FC2ブログ

丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2

【自分から見て左側を応援するBlog】 (速報性無し) 真剣なヌースほどニヤニヤして読むのが『礼儀』です。リンク転載FREEEEE 

 
【!】当ブログの趣旨はプロフィールに長々と読む気を失くすように書いてあります。
「国会・慰安婦質問」で、
Twitter内検索から除外などされておりましたが
18/10/18の「ウイグル」記事をもって
更新反映してもらえなくなりました。




GOOD LUCK!!  
 【入国管理局/情報受付】  
  ・不法滞在者様お一人につき最高5万円までの通報者全プレ
  ・匿名通報可(全プレなし)
  ・写メ付通報、携帯通報先「 info-tokyo@immi-moj.go.jp
  ・電話通報 「03 5796 7256」
  ・受付毎日9時~17時(年末年始12/29-1/3除く)


★161130 熊本地震におけるピースボートに関した細かい情報が、「仕事の支障になる」とのことで一部削除致しました。
★171108 ぱよちん記事における「ご本人様」が御写真が恥ずかしいとのことで削除されておりました
@管理人

4/16 ロケットは「垂直に打ち上げるモノ」と思っているアナタへ

【韓国】 ロシアのロケット「KSLV1号」10月韓国に…打ち上げ後は、地上試験用ロケットを解体し国産化へ[04/14]


1 : ◆rotiEKAY.k @ろちかφ ★:2008/04/14(月) 13:01:07 ID:??? ?2BP(1589)

韓国初の宇宙飛行士イ・ソヨンさんが宇宙に飛び立った翌日の今月9日、モスクワのフルニチェフ社で韓国の宇宙開発における2番目の主人公が姿を現した。

今年12月21日に全羅南道高興郡の羅老宇宙センターから打ち上げられる小型衛星発射体「KSLV1号」の中核となる1段目のロケットだ。KSLV1号の打ち上げが成功すれば、韓国は世界で9番目の「独自の衛星」打ち上げ国家となる。

ロケットの組み立てラインは、全長1.5キロ、高さ40メートルと実に雄大だ。KSLV1号は、1段目の液体燃料ロケットと2段目の固体燃料ロケット、そして衛星を積む部分から構成される。1段目のロケットは発射体のほぼ全体を占める核心部分となる。

残りはすべて韓国国内で作られるが、1段目のロケットだけはすべてロシアで作られた後に引き渡される。

フルニチェフ社のネステロフ社長は「現在1段目のロケットの地上試験機器(GTV)を組み立てている」と明らかにした。

同機器は実際のロケットと同じものだが、宇宙に向け打ち上げられる代わりに、地上に固定され、燃焼実験用に使用される。燃焼実験は7-8月にロシアで行われる。性能が確認されれば、GTVとともに実際の打ち上げ用ロケットが10月にも韓国に引き渡される。

エンジンに接続される液体酸素タンクと燃料タンクはすでに製作されていた。その横でロシアのエンジニアたちが図面を開き、部品を一つ一つ手作業で組み立てていた。誤差が生じてはならないため、多くの人が同時に作業することも、機械を使用することも禁じられている。

韓国航空宇宙研究院のチョ・グァンレ宇宙発射体事業団長は「エンジン技術を買うことさえできれば、独自の国産ロケットを作ることができる」という。しかし、ロシアは技術が外部に漏れるのを防ぐため、ロケットエンジン製作の代行は行うものの、技術そのものは譲ろうとしない。

ロシアから持ち込んだ打ち上げ用ロケットは、宇宙で消えてしまう。しかし、地上試験用ロケットであるGTVは残ることになる。韓国の研究陣はこれを解体し、部品の一つ一つを国産化する計画だという。

ひとまず1段目のロケットを国産化すれば、四つのロケットをつなげ、2017年には実用衛星(1.5トン級)を搭載したKSLV2号を打ち上げることができる、と期待を抱いている。

http://www.chosunonline.com/article/20080414000037




4 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/04/14(月) 13:02:32 ID:jy+MuZPs
 >>1
 さぁ、こんごうの出番がやってまいりましたよ >海自


5 :ネー ◆WBIJfD9.is :2008/04/14(月) 13:02:32 ID:D4WHqO+q
 日本に着弾しそうな予感


12 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/04/14(月) 13:05:03 ID:U+qUemTv
>ロシアは技術が外部に漏れるのを防ぐため、
>ロケットエンジン製作の代行は行うものの、技術そのものは譲ろうとしない。

>韓国の研究陣はこれを解体し、部品の一つ一つを国産化する計画だという。

 どんな契約になってるの?

27 :Ta152 H-0 ◆Tank/Ja2RQ :2008/04/14(月) 13:10:44 ID:1TmLECve ?2BP(1024)
 >>12
 個人サイトの記述で申し訳ありませんが、↓この記事参照

ロシア議会は2007年6月に、韓国との技術保護措置協定(Technology Safeguard Agreement)締結を許可する決議を行なった。

これは韓露両国でMTCR(Missile Technology Control Regime:ミサイル関連技術輸出規制)を尊守しつつロケットなどの宇宙開発事業で技術協力を行なうもので、今回韓国にKSLV-1の1段目ロケットを輸出するために緩和措置が行なわれた。

この技術保護措置協定は2006年10月に合意に達したもので、2007年7月に両国が批准し発効した。

ただロシアは韓国を含めた外国への宇宙航空技術の流出を警戒しており、イワノフ露第1副首相(当時)は2007年8月10日の輸出統制会議上で、韓国に対する宇宙関連技術のリークに関して徹底的に調査する事を指示している。

2006年8月には露科学アカデミー金属研究所長が某韓国企業に機密度の高い技術情報を流したとして公安当局に逮捕されている。

韓国は次に開発するKSLV-2を独自技術のみで開発する予定だという。

ttp://www6.atwiki.jp/namacha/pages/189.html

↑リンク先に記述の参照元があります。



35 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/04/14(月) 13:15:05 ID:gAlWJE3/
>エンジン技術を買うことさえできれば、 独自の国産ロケットを作ることができる

 (´・ω・`) ????



48 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/04/14(月) 13:19:09 ID:l7+CcW95
 日本領海に入れば直ちに撃ち落す、さーてどの角度で上げるのかな

53 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/04/14(月) 13:20:49 ID:sNzlO9LT
 >>48
垂直に打ち上げれば簡単と、
とあるホロン部が言っていた…




74 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/04/14(月) 13:29:27 ID:wpBHRgRR
 >>63
 敗戦国日本は飛行機の開発すら長年禁じられてきたんだぜ。
 日本はペンシルロケットから独自に開発してきた。
 そして今、次世代のロケット先進国と見なされているのは何と、日本。

79 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/04/14(月) 13:31:15 ID:zYs+sgk3
 >>74
 また妄言ですか?
 日本のロケット技術はほとんどアメリカからの技術移転。
 次世代のロケット先進国(笑)
 H2AですらSRBはアメリカから買っています。
 日本はどこまでもアメリカの属国。

84 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/04/14(月) 13:33:55 ID:sNzlO9LT
 >>79
 他国を罵倒してないで早くロケット打ち上げられるようになりなよ(笑)

86 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/04/14(月) 13:34:41 ID:wpBHRgRR
 >>79
 アメリカのEUの専門家の見解だが。

89 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/04/14(月) 13:36:11 ID:2SylFeex
 >>79
 アメリカがそんなお人好しだと思っている時点で・・(ry

92 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/04/14(月) 13:36:23 ID:DZ3M0kBe
 >>79
 SRBは作れなかったわけじゃなく安いから買っただけ、
 と言っても聞く耳持たないんだろうな。

 H-2を全部国産で作ったら高くなりすぎたんで、
 安く買える物は買うことにしたんだが。

90 :Orz ◆JOrzFCOREA :2008/04/14(月) 13:36:15 ID:EycVhbmu
 >>74
 それはないぞ・・・・・・
 一時の中断のお陰で航空技術全般にゼロ近くまで落ちたんだから・・・
 残念ながらロケットのベースは、まだまだです

 しかも、近年予算削減とか言い始めたし
 細かな所では、世界トップだったりするけどね
 中で使われている多線ケーブルとかそういう部品とかね

96 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/04/14(月) 13:38:01 ID:54bMEZh2
 >>79
 H2Aはコスト落すために海外パーツ入れたからな。
 前機種のH2はほぼ国産、ちなみに独自の軌道投入技術を持つのは
 アメ、EU、ロシア、日本の4カ国だけだ。

266 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/04/14(月) 14:22:13 ID:bBsu5m0Y
 >>79
 >アメリカからの技術移転

 H2ロケット開発時に、NASAに金出して貰えたのって
 二段燃焼サイクルの構造をラフスケッチしたラクガキみたいな絵だろ?
 プロジェクトXだかで特集してたけど、こんなラクガキからエンジン作れるのか?
 って代物だった。

 あれは技術移転というより、貰うものだけ貰って「作れるもんなら作ってみろ」って態度だろ。
 あんなラクガキ絵から、よくエンジン作れたと思うし
 そもそもラクガキから設計図起こせるなら、ラクガキは要らなかったんじゃないのかって思うわ。

 アメリカはそんな甘い国じゃないし、たぶんロシアも同じ。



163 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/04/14(月) 13:57:11 ID:u4KO9qrZ
 日本初の人工衛星「おおすみ」に使用されたL-4Sロケットは誘導制御装置が付いていない、
 開発技術が無かったのではなく、誘導装置は軍事技術(ミサイル)への転用が可能である
 という指摘が日本社会党等から上がったから、このため「無誘導重力ターン方式」で軌道
 に投げ込む方法を取ることとなった。

 詳しくはwikiで…
 日本の技術に対する姿勢がよく分かる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%BF
日本初の人工衛星
「おおすみ」


1966年から観測用ロケットL-3H型に補助ブースターと姿勢制御装置、第4段球形ロケットを追加したL-4Sロケットで打ち上げ実験を開始し、1969年に打ち上げられたL-4T型(L-4Sとほぼ同型であるが、第4段の能力を減じているため、衛星打ち上げ手法の確認は出来ても、軌道投入能力はない)1機の打ち上げを含んで、5回の試行錯誤の後ついに成功した。

その結果、日本はソビエト連邦(当時)、アメリカ合衆国、フランスについで世界で4番目の人工衛星打上げ国となった。また、その2ヵ月後には中華人民共和国も衛星打ち上げに成功している。

なお中国を含め、他国は弾道ミサイル開発の副産物として人工衛星打ち上げ技術を習得したが、日本は大学の付属研究所が純粋な民生技術として研究を行い、非軍事目的での人工衛星開発に成功したという点で、国際的に特異性を持っている。

今では考えられないが、L-4Sロケットは誘導制御装置が付いていない、世界初の無誘導衛星打ち上げロケットである。

しかし、単に真っ直ぐロケットを打ち上げても軌道には乗らない。何らかの方法で機体を制御し、地表に対して水平に向きを変えなくては、衛星を軌道に投入できないのである。

これは決して開発技術が無かったわけではなく、誘導装置はミサイル開発に繋がる軍事技術への転用が可能であるという指摘が野党の日本社会党等から上がり、開発を断念せざるを得なかったためである。

この代替策として、

 第一段と第二段は尾翼による空力的効果で、
 第二段と第三段はスピンモーターにより機体をスピンさせて安定を保ち、
 第三段燃焼後、慣性により放物線軌道を飛翔中に
   デスピンモータでスピンを停止、 
 姿勢制御装置で第4段を水平姿勢に制御
 (この時、ロケットは燃焼していないので「誘導」ではなく「姿勢制御」である)、


 その後、リスピンモーターでスピンを再び掛けて、
 放物線の頂点で第4段の燃焼を開始するという、
 非常に手の込んだ打ち上げ方式の
 「無誘導重力ターン方式」で軌道に投げ込む方法を取ることとなった。


「おおすみ」は、L-4Sロケットの最上段(4段目)である直径48cmの球形固体モーター(ロケットエンジン)に円錐台状の計器部を付けたもので、全長約1m、質量は4段目(燃焼後質量)の14.9kgと計器部8.9kgを合わせた23.8kgの小さいものである。

計器部には軸方向の加速度計、温度計、テレメータ送信機(295.6MHz)、ビーコン送信機(136MHz帯)、パイロット信号送信機(296.7MHz)などを搭載、電力は容量5AHの酸化銀-亜鉛一次電池で設計寿命は電池容量から約30時間であった。

投入された軌道は、遠地点5,151km、近地点337kmの楕円軌道である。ロケットモーターの断熱が十分でなく、機体が予想より高温となったため電池の消耗が激しく、14~15時間ほどで電力供給が途絶えた。そのため、衛星からの電波の発信は終了し、おおすみの運用は終了した。

打上げ後33年間軌道上にあったが、大気との摩擦で高度が低下し、JAXA統合を10月に控えた2003年8月2日午前5時45分、北緯30.3度、東経25.0度(エジプト・リビアの国境付近)にて大気圏に再突入し燃え尽きた。


168 :しまじろう@極東板から出張 ◆J1duyyyKD6 :2008/04/14(月) 13:59:18 ID:SOpi+f8h
 >>163
 小学生の時におおすみの打ち上げ成功を喜んだの覚えてるけど、wikiのその項目を
 読む度に「日本の技術者って職人芸杉」って思う。

193 :食用 ◆usagiElDTg :2008/04/14(月) 14:04:03 ID:3kzICXDq
 >>163
無誘導で軌道に投入する技術の方が、誘導技術そのものより軍事的に危ないような気が…




164 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/04/14(月) 13:57:20 ID:2SylFeex
 >>122
 構造は理解できたとして、素材開発と開発技術はどうする気なんだろ?

 日本はロケット部品を手作業で加工していたりもするんだが。


187 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/04/14(月) 14:02:19 ID:2SylFeex
 >>174
 タミヤだったか、兵器プラモの出来が良すぎて軍事機密が盗まれたのではと
 疑われたとか疑われなかったとか・・・・・


210 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/04/14(月) 14:08:55 ID:Ik6KP4JY
 >>45
 解体する
 ↓
 部品をまんまコピる
 ↓
 まんま組み立てる
 ↓
 失敗
 ↓
 失敗の原因が理解できず
 ↓
 ロシアに責任押し付け
 ↓
 ロシア黙殺
 ↓
 失敗したのは日本がロケット技術を提供しなかったからだ
 ↓
 日本に謝罪と賠償

 こうですね?




194 :しまじろう@極東板から出張 ◆J1duyyyKD6 :2008/04/14(月) 14:04:10 ID:SOpi+f8h
 >>179
 ロケットのこと詳しくないんですが、制御が難しい固体ロケットで惑星探査機
 打ち上げたりするのって、他の国じゃあんまり聞かないんですが、もしかして日本だけ?

218 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/04/14(月) 14:10:35 ID:/0suAMNw
 >>194
 アトラスVも固形燃料になったんじゃなかったかなぁ。
 NASAがそのアトラスVで火星探査機と冥王星探査機を打ち上げてたはず。



274 :真紅 ◆Sinku/l/vA :2008/04/14(月) 14:24:05 ID:j8RjttmO
 日本もさ、元はアメリカのエンジンを使ってたけど
 アメリカは技術譲渡してくれなくて、仕方なく自分で作ったのよね。

 最初は噴射ノズルの形状から始まり、これだ!と思って作ったのはいいけど
 出力を上げていくと変な振動がでる。
 調べてみたら、燃料ターボホンプがヒーヒー言ってる状態でそれを改良したら
 今度は気化がうまくいかないとか色んなものが出まくったらしいわね。

 固体燃料にしても、「火薬詰めて火をつけるだけならサルでも出来る」とかで
 燃料をゴムみたいにしたりして、燃焼中の振動や熱で燃料がはがれて
 異常燃焼であぼーんしないようにしたとか・・・。

 韓国は全部判ってるんでしょうから凄いわねw



377 :真紅 ◆Sinku/l/vA :2008/04/14(月) 14:42:13 ID:j8RjttmO
 ところで・・・・

 韓国って、自動車のターボを作れたかしら?

387 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/04/14(月) 14:43:34 ID:jiAib9I5
 >>377
 タービンは作れないんじゃない?

 てかターボ車自体あったかな?

390 :食用 ◆usagiElDTg :2008/04/14(月) 14:44:49 ID:3kzICXDq
 >>387
 タービン作れないとロケットエンジン作れないです…
 重要な中核部品なので。
 H-IIの打ち上げ失敗の原因にもなった部分です。



476 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/04/14(月) 15:02:23 ID:K03uBuYR
 >>415
 あとな、確認はしてないが
 江沢民が訪日した宮中晩餐会で過去の問題を持ち出した後
 オランダの女王も真似て、訪日したときに同じ事やりやがった
 チョンが慰安婦問題か何かで日本を非難したとき、
 やっぱり追従して同じような非難をオランダ女王がやらかした
 オランダ政府の命令なんだろうが、そういう所だよ




【管理人の独り言】

ハヤブサは帰ってくる!! 

関連記事

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カレンダー ▼

最新記事スクロール ▼

最新コメント ▼

月別アーカイブ(タブ) ▼

カテゴリー ▼

タグ ▼

プロフィール ▼


現在の閲覧者数: