017/08/12(土) 16:46:00.40 ID:27MO6WeB
統一を人任せにするなよ

80 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[>>] 投稿日:2017/08/12(土) 16:47:09.49 ID:BPmrpbef [3/4]
>>76
朝鮮人は何から何まで全部それだぞw



175 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[] 投稿日:2017/08/12(土) 19:57:12.69 ID:u2DJ1nme
韓国軍が戦わないなら下チョンごと爆撃でいい

176 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[age] 投稿日:2017/08/12(土) 20:00:40.96 ID:8DbbMqTo [5/5]
>>175
南下したら戦うしかないからな
アメリカは空爆
地上戦は韓国

【北朝鮮】「347万人が北朝鮮軍への入隊嘆願」 地元紙報道[8/12] [無断転載禁止]2ch.net
http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1502524319/




…………………………………………………………………………………

【世界日報】文在寅大統領が韓国海兵隊の実力を北朝鮮ではなく日本にぶつける命令を下しはしまいか 一抹の不安は残る[8/22] [無断転載禁止]©2ch.net
http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1503384603/

1 名前:ねこ名無し ★@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2017/08/22(火) 15:50:03.69 ID:CAP_USER

韓国の北西、黄海の南北軍事境界線に相当する北方限界線(NLL)に近い延坪島に取材に行った時、韓国海兵隊を間近で見る機会があった。
海兵隊は通常軍より訓練が厳しく、韓国動乱やベトナム戦争などでの戦功を誇る。

11月下旬の寒風吹きすさぶ島内を上半身裸で隊列を成し掛け声を上げながらランニングする様子につい見入ってしまった。
「これが北と戦う精鋭か」と思ったものだ。

その海兵隊が今月から日本海の鬱陵島(韓国慶尚北道)で中隊規模としては初の投入訓練を実施しているという。

今回の訓練には含まれないものの、
そもそもの目的の一つに有事を想定した
竹島(韓国名・独島)の“防衛”もあるそうで、
そうなると仮想敵国の一つは
日本ということになるのだろうか。


日本が竹島の領有権に言及するだけで、韓国は「またドクト(=独島)に対し挑発した」と過剰反応してきた。

北朝鮮が核攻撃能力をちらつかせ、トランプ米大統領がむきになった子供のように言い返す米朝の応酬がエスカレートする中、韓国は米国と定例の軍事演習を開始したが、対北抑止の重要さが分かっていても、いざ日本と軍事協力するとなるとまだ抵抗感が根強い。

まさかとは思うが、北朝鮮を「主敵」と明言することを避けた文在寅大統領が海兵隊の実力を北朝鮮ではなく日本にぶつける命令を下しはしまいか。一抹の不安は残る。

http://www.worldtimes.co.jp/column/80178.html



27 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[] 投稿日:2017/08/22(火) 16:03:34.01 ID:CeGJ5479 [1/2]
想定の範囲内だろw



36 名前:春うらら ◆G8Kknv1Es6 @無断転載は禁止[sage] 投稿日:2017/08/22(火) 16:07:13.76 ID:eKlAqO9g [1/2]
日本海渡れるのか?


…………………………………………………………………………………

【韓国経済新聞】韓国が米国防衛ラインから排除される「新アチソンライン」を心配 日本の韓国支配を容認した「桂・タフト密約」の過去 [無断転載禁止]©2ch.net
http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1503377480/

1 名前:ねこ名無し ★@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2017/08/22(火) 13:51:20.72 ID:CAP_USER

今年の韓米連合乙支フリーダムガーディアン演習に
参加する米軍兵力が30%も減った。
米国の原子力潜水艦など戦略資産動員計画もないという。


2日前まで韓国合同参謀本部議長は「訓練の縮小はない」と述べ、国防部は「昨年と似た規模で進める」と説明していた。
「北朝鮮の脅威に屈服した訓練縮小」という見方も出ている。

そうでなくとも外交舞台で韓国が疎外される「コリアパッシング」の懸念が広がり、さらに在韓米軍撤退論など敏感な懸案が重なっている状況だ。
米国と日本、中国、北朝鮮の水面下交渉から韓国が除外されるという警告が続いている。

韓国が米国防衛ラインから排除される「新アチソンライン」を心配する声も聞こえる。
日本の韓国支配を容認した「桂・タフト密約」の痛恨の過去を思い出す人も多い。

アチソンラインとは、1950年1月にアチソン米国務長官が米国のアジア太平洋防衛ラインをアラスカ-日本-沖縄-フィリピンに定めたものだ。
韓国の安全を保障しないと受け止めた金日成主席の誤った判断で5カ月後に韓国戦争(朝鮮戦争)が勃発した。

先週の日米外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)で、ティラーソン米国務長官は「日本の安保を強化するための対話に焦点を置いた」と述べ、韓国を豪州・インド、その他の東南アジア国とともに「地域パートナー」と表現した。

マティス国防長官も韓国と歩調が合わない現実を間接的に指摘しながら韓米連携の強化を注文した。

日米の首脳はいつよりも近い。
北朝鮮の「グアム包囲射撃」威嚇当時、トランプ大統領は安倍首相と直ちに電話会談した。
北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)試験発射をした時もトランプ大統領と安倍首相は緊急電話会談をした。

当時、韓国大統領は夏季休暇中だった。
青瓦台は米国と十分に協議していると釈明したが、「コリアパッシング」の懸念を払拭することはできなかった。

このままでは第2の桂・タフト密約を心配しなければいけないという声も出ている。
1905年、日本の桂太郎首相と米国のウィリアム・タフト陸軍長官が日本の韓国支配と米国のフィリピン支配を相互承認してから5年後、韓国は日本に強制併合された。

「アジアの平和」を前面に出したこの密約でセオドア・ルーズベルト大統領はノーベル平和賞を受け、タフト長官は第27代米国大統領になった。

外交専門家らは「今後、米国中心の海洋勢力と中国中心の大陸勢力がぶつかる過程で韓国はいつ犠牲になってもおかしくない」と指摘する。
韓国政府が言葉と行動が異なる綱渡り外交を続ければ、1世紀前、67年前の悲劇を繰り返す可能性があるということだ。

この渦中に日本は来年の防衛費を5兆円以上増やすことにした。
外交は言葉だけでするのではない。自強のない国は未来もない。

コ・ドゥヒョン/論説委員

※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

http://japanese.joins.com/article/561/232561.html



71 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[] 投稿日:2017/08/22(火) 14:36:01.47 ID:jwzRrYeD [4/5]
韓国が砂上の楼閣?
その砂上の楼閣に製造業で負けている国は、妄想の楼閣でしょうか

78 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2017/08/22(火) 14:38:04.72 ID:jwzRrYeD [5/5]
>>71
日本はあらゆる指数で、実は先進国から脱落しつつあるね
もう発展途上国レベルになっている指数もたくさんある

G7に日本が入っていることに、違和感を感じている欧米の識者は多い
日本の代わりに、中国を入れたほうが、世界経済のためにもなるってさ

93 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[] 投稿日:2017/08/22(火) 14:42:27.00 ID:x1X1CFDc [4/4]
>>78
また、GDPだけで物を語るチョンかいW

すでに何度も指摘されてるが、GDPは国内生産分だけだぜ。
日本企業の半数は海外進出済み。

したがって、海外資産額を確認せねば、日本の正確な経済力は分からない。
その「海外保有資産額」では、日本はこの30年間、ずっと世界一の地位に就き続けているんだよ。

125 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[] 投稿日:2017/08/22(火) 14:53:39.43 ID:Guxb1Nek [3/6]
>>93
こんなのあるしなぁ

【環球時報(電子版)】日本問題専門家が語る、「誰も知らない1.8個分の日本」

支那商務部研究院の報告によると、日本経済には「失われた20年」は存在しない、
日本はこの20年で「海外資産は40倍、海外純資産は60倍増加」
なおかつ「世界最大の債権国」になっている。
日本をあなどってはならない、と。

日本経済は20年間、成長が止まり低迷しているというものだが、これは全くの誤解である。
実は、日本経済には「失われた20年」は存在しない。
1985年のプラザ合意後、円は2.4倍も切り上がった。
つまり資産が2.4倍に膨らんだのだ。

株や不動産の価格も2.4倍になったのだが、
政府の支持と指導の下、これらの資金はまた、海外へも投資されたのである。
日本は1987年末、国内の株や不動産取引への融資は規制したが、
海外投資分については低利の融資を許した。

その結果、この20年で、日本の海外投資額は、国内投資額の1.8倍にも膨れ上がった。
海外資産は40倍、海外純資産は60倍に増加。
世界中のすべての市場、業界で日本マネーを見ることができる。

こうした状況の下、日本国内の経済成長も緩慢ではあるが、
20年間ほとんどマイナス成長が見られなかった。これだけですでに奇跡だといえる。

この20年は日本にとって「失われた20年」ではなかったのだ。
むしろ、「海外で高度成長を遂げた20年」といって良い。
巷間、「日本は海外に『1.8個分の日本』を持っている」という例えが用いられる。
日本は世界最大の債権国となっているのである。

今回、日本国債が格下げになったが、
世界最大の債権国が国債を返済する能力がないなんて、全くのナンセンスである。
「1.8個分の日本」と言われるだけあり、日本には長年積み上げてきた財産がある。
今後の経済のグローバル化で一番得をするのは日本だろう。





150 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2017/08/22(火) 15:03:20.60 ID:Wg7spRoF [6/6]
むしろ米中の間で
21世紀の桂タフト協定が結ばれる
心配をした方がいい




180 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[] 投稿日:2017/08/22(火) 16:03:16.31 ID:3CWOKDKm

この密約でセオドア・ルーズベルト大統領はノーベル平和賞を受け
タフト長官は第27代米国大統領に



当たり前だろ、
日清日露の戦争は
朝鮮半島のバカどものせいで
起きたんだからな。


181 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[] 投稿日:2017/08/22(火) 16:05:18.61 ID:pxEHGFd9 [4/4]
>>180
当時としては東洋の火薬庫を平定して
米英露直接対決の火種を抑えたと
そりゃ世界平和に貢献したとされるわw



↓  ↓  ↓  ↓


【鈴置高史】「世界の敵」とスクラムを組む韓国 「中立宣言」は中立で終わらない[8/22] [無断転載禁止]©2ch.net
http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1503328603/

1 名前:ねこ名無し ★@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2017/08/22(火) 00:16:43.20 ID:CAP_USER [1/4]

韓国が「平和」を名分に掲げ「中立」に動く。
それは「北朝鮮との共闘」の入口だ。

「裏切り」に質問が集中
北朝鮮のグアムへの威嚇を期に、
韓国が「有事の中立」を宣言しました。


鈴置:8月15日、文在寅大統領が
「光復節」の祝辞ではっきりと、
米国による北朝鮮への先制攻撃は
許さないと宣言しました。


青瓦台(韓国大統領府)の「第72周年光復節祝辞」のその部分を翻訳・引用します。

・朝鮮半島で再び戦争を繰り返してはなりません。
 朝鮮半島での軍事活動は大韓民国だけが決めることができ、誰も大韓民国の同意なくして軍事活動はできません。
・政府は何があっても戦争だけは止めることでしょう。
 
米国が先制攻撃する際、韓国はそれを止めるし加担もしない、との宣言です。

「中立宣言」に米国はどう反応しましたか?

鈴置:8月15日の国務省の記者会見で「韓国の裏切り」に質問が集中しました。
報道官は初めは明確な答えを避けていました。
が、記者の執拗な質問により、最後は「北朝鮮と戦わない韓国」への疑問を、暗示的にではありますが口にすることになりました。

しどろもどろの報道官
報道官が文在寅演説に関するコメントを避けたのはなぜですか?

鈴置:米国にとって「中立宣言」は明らかな裏切りです。
でも、韓国への怒りを表明すれば「米日韓」の対北朝鮮包囲網が崩れたことを認めることになってしまいます。

国務省の「Department Press Briefing-August 15, 2017」から関連部分を拾います。
記者が突っ込むごとに、ナウアート(Heather Nauert)報道官がしどろもどろになっていくのが分かります。

会見ではまず、北朝鮮のグアム沖へのミサイル発射計画などについて質問が出ました。
続いて、文在寅大統領の「韓国政府の許可なくして誰もが軍事行動できない」との発言に関する質疑に移りました。

ある記者が「それに対する米国の立場は?」と質したのです。
報道官は「米韓はいい関係を持っている」「仮定の質問には答えられない」などと誤魔化しました。

すると記者が「金正恩が韓国を奇襲攻撃したら、米国は軍事行動に出るのか」とたたみかけました。
それに対し報道官は「韓国は同盟国である。我々は韓国を守る」と答えました。このやりとりの原文は以下です。

質問: What if North Korean Kim Jong-un sudden attack South Korea? Can the United States engage in this military action?
報道官: As you know, South Korea is an ally of ours; and as we do with our allies and friends, we pledge to protect them as well. Okay?

韓国の許可が要るのか

当然の答えですし、こう答えなかったら問題です。
でも、会見場でこれを聞いた記者たちは「米国は韓国を守るというのに、米国が米韓共通の敵を攻撃するのを韓国が邪魔すると言い出した。韓国はいったい何を考えているのか。米国はそれを許すのか」と疑問を膨らませたことでしょう。

ナウアート報道官はこの率直な疑問に対し、何らかの答えをせざる得なくなりました。
記者の作戦勝ちです。

この後いったんは、北朝鮮に対する中国の姿勢などの話題に移りましたが、また「文在寅発言」に話が戻されました。

「米国の(北朝鮮に対する)
いかなる攻撃に関しても、
韓国の許可が要るのか」

との、本質を突く質問が出たのです。
ナウアート報道官は「外交的な問題でもあるが、国防総省も絡む問題だ。直ちには答えられない」と答えました。

質問: It’s not really a hypothetical. What do your agreements with South Korea say? Do you have to get their permission to launch any sort of strike?
報道官: Some of those things are diplomatic conversations and some of those would involve the Department of Defense, so I just don’t want to get into that. Okay.

国防総省とたらい回し
どこかで聞いたような答えですね。

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/226331/081800120/

2 名前:ねこ名無し ★@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2017/08/22(火) 00:17:05.00 ID:CAP_USER [2/4]

鈴置:米軍制服組のトップ、ダンフォード(Joseph Dunford, Jr.)統合参謀本部議長が8月14日、ソウルの記者会見で同じ質問を受け「それは政治的な決定となることだろう」などと答えています。

米政府は「この手の質問にはこう答える」と、応答要領を定めているのでしょう。
国務省が聞かれた時は「国防総省も関係するから」、国防総省が聞かれた時は「政治的な判断も要るから」と言い訳し、答えを避ける仕掛けです。

ただ、この日の国務省担当記者は誤魔化されませんでした。
報道官の「韓国は米国の重要な同盟国だ。米国は韓国を守る」という言葉に付け込んだのです。

記者は「金正恩が韓国を攻撃したら、米国は戦争に巻き込まれると思われる。というのに文在寅大統領は朝鮮半島の戦争は望まないと演説した。彼の真意が分からない」と重ねて聞きました。

報道官は「あなたの質問の意味が分からない」とか「日本もそうだが、誰も戦争を望まない」などと、はぐらかそうとしました。

質問: -- very confuse about President Moon remark yesterday, because U.S. and South Korea is alliance. But he not want to be war in Korean Peninsula, but however U.S. supposedly involved with war when the North Korean Kim Jong-un attack the South Korea. But why he discourage it, but --
報道官: I’m sorry. I didn’t understand the last part.
質問: President Moon doesn’t want a war in the Korean Peninsula, but --
報道官: President Moon doesn’t want that. Japan doesn’t want that.

北朝鮮には全世界が懸念

さらに「誰もが戦争を望んでいない」ことを強調するためでしょう。
「金正恩への非核化要求は国連安保理の全会一致の決定だった。世界の我々の友人、同盟国、パートナーにとって最も重要なことなのだ」とコメントしました。

報道官: It’s a priority, obviously, at the United Nations and the UN Security Council, where they had the unanimous vote on that matter. It’s a top issue for our friends and allies and partners around the world

これを聞いた記者は「しめた」と思ったに違いありません。
直ちに「だったらこの問題は米朝間ではなく韓国の問題だ。だのになぜ、文大統領は他人事のように語るのか」と切り返したのです。

質問: But this is not at all between U.S. and North Korea problem. This is ? the actually problem is that the South Korea, in fact. But Moon thought this is your guys’ problem. That’s not ? how did you think about ? this --

報道官はまたしても「質問の意味が分からない」と逃げましたが「これが米朝間の問題と考えているのか?」と再び聞かれると、逃げようがありませんでした。

ナウアート報道官は「北朝鮮と全世界の間の問題だ。米国だけが金正恩体制に懸念を表明しているわけではない」と答えたのです。

質問: -- between the U.S. and North Korea problem. Do you think this is between the U.S. and North Korea problem?
報道官: Is this issue between the United States and North Korea? No. This is between North Korea ? this is between North Korea and the world. It is not the United States standing here alone expressing concern about the activities of Kim Jong-un’s regime.

「まともではない国」をかばう国

このやりとりを聞いたり、読んだ人は「北朝鮮の核問題は世界的問題だ。なのに、もっともその脅威の下にある韓国が北に立ち向かおうとしない」との印象を深めたことでしょう。
米国務省の定例ブリーフは世界の外交関係者の必読サイトです。影響力は極めて大きい。

そしてこの後、ナウアート報道官は
予定していなかったと思われる発言をしてしまったのです。

報道官は「いい機会だから言っておく」と切り出したうえ、
北朝鮮を「自由でも公正な国でもない」
「国民に十分な食料も与えない」
「移動の自由もない」
「自らの国民を飢えさせ、強制的に堕胎させている」
「収容所で国民を強制労働させる」と、口を極めて非難したのです。


長くなりますが、原文を以下に引きます。

(続く)

3 名前:ねこ名無し ★@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2017/08/22(火) 00:17:21.96 ID:CAP_USER [3/4]
(続き)

報道官: And by the way, it’s a good opportunity to remind people what it’s like for North Koreans to live under that regime. Okay. That is not a free and fair country. It is not a country where people have ample food, opportunity.
 It’s not a country where people can come and go as they please. It’s a country where they’re starving their own people; they’re engaged in forced abortions. Pardon me for talking about that, but that is a very grim reality there, where people are living in labor camps, it’s under horrific situations.

北朝鮮が人権蹂躙国家であることは
ニュースではありません。
でも「中立宣言」が議論された直後に
それを聞かされた人は、
韓国という国にますます首を傾げたでしょう。


「人権を平気で蹂躙する危険な国が今、核武装しようとしている。
そんな『世界の敵』を、なぜ韓国はかばおうとするのか」

――と思うのが普通です。

威嚇なしで核は手放さない

文在寅大統領は単に「戦争を望んでいない」のでは? 「北をかばう」とは言い過ぎではありませんか?

鈴置:今「米国の先制攻撃を止める」と語れば、却って戦争を呼びかねません。文在寅大統領が主張するように、話し合いにより北朝鮮が核を放棄すれば一番いい。

でも、話し合いで金正恩委員長が核を放棄する可能性はほぼない。
核保有国になること自体が目的だからです。
核を放棄すれば金正恩体制は大きく揺らぐ。そんな道を自ら選ぶわけがない。

そう判断したからこそ米国や日本など西側の国は、国連による経済制裁と「軍事的手段も辞さない」との米国の威嚇によって強引に――最後の段階は話し合いになるかもしれませんが――核を放棄させようとしているのです。

そんな時に韓国が「米国に戦争はさせない」と言い出し、
軍事的な威嚇に歯止めをかけようとする。
北がいやいやでも核を手放す可能性を
韓国が減らそうとしている――と米国や日本は見ます。

「自分まで届く核を持った北」を米国が見逃すわけはありません。
少なくとも、軍事行動への動機を強めます。


「韓国の中立宣言」が
戦争の危険を増すことになるのです。


平和を叫んでも平和は来ない

「戦争反対」と言えば戦争がなくなるわけではない……。

鈴置:まさにその視点で、保守系紙、東亜日報と朝鮮日報は文在寅演説を厳しく批判しました。
両紙ともやり玉にあげたのは冒頭に引用した、そして米国務省の会見で質問が集中した「戦争だけは止める」部分です。

東亜日報の8月16日の社説「『不安な平和』ではなく『堂々とした平和』を目指せ」(韓国語版)で、次のように主張しました。

・朝鮮半島に戦争の惨禍が起きては絶対にならない。
 しかし「不安な平和」ではだめだ。
 当面は北朝鮮の挑発による戦争の防止が重要だとしても、北朝鮮が自ら核を放棄せざるを得なくするようにすべく、国際社会と一緒に最後まで圧迫せねばならない。


 ここで軍事的圧迫を緩めれば、北朝鮮に核を持たせてしまうではないか――との悲痛な叫びです。

この社説は結論部分で
「『核には核で、挑発には報復で対応する』との原則の下、
強力な対北抑止力を確保せねばならぬ」と、
国民に核武装を呼びかけました。


大統領の「戦争絶対反対」宣言が、
韓国の核武装論を加速したのです。


朝鮮日報の社説「対話では北の核を放棄ができないというのに、いったいどうするのか明らかにせよ」(8月16日、韓国語版)のポイントも引用します。

・「戦争反対」とか「平和的解決」などの言葉は確かに間違ってはいない。
だが、それにより北朝鮮の核廃棄ができない場合、
大韓民国の5000万人の国民は金正恩の核の奴隷として生きていくしかない。
そうでなければ他にどんな方法があるというのか。



「お人好し」か、それとも……

文在寅大統領の真意は?

鈴置:韓国の左派は大統領を「平和の使者」と素直に称賛しています。
米国の先制攻撃に歯止めをかけさえすれば戦争は起きない、という理屈でしょう。

「韓国だけが朝鮮半島の軍事行動を決めることができる」との大統領の演説を聞いて快哉を叫んだ「普通の人」もいたことでしょう。
韓国では「自分の運命がかかる北の核問題で、自分たちは一切口出しできない」との不満が溜まっていたからです。

4 名前:ねこ名無し ★@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2017/08/22(火) 00:17:33.02 ID:CAP_USER [4/4]

それに「戦争時の韓国の被害は膨大なものになる」と信じられていますから「戦争が避けられる」と、ほっとした人も多いと思います。
先ほど述べたように、それは必ずしも正しい判断ではないのですが。

一方、保守には2つの見方があります。
まずは、大統領は軍事的な圧力なしで北朝鮮が核を放棄すると考えている、との「お人好し」説です。

文在寅大統領は6月20日、米CBSのインタビューで「金正恩の核武装計画は『はったり』に過ぎない。本心は対話を望んでいる」と語っています。
保守派のもう1つの見方は、米国に軍事的な圧力を緩めさせることで北朝鮮の核武装を幇助する「北のシンパ」説です。

核を持ったまま「南北共闘」

「北のシンパ」ですか!

鈴置:朝鮮日報は先に引用した社説で、「大統領に対する疑念」を匂わせています。以下です。

・文大統領が米国の軍事的な措置を防ぐ確実な堤防になってくれれば、南を完全な核の人質にできたと(北朝鮮は)自信を深めることだろう。



韓国人は核の人質になってもいいのですか?

鈴置:韓国の左派には「北朝鮮は同族の国である韓国には
核兵器は使わない」と信じる人が多い。
さらに、北が核を持ったまま南北が和解すれば、
北の核兵器は周辺大国ににらみを効かす「民族の核」になる、とも考えています。

文在寅政権は核兵器保有国には
必須の運搬手段である原子力潜水艦の保有に熱心です。
北朝鮮は核弾頭を開発できても、原潜を作る能力はない。
それなら韓国がその準備をしておこうと考えているのかもしれません。


韓国の「中立宣言」は戦争を避けるための中立に留まらない、という話ですね。

鈴置:一見、中立。でも良く見れば「南北共闘」。
ナウアート報道官が人権状況を非難することで北朝鮮が「世界の敵」であると強調したのも、それを牽制するためだったかもしれません。

(次回に続く)



35 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2017/08/22(火) 01:30:39.76 ID:NtvpKiAu
もうすぐに韓国の国譲りの儀式がみられるね。
韓国が徴用工の問題を蒸し返し、
建国を1919年に設定しているのも
日韓基本条約の破棄が目的だ。

それには、北朝鮮が朝鮮半島の唯一の正統国家として、
韓国を吸収し国交未締結状態に戻して、
核戦力で日本・アメリカと国交正常化交渉をする。

この条件で第二次大戦後の処理をやり直すつもりだから、
文政権には、北朝鮮主導の緩やかな統一をするため、
アメリカの先制攻撃を妨害し、
ICBMの完成とアメリカ・北朝鮮の直接交渉まで中立に振舞い続ける戦略だ。


44 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2017/08/22(火) 01:58:45.42 ID:9uW9W0xI [1/2]
>>35
おおーなるほどなあ。
北朝鮮主導の統一で韓国という国がなくなってしまえば
日韓基本条約もなくなるって寸法か。
もともと「北朝鮮は同胞、北朝鮮の核は再統一後韓国の核になる」
という韓国国民の密かな期待については以前から聞いていたが
それを戦後賠償の再交渉につなげる事ができるわけだな。

まったく人倫にもとる最悪の思考だが実現すれば朝鮮の大勝利だな。

45 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[] 投稿日:2017/08/22(火) 02:09:11.82 ID:Guxb1Nek [3/4]
>>44
アホか、小泉政権時の平壌宣言どーり
核放棄がなければ
びた一文金なんか出ないぞw


54 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[] 投稿日:2017/08/22(火) 02:25:37.68 ID:sYlPqdFG [4/7]
>>44
>それを戦後賠償の再交渉につなげる事ができるわけだな。

朝鮮脳ではそうなってるだろうけど、
半島は「無主地」になるわけだから、交渉相手が存在しない。
なので、アメリカなどが占領しても合法になる。

59 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[] 投稿日:2017/08/22(火) 02:35:34.84 ID:Guxb1Nek [4/4]
>>54
ドイツであれだけ統一には苦労してんだ
南朝鮮人が耐えられるわけない。
内戦だろw

64 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[] 投稿日:2017/08/22(火) 02:41:15.32 ID:DFKla4xN [1/3]
>>59
李朝ってよくもってたよな?
シナの傘被ってたからなんだろうか。

66 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[] 投稿日:2017/08/22(火) 02:44:08.49 ID:sYlPqdFG [6/7]
>>64
王朝としての運営は全くのダメダメで、シナに無心してばかり。
息子の葬儀に、王朝予算の2年分使うとかね。



165 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[] 投稿日:2017/08/22(火) 16:17:19.68 ID:HlW7FIKD
バノン氏が北と戦うわけない、
と本当のことおもらししちゃって

更迭されたから、そういうことなんだろうと思う。


…………………………………………………………………………………

【国際】「日本兵は強く、忍耐深く、紳士的だった」寄せ書き日の丸返還した93歳元米兵 称賛と感動の声 韓国を揶揄する意見も[8/22] [無断転載禁止]©2ch.net
http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1503365582/


37 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[] 投稿日:2017/08/22(火) 11:01:58.41 ID:HQbDjPNn
極度の人種差別主義者であるルーズベルトと
共産主義者の側近たちが巻き起こした戦争。

犠牲になったのはアメリカ人と日本人。
朝鮮人は、終戦まじかになるまで徴兵されなかったよね。

51 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2017/08/22(火) 11:11:23.60 ID:U79Pr+rc [6/7]
>>37
台湾の先住民は兵士にしていた 
密林での戦闘力が驚異的だったことと、
人として本当に信頼できる人々だったからね 

朝鮮人は物資の補給にまわってたけど、
それも途中でかなり自分たちで消費するし
届けるの遅いしでダメだったようだね
オーストラリアに残ってる記録を読むと


…………………………………………………………………………………

【国際】北朝鮮のICBM保有で見落とされている大問題 イラン、パキスタン、シリアなどとの連携で欧州も核の脅威下に[8/22] [無断転載禁止]©2ch.net
http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1503357414/

1 名前:ねこ名無し ★@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2017/08/22(火) 08:16:54.84 ID:CAP_USER [1/4]

いまほぼ米大陸全土に届く北朝鮮のICBM(大陸間弾道ミサイル)の配備が来年にもされると報じられ、米国の日韓など北東アジア同盟国に対し、これまで保障してきた拡大核抑止の信頼性について、今年8月の日米外務防衛担当閣僚会議でも、米国による核抑止力を含む対日防衛義務の履行について再確認された。

逆にこのことは、改めて再確認しなければならないほど拡大抑止の信頼性がいま問われることを示唆している。
なぜ、このような事態に至るまで、日米韓などの関係国や国際社会は、北朝鮮の核兵器とミサイルの開発を阻止できなかったのであろうか。

その原因を探るには、歴史の教訓に学ばねばならない。

北朝鮮の核とミサイルの開発の歴史
北朝鮮の核とミサイル開発の歴史は、建国当時にまで遡るものであるが、特に核開発が表面化し、国際社会の注目を集めるようになったのは、1980年代の末頃からである。

その後、1994年のKEDO(朝鮮半島エネルギー開発機構=Korean Peninsula Energy Development Organization)の枠組み合意により、危機は一時回避されたかに見えた。
しかしその裏で、北朝鮮はパキスタンからウラン濃縮技術を導入し、プルトニウムに替わる核分裂物質入手の道を確保しつつあった。

さらに北朝鮮は、イランとパキスタンにノドン、スカッドなどを輸出し、外貨を稼ぎあるいはイランから石油を輸入するなど、経済的利益を得ながら、ミサイルの共同開発を促進した。

他方、イランとパキスタンは「ノドン」を原型とする一連の弾道ミサイルの開発と発射に成功している。
さらに北朝鮮と両国は、核兵器開発でも協力関係を深めた。

北朝鮮は、パキスタンからアブドゥル・カディール・カーンのネットワークを通じて核技術あるいは遠心分離機などの核兵器生産関連の資器材等を導入し、イランとは核実験に立ち会わせ核実験のデータ交換なども行ったとみられる。

このように、国際社会が、北朝鮮の他の核保有を目指す友好国との協力関係の可能性を過小評価し、核拡散を見逃していたことは、結果的に北朝鮮の核保有を事実上許すことになった。
その意味で、国際社会の核不拡散努力に抜かりがあったと言える。

国際社会はなぜ北朝鮮を止められなかったのか?

1980年代末に北朝鮮の核開発が国際社会に発覚して以降の、特に米国との交渉経緯をみると、北朝鮮が破局の寸前まで何度もチキン・ゲームを米側に強いながら、緊張の極点で融和策を打ち出し、
結果的に米国、韓国側から、朝鮮半島の非核化、米国による武力攻撃と武力による威嚇の放棄など、一方的な譲歩を引き出すことに成功している。

このような瀬戸際外交の成功を許したことも、米韓側の外交に主動性と一貫性が欠けていた結果と思われる。

特に制裁について、何度もIAEAの査察受け入れをめぐり北朝鮮側と対立しながら、決定的な証拠を確認できず、結果的に北朝鮮側の時間稼ぎを許したことも失敗であった。
このような事態を避けるには、IAEAなどの国際査察機関の権限と能力を強化する必要があることは明らかである。

また中国の対応が必ずしも一貫せず、北朝鮮に対する決定的な制裁を行わず体制の温存を優先したことが、国際的な制裁の効力を無効化し、北朝鮮の核とミサイル開発を中止させられなかったことの一因となった。

ただし、中国としては、米韓に対する緩衝国としての北朝鮮を維持することは必要不可欠であり、食料やエネルギーを完全に禁輸し北朝鮮を崩壊させることもできないとも言える。
そのため、北朝鮮に対する経済制裁には限界が伴うことは避けられない。

もっとも本質的な問題は、米国が北朝鮮に対する軍事制裁を検討した際に、50万人の兵力を増派し、数万人から数十万人の犠牲者を覚悟しなければならないとの見積もりが出たことである。

このような大規模な損害を、米国が朝鮮半島の非核化を強要するために払うことに対する信憑性は、低いとみられる。その結果、拡大抑止力は核使用を伴わない場合でも、高くはならなかった。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50782

(>>2以降に続く)

2 名前:ねこ名無し ★@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2017/08/22(火) 08:17:15.28 ID:CAP_USER [2/4]
(>>1の続き)

米韓軍の核使用に対して、限定的とはいえ北朝鮮にも核その他のWMD(核・生物・化学などの大量破壊兵器)による報復能力が在韓米軍、在日米軍や韓国軍に対しては保有している可能性は高い。
また中国が介入すれば、核エスカレーションの恐れがないとは断定できない。

このようなエスカレーションの恐れを考慮すれば、拡大核抑止については通常戦力以上に信頼性は低くなる。

そのため、通常戦争の犠牲者があまりにも膨大と見積もられれば、たとえ最終的に勝利できるとみられても、核大国が拡大抑止の誓約履行のために、そのような膨大な犠牲を払う決心をするとはみられず、拡大抑止の信頼性は低下することになる。

北朝鮮の核保有を軍事的に阻止できる機会であった1993年から94年の時期でも、米軍の核兵器および通常兵器による拡大抑止に信頼性を持たせることは能力上というよりも、大量の犠牲を伴うため政治上できなかったというのが正確であろう。

ただし、米側の能力と意志の誇示は、金日成の米朝協議呼びかけとKEDO枠組み合意を引き出し、それなりの効果を上げたと言える。
しかしながら、そのときすでに北朝鮮は、米国など国際社会の目を欺きながら、秘密裏に友好国と核保有のためのウラン濃縮という次の一手を打っていたのである。

その意味でも、外交戦あるいは情報戦において、米国は敗れたともいえる。
そのため、北朝鮮の実質的な核兵器と弾道ミサイルの開発を阻止できず、米国の拡大抑止の信頼性はそれだけ低下する結果になったと言えよう。

問われる日本の対応

日本としては、このような北朝鮮の核・ミサイル開発に懸けてきた意思とそのリスクを肝に銘じ、実効性ある対応策を採らねばならない。

特に、ICBM完成の目前に来ている現状では、国際的な経済制裁や外交交渉では、北朝鮮は核・ミサイル開発を放棄することは、ありえないとみるべきであろう。
来年中にはICBMが実戦配備されることは、まず間違いがない。

米国のドナルド・トランプ大統領は、北朝鮮がICBMを配備することは「あり得ない」とし、今年8月には、戦争の可能性すら示唆している。
米朝関係はかつてなく緊張度が高まっているが、北朝鮮の各種の弾道ミサイルの攻撃の主な対象は、在日米軍基地であろうと米国や韓国の専門家の多くはみている。

北朝鮮にとり、征服対象である韓国は通常の砲兵・多連装ロケットなどの戦力で制圧でき、核攻撃を加えて無用の破壊をする必要ないとみられている。

日本としては、単に受動的に米国とのミサイル防衛システムの共同運用・情報交換、日米共同訓練の強化などに止まることなく、より自立的な防衛態勢の構築に国力を挙げて取り組まねばならない。

中でも、まず核・化学弾頭の着弾を想定した、緊急時の民間力の活用、予備自衛官の増強、核シェルターなどの民間防衛態勢の強化により、国民を核・化学攻撃の被害から守り抜く態勢を確立しなければならない。

また、米軍の即時来援を期待できず、1カ月半以上独力で日本を防衛せねばならない事態を前提として、米軍に依存することなく日本の国土と国民を守れるに十分な態勢をとらねばならない。

そのためには、核兵器を搭載した原子力潜水艦の保有、敵基地攻撃能力とそれらと一体となった指揮統制・通信・情報・警戒監視・偵察能力の向上がまず求められる。
独自の核兵器の保有は、自衛的な潜水艦搭載型の弾道ミサイルが望ましい。

それができなければ陸上配備の核搭載移動式固体燃料弾道ミサイルの保有が必要である。
それらを建造配備する能力を日本は保有している。英国に倣い、米国との兵器システムの共有を図り、日米韓の核のデカップリング(拡大抑止の破綻)を防止すべきであろう。

また、核・ミサイル攻撃から残存しかつ継続して戦い抜ける軍事的能力、特に基地の警護能力の強化、地下化と分散化、燃料・弾薬・ミサイルの備蓄、有事の装備品生産力の強化などに努めなければならない。

これらの施策を実現するためには、防衛予算をNATO(北大西洋条約機構)並みに、2020年頃までにGDP(国内総生産)に対し2%程度まで防衛費を増額しなければならないであろう。
それができなければ、国土国民の一部が、北朝鮮とその背後にいる中露の核恫喝の前に、屈する可能性が高まる。

(続く)

3 名前:ねこ名無し ★@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2017/08/22(火) 08:17:32.36 ID:CAP_USER [3/4]
(続き)

ICBMと核兵器の世界的な拡散の脅威

今後北朝鮮がICBMと核兵器技術を完成すれば、
日米欧など既存秩序の受益国に対し挑戦的な諸国である、
パキスタン(核保有国だがICBMは未保有)、
イラン(核兵器開発疑惑国)、
シリア(原子炉を北朝鮮から導入したがイスラエルには破壊された)

などへの核兵器、ICBM技術の拡散が進む可能性がある。

これら諸国は核ミサイル保有を目指してきた過去があり、北朝鮮から核兵器とミサイルを導入する動機も持っている。

北朝鮮にとっては、これら諸国との軍事協力関係を強化し、間接的に米軍の圧力を弱め、韓国に対する軍事バランスを有利にするとともに、ミサイルなどの輸出により外貨を獲得し、国内外での威信と影響力を高めるなどの効果が期待できる。

核ミサイルの拡散が進めば、欧州やインド半島はこれら諸国のICBMの脅威に新たにさらされることになる。
米国は欧州やインド半島に対しても、通常兵力、核戦力両面での抑止力と対処力の強化を迫られる。

米国にとり戦略的利益の点では、北東アジア正面よりも欧州・中東正面が重視されてきたことは、2度の世界大戦の経緯や冷戦期の政策でも明らかである。

いま欧州では、中東・アフリカからの難民の流入に伴い域内に潜入したテロリスト、および国際テロ組織の感化を受けた国内のホームグロウン・テロリストの脅威が深刻化している。
EUの経済的財政的な問題も深刻化しており、欧州全体の秩序崩壊は今後も進行する可能性が高い。

このような欧州の現状に加えて、イラン、シリアなどが、欧州まで届く中距離弾道ミサイルだけではなく、米本土にも届くICBMを保有すれば、米国が欧州に保証している核と通常戦力の拡大抑止も信頼性が低下する。

米国がアジア・太平洋と欧州・中東の両正面からICBMの脅威を受ける事態になれば、世界的な戦力バランスに極めて深刻な影響を与えるであろう。
日米欧など既存の秩序を維持しようとする海洋中心の国家群は、存亡に関わる安全保障上の深刻な危機に直面するであろう。

中東へのICBMと核兵器の拡散があれば、NATOにとってはロシアとの戦略バランスの維持も重要性が増してくる。
ロシアはウラジーミル・プーチン政権の下、イラン、シリア、トルコなど中東諸国に対し、軍事面を主に支援を行い勢力圏の維持拡大を図ってきた。

ロシアの中東諸国や北朝鮮など北東アジアに対する軍事、非軍事両面での支援や影響力の拡大を封じ込めることが、グローバルなバランス・オブ・パワーを維持するうえで、死活的に重要になる。

ロシアの経済規模は韓国並みであり、経済的には脆弱である。ロシアの軍事力の増強・近代化にも限界がある。
封じ込めのため、経済、貿易面での融和策と軍事力の増強による圧力強化を併用し、ロシアの覇権拡大政策の転換を迫る余地はあるかもしれない。

アジア・太平洋正面での中国の影響力拡大についても、封じ込めの必要性がさらに高まる。

中国のパキスタン、イラン、シリア、北朝鮮などの諸国への軍事、非軍事的支援、および中印国境、南シナ海、東シナ海など周辺領域での力を背景とする覇権拡大と占拠した地域、施設の軍事基地化を阻止しなければならない。

中国とこれら諸国との軍事的協力関係が深化し、北朝鮮、パキスタン、イランなどのミサイルと通常戦力の脅威が中国のミサイル、海空軍、武装警察、海警などの脅威と一体となる恐れがあるからである。

またロシアも北朝鮮に対し、ウクライナ問題が深刻化した2013年頃から積極的な軍事支援に動いており、ロシアの北東アジアでのこの動きも止めなければならない。

日本としては当面、北方領土問題の解決を目指すための共同経済活動よりも、ロシアの北方領土を含めた北東アジアでの、軍事力強化、覇権拡大阻止を優先しなければならないであろう。

中露関係が冷却化すれば、対応は容易になる。しかし中露両国は、米国を中心とする海洋勢力の軍事的優位をユーラシア大陸とその周縁約1000海里のエリアから排除し、周縁の諸国家と海空域に覇権拡大を図るという点で、戦略的利益を共有しているとみられる。

2010年頃以降の世界的な軍事情勢の変化はそのことを裏づけている。中国は南シナ海、東シナ海、中印国境で、ロシアはバルト、ウクライナ、黒海、地中海正面で、米欧の空母や地上軍を排除する、いわゆる「接近阻止・領域拒否」戦略を展開してきた。

ただし中露は一枚岩ではない。ロシアは、シベリア・中央アジア・極東などロシアの勢力圏に、中国人人口が浸透し中国の経済的影響力も拡大していることに対して、危機感を強めている。

(続く)

4 名前:ねこ名無し ★@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2017/08/22(火) 08:17:43.61 ID:CAP_USER [4/4]
(続き)

中露は潜在的な対立要因を抱えてはいるものの、日米欧に対するバランス・オブ・パワー、特に核戦力を中核とする軍事的なバランスは、冷戦崩壊後の劣勢から大幅な格差縮小に成功してきた。

中露の日米欧との軍事費合計額比率については、冷戦崩壊時は9分の1の大差があったが、その後追い上げ、現在では3分の1以下にまで縮小している。

その主な原因は、中露両国のほぼ一貫した軍事費増額と中国の経済成長、それに対する日欧の経済成長と軍事費の伸び率停滞である。

米国は日本やNATOに一層の防衛努力を求めているが、中露とのバランス・オブ・パワーの回復の成否は、米国が連邦財政赤字のため大幅な軍事費増額は困難であり、

中露の軍事偏重政策は現在の政治体制が続く限り継続するとみられることから、日欧の防衛努力が実行されるか否かにかかっている。

しかし、今後もバランス・オブ・パワーの格差縮小が続く限り、中露の日米欧に対する安全保障、外交政策面での協調姿勢は続くものとみられる。

国内政治面で中露両国は、権力闘争、経済不安、少数民族問題などの不安定要因を抱えてはいるが、中国での共産党独裁とロシアの強権的な政治体制が変化しない限り、中露の協調と軍備拡張、覇権拡大政策は続くとみるべきであろう。

日本など北東アジアに対する米国の核と通常戦力の拡大抑止力強化は、米国にとり欧州よりも優先度が低くなる可能性は高い。ICBMや核兵器が世界的に拡散すれば、日本に対する核と通常戦力の拡大抑止はさらに信頼性が低下することになるであろう。

その分、日本はじめ北東アジア諸国は、自立的な軍事力による抑止力と対処力の強化に努めなければならない。

遺憾ながら、日本と韓国、台湾など周辺国との関係は国際的に見て正常な関係にあるとは言えない。
しかし、客観情勢を見れば、域内での対立を鎮静化し関係正常化を急ぎ、域内での自立した集団的安全保障体制を早急に固めなければならない状況にある。

もはや、過去にこだわり
内輪争いをしている時ではない。
日韓台は運命共同体である。

またそうしなければ、共倒れになる共通の危機にさらされている。その現実を直視し、備えねばならない。

韓国の反日政策は文在寅政権下で、むしろ高まっているが、日韓対立の扇動は韓国にとり、北の独裁体制への併合のおそれを高め、日本のみならず韓国にとっても何の利益ももたらさない政策である。

日本も率直にそのことを韓国政府に説き、台湾も含めた、相互訪問、情報共有、共同作戦計画の策定、共同訓練、装備品の共用化や開発協力など、可能な限り域内の集団的自衛体制の強化に努めなければならない。

特に弾道ミサイル防衛と、北朝鮮によるICBMと核兵器の域外への拡散阻止に協力できる態勢を早急に構築するべきであろう。

以上のような存亡の危機ともいえる状況に日本は追い込まれており、北朝鮮の核・ミサイル開発が表面化した1990年前半の時期よりも、はるかに深刻な危機に直面している。

日本自らが、危機に備え集団的自衛権を含め採るべき対策を断固として採る意思を持ちそれを実行することが、今ほど求められているときはない。

矢野 義昭
Yoshiaki Yano昭和25(1950)年大阪生。昭和40(1965)年、大阪市立堀江中学校卒。昭和43(1968)年、大阪府立大手前高校卒。昭和47(1972)年京都大学工学部機械工学科卒。同年同文学部中国哲学史科に学士入学。同昭和49(1974)年卒。
同年4月、久留米陸上自衛隊幹部候補生学校に入校、以降普通科(歩兵)幹部として勤務。美幌第6普通科連隊長兼美幌駐屯地司令、兵庫地方連絡部長(現兵庫地方連絡本部長)、第一師団副師団長兼練馬駐屯地司令などを歴任。
平成18(2006)年小平学校副校長をもって退官(陸将補)。核・ミサイル問題、対テロ、情報戦などについて在職間から研究。拓殖大学客員教授、日本経済大学大学院特任教授、岐阜女子大学客員教授。

(おわり)





北朝鮮の遠心分離機「六ケ所村がモデル」発言に原燃は困惑
http://www.47news.jp/news/2010/11/post_20101123122423.html
2010/11/23 13:22

北朝鮮による低濃縮ウラン製造問題で、北朝鮮側が、問題を公表した米学者に「六ヶ所村(の核施設)などの遠心分離機をモデルにした」と話したことに対し、
同村のウラン濃縮工場を運営する日本原燃は22日、「事実については一切承知していない」とコメントした。

核不拡散の観点から機密性が極めて高いウラン濃縮工場。

原燃関係者は「情報が漏れるはずはない。何をモデルにしたのか」と困惑の表情。
一方、北朝鮮の遠心機の特徴から「日本の技術ではなく、北朝鮮側の発言に信ぴょう性がない」と指摘する識者もいる。  







【赤旗】「朝鮮半島を戦場にしないで」国会前緊急集会 共産党議員「日本政府は核兵器禁止条約にサインしろ、やらないなら政府をかえる」 [無断転載禁止]©2ch.net
http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1503462929/

1 名前:ねこ名無し ★@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2017/08/23(水) 13:35:29.10 ID:CAP_USER

許すな憲法改悪!市民連絡会、平和をつくり出す宗教者ネットなどが「朝鮮半島を再び戦場にしないで」と呼びかけた緊急集会が22日、衆院第2議員会館前で開かれ、約100人の宗教者・市民が参加しました。

主催者の「憲法第九条を持つ日本国政府として、早急に最悪の事態を回避するため、6カ国協議を再開し、対話による平和解決を求めるべき」という呼びかけ文が読み上げられました。

日本キリスト教協議会議長の小橋孝一さんは、聖書の「剣を鞘におさめなさい」という言葉を引きながら、「日本はアメリカの核兵器に頼ることをやめると宣言し、実行すべきです」と訴えました。

参加者が次々とマイクをとり「最大の抑止力は対話。いっしょのテーブルについて話し合うべきだ」(仏教徒)、「いまの米政権は危ない。それを止めるのが平和憲法をもつ日本の役割」(カトリック神父)とのべました。

日本共産党の井上哲士、社民党の福島みずほ両参院議員があいさつ。

井上氏は「ただちに危機打開のための無条件の対話に力を尽くせ、日本政府は核兵器禁止条約にサインしろ、それをやらないなら我々は政府をかえますよという声を突きつけましょう」とのべました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-08-23/2017082315_02_1.html

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-08-23/2017082315_02_1.jpg
(写真)集会であいさつする井上哲士参院議員=22日、衆院第2議員会館前

…………………………………………………………………………………

【レイバーネット】無条件で対話を!朝鮮半島で戦争するな!日本政府は力尽くせ!~国会議員・宗教者・在日韓国人ら市民が声あげる[8/23] [無断転載禁止]©2ch.net
http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1503420374/

1 名前:ねこ名無し ★@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2017/08/23(水) 01:46:14.16 ID:CAP_USER

8月21日、米韓合同軍事演習が始まった。
アメリカと北朝鮮の軍事的な緊張が高まる中、22日午後、国会議員会館前で市民・宗教者による緊急集会が開かれた。

許すな憲法改悪!市民連絡会、憲法を生かす会、平和をつくりだす宗教者ネットが共催。

100人が集まり、「命を守ろう!朝鮮半島で戦争をするな!」のコールをあげた。
発言者の多くは、「米朝は直ちに無条件で対話をすべき。日本政府はそのために力を尽くすべきだ」と訴えた。

在日韓国人の宋世一(ソンセイム)さんは、
「米韓軍事演習こそが緊張を高めている。2015年、北朝鮮は、ミサイル凍結のかわりに軍事演習をやめるよう提案したが、アメリカは一切無視をしている。朝鮮戦争の休戦協定(現在でも朝鮮戦争は終わっていない※報告者)を平和協定に変えない限り、こうした状況はくりかえされる」と述べた。

カトリック教会の大倉一美神父は、次のように語った。
「かつて朝鮮半島で戦争があった。原爆投下も検討された。今回もその可能性はある。朝鮮半島の戦争を止めるのは平和憲法を持ち、被爆した日本以外にない。朝鮮の分断の責任は、植民地支配をした日本にある。私たちが声を上げ続けるほかない」

在日韓国人牧師の金迅野さんは、
「朝鮮半島の戦争は、北と南に親せきがいる自分には、夢に出てくるくらいリアリティがある。それに比べて、アメリカや日本の指導者のことばは軽い。わたしたちは、ことばを取り戻さなければならない。悼む心を取り戻さなければならない。戦争で亡くなった人々への悼む心をもって平和を呼びかけたい」と訴えた。

この他に、国会議員の井上哲士さん(共産党)、福島瑞穂さん(社民党)、日本キリスト教協議会、日蓮宗、憲法を生かす会、婦人民主クラブ、ピースボートなどから発言があった。(佐々木有美)

http://www.labornetjp.org/news/2017/0822shasin


424 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[] 投稿日:2017/08/23(水) 13:37:39.25 ID:A06Jrq9A
彼↓に頼みなさい

SEALDs福岡の大学生「敵国が攻めてくるというのならとことん話して酒飲んで遊んで食い止めます」



429 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2017/08/23(水) 16:47:28.01 ID:HI5SGYSd
これって併合時にロシアの脅威で朝鮮から頼まれたパターンと同じ構図かな。
歴史は繰り返さない。
日本は関係ないから勝手にやってくれ。


【更新専用Twitter】丁寧でも礼儀正しくもない日記@amazingnippon


関連記事

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カレンダー ▼

最新記事スクロール ▼

最新コメント ▼

月別アーカイブ(タブ) ▼

カテゴリー ▼

タグ ▼

プロフィール ▼


現在の閲覧者数: