FC2ブログ

丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2

【自分から見て左側を応援するBlog】 (速報性無し) 真剣なヌースほどニヤニヤして読むのが『礼儀』です。リンク転載FREEEEE 

 
【!】当ブログの趣旨はプロフィールに長々と読む気を失くすように書いてあります。
以前「国会・慰安婦質問」について編集した折に、
何故かTwitter内検索から除外などされておりましたが
此のたび更新お知らせ用Twitterが、
18/10/18の「ウイグル」記事をもって
反映されなくなっております。

大変ご不便をおかけいたしております。


GOOD LUCK!!  
 【入国管理局/情報受付】  
  ・不法滞在者様お一人につき最高5万円までの通報者全プレ
  ・匿名通報可(全プレなし)
  ・写メ付通報、携帯通報先「 info-tokyo@immi-moj.go.jp
  ・電話通報 「03 5796 7256」
  ・受付毎日9時~17時(年末年始12/29-1/3除く)


★161130 熊本地震におけるピースボートに関した細かい情報が、「仕事の支障になる」とのことで一部削除致しました。
★171108 ぱよちん記事における「ご本人様」が御写真が恥ずかしいとのことで削除されておりました
@管理人 /更新専用Twitter

180927 【ラオス】 色々付き合いってのがあんのよ どこかの国と違って

【豪雨】西日本豪雨の被災地にラオスから義援金
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537860190/


1 名前:記憶たどり。 ★[sage] 投稿日:2018/09/25(火) 16:23:10.79 ID:CAP_USER9
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180925/k10011643371000.html

ダムの決壊など豪雨による被害が続くラオスから西日本豪雨の被災地に対し、義援金が贈られることになり、25日、記念の式典が行われました。

ラオスではことし7月、相次ぐ豪雨によって南部アタプー県でダムが決壊し、これまでに少なくとも40人が死亡し66人の行方がわからなくなるなど、大きな被害が出ていて、日本政府はこれまで救援物資を届けるなど支援を続けています。

こうした中、日本の西日本豪雨の被災地に対し、ラオス政府から義援金10万ドル(日本円でおよそ1130万円)が贈られることになり、25日、首都ビエンチャンで、記念の式典が行われました。

ラオスのカンパオ外務副大臣は「少ない額ですが、ラオス国民の友好、親善の気持ちを表すものです」とあいさつしました。

日本の引原毅大使は「ラオスの人のあたたかさを感じました。両国の戦略的なパートナーシップが心と心のつながりによって、さらに実り豊かなものになることを祈っています」と感謝の言葉を述べました。




9 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2018/09/25(火) 16:26:30.17 ID:XjPQy76E0
東日本の震災の時
韓国が真っ先に駆けつけ
多額の義援金や物資を送ってくれたにもかかわらず
恩を仇で返したロクデナシ日本


74 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2018/09/25(火) 18:32:12.68 ID:cuAttkI70
>>9
真っ先に来たのは台湾

81 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2018/09/25(火) 19:08:55.45 ID:Ol7zl40d0
>>9
全く役に立たなかったゴミクズチョン

103 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2018/09/25(火) 22:15:36.75 ID:iCpFyohj0
>>9
義援金集めたけど大部分を自分達のために使ったよね

133 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2018/09/27(木) 03:00:59.24 ID:sd//0Haz0
>>9
ありがとう!台湾!

134 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2018/09/27(木) 03:15:24.07 ID:M4D+daXX0
>>9
4000万円の金庫が盗まれたニュースの直後に
4000万円を北朝鮮が在日に寄付するニュースが流れて失笑した




59 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2018/09/25(火) 17:21:09.20 ID:nsP3Tta10
その時東京五輪組織委員会はというと・・・




77 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2018/09/25(火) 18:50:51.22 ID:xavJU6bc0
日本から支援してラオスからも支援して
無駄なやり取りをしてると思うのはアスペなんだろうか

82 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2018/09/25(火) 19:09:01.19 ID:nSuwUrgt0
>>77
貰いっぱなしは良くないって
思ってくれたんじゃないの
援助してくれって頼んだ訳でもないのに
あんがとねラオス




122 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2018/09/26(水) 18:48:54.01 ID:7c9XVPjm0
東日本の時アフリカのどこかの小さな国がイモ送ってくれるってなって
日本が丁重に辞退した話は悪いけど笑ろたわ



…………………………………………………………………………………

【国際】中国の脅威を知るラオス…熱烈な親日国でも日本か中国かの二者択一を迫ることは難しい
https://uni.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1387349625/

1 名前: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★[sage] 投稿日:2013/12/18(水) 15:53:45.05 ID:???0

★中国の脅威、日本以上に知る親日国 ラオスはタイ、ベトナムの弟分?
2013.12.18 08:58
「タイで企業誘致説明会を開く方が効率的でしょうが、なかなか、そうもいかないのです」

ラオス南部、サワナケットにあるサワン・セノ経済特区(SEZ)で会ったラオスの国家経済特区委員会の幹部は、こう言って苦笑いした。

同幹部がしきりに「日本から新たに来るより、タイ進出の日系企業に分散工場を作ってほしい」と言うので、
「それならタイで投資説明会を開けばよいのでは?」と尋ねたところ、返ってきたのが冒頭の答えだ。

最近はやりの「タイ・プラス・ワン」という表現も、極力使わないようにしているという。

同SEZは、ベトナム-ラオス-タイを結び、ミャンマーへと続くメコンの要路、東西経済回廊沿いに位置し、近くのタイ・ラオス第2友好橋を渡れば、タイ東部ムクダーハーンだ。

ラオスとタイは民族的には同根とされ、歴史的、文化的な共通性もあり、通訳なしで会話ができる。
日系企業の中にはバンコクで採用したタイ人を管理職としてラオスに派遣するケースもある。それだけに気をつかうのだ。

隣国というのはどこでも微妙だ。
ラオスとタイも例外ではない。

「ラオス人にとってタイは長兄。時々おこられるし、たたかれることもある。それでも血を分けた兄弟だから最後はわかり合える関係」だと、解説してくれたのは、サワナケット大学のアドバイザーで、国際協力機構(JICA)客員専門員の宮田伸昭氏だ。

ラオス人のベトナム人に対する見方についても聞いた。
「タイ人が実の兄だとすると、ベトナム人は隣に住む大学卒のお兄さん」だとか。

そのココロは「勉強もできるし、働き者で偉いと思うが、自分はそこまでやらないし、所詮は他人という関係」(宮田氏)という。

>>2へ続く

http://sankei.jp.msn.com/world/news/131218/asi13121809020000-n1.htm

2 : ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★:2013/12/18(水) 15:53:53.23 ID:???0
>>1より
両国政府は同じ社会主義国家で開放経済を進める国同士、「特別な関係」と強調するが、国民の本音とは微妙に違うようだ。

ただ、共通しているのは、ラオス人はタイ人もベトナム人も兄で、自分より上だとみていること。
メコン各国を回ってみると、ラオス人が最も温和で奥ゆかしい国民だと感じるのは、私だけではないだろう。
ラオス人らしい隣人評といえる。

ラオスの人口は651万人とメコンの中で最も少なく、ベトナムのわずか7%、タイの9%しかない。カンボジアでさえラオスの2倍強の人口だ。
メコンで唯一、海に面していないことも目立たなかった理由だ。

ただ、2015年の東南アジア諸国連合(ASEAN)経済共同体(AEC)発足で、ラオスの位置づけは変わるだろう。
ラオス人もそのことを意識する。
「ビエンチャンがASEANの新たなハブ(中心軸)になる」(ポンサワン銀行のオド・ポン・サワン会長)と力強い。

一方、大陸部ASEANを縦に貫く南北経済回廊は、中国雲南省昆明からラオスを経てタイへ抜ける。
しばしばラオスはカンボジアと並んで、中国に近いと言われるが、同時に熱烈な親日国でもある。

だからこそ、日本が中国包囲網を意識する余り、各国に日本か中国かの二者択一を迫ることには無理がある。
彼らは日本以上に中国の脅威を知っている。押し付けがましいのは、嫌われるだけだ。(編集委員 宮野弘之)






【更新専用Twitter】丁寧でも礼儀正しくもない日記@amazingnippon


関連記事

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カレンダー ▼

最新記事スクロール ▼

最新コメント ▼

月別アーカイブ(タブ) ▼

カテゴリー ▼

タグ ▼

プロフィール ▼


現在の閲覧者数: