FC2ブログ

丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2

【自分から見て左側を応援するBlog】 (速報性無し) 真剣なヌースほどニヤニヤして読むのが『礼儀』です。リンク転載FREEEEE 

 
【!】当ブログの趣旨はプロフィールに長々と読む気を失くすように書いてあります。
「国会・慰安婦質問」で、
Twitter内検索から除外などされておりましたが
18/10/18の「ウイグル」記事をもって
更新反映してもらえなくなりました。




GOOD LUCK!!  
 【入国管理局/情報受付】  
  ・不法滞在者様お一人につき最高5万円までの通報者全プレ
  ・匿名通報可(全プレなし)
  ・写メ付通報、携帯通報先「 info-tokyo@immi-moj.go.jp
  ・電話通報 「03 5796 7256」
  ・受付毎日9時~17時(年末年始12/29-1/3除く)


★161130 熊本地震におけるピースボートに関した細かい情報が、「仕事の支障になる」とのことで一部削除致しました。
★171108 ぱよちん記事における「ご本人様」が御写真が恥ずかしいとのことで削除されておりました
@管理人

200123 【韓流トレンデー】 ホルムズ/それぞれの「独自派遣」

【国際】 日韓共に中東派兵、イランが韓国だけに「不快感」の理由―韓国メディア [01/23]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1579760750/

1 名前:荒波φ ★ [sageteoff] 投稿日:2020/01/23(木) 15:25:50.97 ID:CAP_USER
■韓国日報の元記事(韓国語)
https://www.hankookilbo.com/News/Read/202001221754066013

2020年1月23日、韓国メディア・韓国日報は「日本のホルムズ海峡への派兵に特別な反応を示さなかったイランが、韓国の派兵決定には不快感をあらわにしている」とし、その理由について報じた。

記事は
「日韓は共に『独自派遣』という形をとったが、
細かくみると韓国の作戦は
日本に比べてイランを刺激する要素が多い」

としている。

まず挙げているのは日韓の作戦の活動範囲の違い。
日本はオマーン湾とアラビア海北部などでイランの領海を含むホルムズ海峡は除外したが、韓国はホルムズ海峡も含んでいるという。

また、米国が主導する国際海洋安全保障構想(IMSC)への参加に関する立場にも「微妙な違いが見られる」としている。

記事は、先月訪日したイランのハッサン・ロウハニ大統領が「米国主導の海軍任務に参加しないという日本の決定を歓迎する」と述べたことについて「日本が米国の対イラン圧力に賛同しなかったという認識を持っている証拠」と説明している。

一方、韓国国防部は21日に派兵計画を発表した際に「必要に応じてIMSCに協力する方針」との考えを示したという。

また、「韓国は派兵理由もすっきりしない」とし、「日本が『調査・研究活動』という非軍事的な目的を強調してイランの反発を和らげた一方、韓国は『韓国の国民と船舶の安全』としてイランの軍事脅威を前提とした」と指摘している。

さらに、
「日本は独自の決定であることを繰り返し強調したが、
韓国は決定を先延ばしにして
米国の圧力に負けたような形で派兵を決定した」

とし、
「これもイランに不快感を与えた可能性がある」
とも指摘している。

ある専門家は
「日本はイランを刺激しないよう準備を徹底したようだ」とし、
「ホルムズ海峡に直接侵入する韓国は、イランやその追従勢力との偶発的衝突の可能性がより高い」と話したという。

これに関し、韓国政府は「イランの反発は予想していた」とし、「意思疎通を通じて対立要因を解消していく」との立場を示しているという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは

「現政権の外交力はひどいな」
「相手がどう受け取るかが重要。韓国外交部はもっと努力が必要だ。派兵が避けられないなら状況を見て準備をするべきだった」など韓国政府の対応に批判的な声が上がっている。

また「イランは強く反発したのに、韓国政府は『理解してもらった』とうそをついていた。どうせばれるのになぜ国民にうそをつくのか」との不満を漏らすユーザーも。

一方で、

「大した差ではない。そもそもイランが韓国により腹を立てているなんて誰が決めた?」
「派兵しなくても批判、しても批判。やれやれ(笑)」

「イランからすると、日本が米国の味方だということは分かっていた。でも韓国とはテヘラン路などそれなりに交流があり、最低でも中立の立場を期待していたから裏切られたと感じた。その差だよ」

などと指摘する声も上がっている。


2020年1月23日(木) 15時10分
https://www.recordchina.co.jp/b725797-s0-c10-d0058.html



2 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2020/01/23(木) 15:26:39.02 ID:rwhgtPXh
上辺のみ真似してみたニダ



58 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2020/01/23(木) 15:44:11.71 ID:u34ARvnb [1/3]
自国のニュースなのに、
何でいちいち「日本」を入れてくるんだ?


67 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2020/01/23(木) 15:46:24.08 ID:dBYBF2TH [5/6]
>>58
全ての事象を、
日本より上か下かの
物差しだけを使って判断するから。


今回の派兵騒ぎについても、
日本よりうまくやったか否か、上か下かで騒いでる。
んで、今回は下になってしまったんじゃないか?
いや!そんな事はない上ニダ!てのが>>1




64 名前:鵜~ ◆manbou/QqXqK [sage] 投稿日:2020/01/23(木) 15:46:08.65 ID:4n8nPqz3 [1/18]
イライラ戦争の時も、ホメイニが暴れて米と戦争寸前だった時も、
日本はきっちり立場守ったからコウモリとは違う


138 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2020/01/23(木) 16:03:18.08 ID:HOeLhADV
>>1

■新羅本紀より

295年、春王が臣下に向かって
『倭人が、しばしばわが城邑を侵して来るので、
百姓が安じて生活することができない。
私は百済と共に謀って、一時海を渡って行って、
その国(倭)を討ちたいが、皆の意見はいかがか?」ときいた。

これに対して、舒弗邯、弘権が
「われわれは海戦に不慣れでございます。
冒険的な遠征をすれば、不測の危険があることを恐れます。
いわんや百済は偽りが多く、
常にわが国を呑み込もうと野心をもっておりますから、
かれらと共に謀ることは困難だと思います」と答えた。

王はこれを聞いて「それもそうだ」といった。





159 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2020/01/23(木) 16:07:41.12 ID:3TJU7Urh

ttp://podcasting.radionikkei.jp/podcasting/themoney/themoney-200116.mp3
韓国がイランにフッ化水素を密輸した詳細が語られてる
19分辺りから
2018年の、12月の2日に、イランと韓国で、物々交換の取り引きが合意されたんですよ。 つまり、あのー、政府間同士でね、契約したわけですよ。

でー、その、すぐ後に、2018年12月の20日、これ、えー、韓国沖で、「瀬取り」をやったわけですよ。どういう瀬取りかって言いますと、韓国が、まずイランから原油を、パイプラインで送り込んでもらう、船にですね。

それから、韓国は、船に積んである、「日本から輸出した」、高純度の、フッ化水素をイランに提供してる。





293 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2020/01/23(木) 16:44:33.24 ID:3vJA9VN0
あ~、朝鮮人は
根回しの意味がわからないのか


294 名前:春うらら ◆G8Kknv1Es6 [sage] 投稿日:2020/01/23(木) 16:45:51.11 ID:p9sFd554 [2/3]
>>293
それと信用よね


…………………………………………………………………………………

【朝鮮日報】与党系も、支持団体も反対「ホルムズ派兵は屈辱」[1/23]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1579751052/


【中央日報】2003年には「派兵反対派」だった文大統領、ホルムズには違う選択をした理由は?[1/23]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1579741020/

1 名前:右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん[sagete] 投稿日:2020/01/23(木) 09:57:00.98 ID:CAP_USER

盧武鉉政府任期初年度である2003年、米ジョージ・ブッシュ行政府は韓国政府にイラク戦争派兵を求めた。
当時青瓦台は2つに分かれた。

外交・安保ラインは派兵に賛成した。
反戦などを理由に反対する声もあるが、文在寅当時民情首席をはじめ、ユ・インテ政務首席(現国会事務総長)、パク・ジュヒョン国民参加首席(現民主平和党報道官)などが彼らだった。

議論の末に盧武鉉政府は結局、非戦闘兵派兵という結論を下した。

文在寅政府が21日、結局ホルムズ海峡派兵を決定することで文在寅大統領の17年前の判断が改めて注目されている。
判断が変わったという批判も出ている。
だが、ホルムズ海峡とイラク派兵を直接比較するには無理という反論も少なくない。

2003年派兵をめぐる議論当時、イラクは戦場だった。
米国が大量破壊兵器(WMD)の除去を口実にイラクを侵攻した。

WMDが存在するという根拠なしに米国が侵攻したとし
「名分のない戦争」という国際的な非難もあった。


そのような状況で
米国が韓国政府に事実上参戦を求めて
当時国内では
「名分のない戦争になぜ私たちが
参戦しなければならないのか」
という反対の世論が高かった。


反面、ホルムズ海峡は現在戦時状態ではない。
米国がイラン革命守備隊司令官のガーセム・ソレイマーニー氏を殺害して中東地域の戦雲が高まったりもしたが、今は衝突可能性が低くなった状態だ。

米国が要求する派兵の規模も違いがある。
2003年には米国の要求により2回にわたって3600人余りの軍人を派兵した。
今回の派兵は清海部隊の定員320人を越えない水準だ。

イラク戦と違い、韓国の立場では派兵に名分もある。
中東地域に居住する約2万5000人の海外同胞を保護するということと韓国に輸入される原油の70%以上が通過する地域なので派兵を通した交易路を確保する必要があるということだ。

国立外交院のイン・ナムシク教授は自身のフェイスブックに「(ホルムズ海峡への派兵は)イラク派兵とは流れが違う。戦場でともに血を流そうということよりはBurden sharing(責任分担)の意味合いが強い」と明らかにした。

盧武鉉政府の派兵の学習効果も今回の文大統領の決定に影響を与えたとみられる。
文大統領は自伝『運命』で「(イラク)派兵を契機に北核問題は望む通りに流れていった。米国から協力を得て6者会談という多国間外交の枠組みを作り出した」と書いた。

当初自身も反対した、結果的に派兵を通じて韓国が得た実利を高く評価したということだ。
今回のホルムズ派兵は米国と防衛費分担金交渉と北朝鮮問題などが複合的に絡まっている。

それでも危険な選択という懸念の声が一部進歩陣営から出る。
キョレハナなど89市民社会団体は22日、青瓦台噴水台の前で記者会見を行って「米国の一方的な核合意脱退、ソレイマーニー司令官暗殺で緊張感が高まった中東に軍を派遣するのは軍事的競争に参加すること」と主張した。

韓国政府は反発が拡散することを防ぐために取り組んでいる。

派兵でなく「作戦地域の拡大」という点、
米軍とともに作戦を遂行するのではない
「独自派兵」という点を強調している。


青瓦台関係者はイランの派兵に対する非難について「イランを説得することに最善を尽くしている。『独自派兵』を選択してイランにも名分を与え、私たちも名分を持つ方法を選んだ」と話した。

https://s.japanese.joins.com/JArticle/261814?servcode=200§code=210
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版 2020.01.23 09:41

https://i.imgur.com/P7uUlVA.jpg
2003年4月28日、イラク派兵申告および歓送行事に参加した盧武鉉元大統領が徐熙(ソヒ)部隊のチェ・グァンヨン大佐に指揮棒を手渡している。[中央フォト]



6 名前:新種のポケモン ◆wl59mComes [sage] 投稿日:2020/01/23(木) 10:01:33.98 ID:RgJw9qsi
>青瓦台関係者はイランの派兵に対する非難について「イランを説得することに最善を尽くしている。『独自派兵』を選択してイランにも名分を与え、私たちも名分を持つ方法を選んだ」

要するにまだイランを説得出来てないのね
(。・ω・。)



28 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2020/01/23(木) 10:35:46.41 ID:Mn2KWg9v
「日本が出来るのなら当然ウリナラもできるニダ」って浅はかな考えでしょw
日本と同じ待遇受けたきゃ、日本と同じような言動をしなきゃ無理だろうにwwwww

29 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2020/01/23(木) 10:38:36.14 ID:rGcIB5Al [3/4]
>>28
日本は年末の段階でペルシャ湾派遣に対する理解、公式に受けてるもんねえ。
パヨクちゃんは「仕事せずに海外で遊んでるだけのアベガー」とか言って実績認めないけど。



関連記事

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カレンダー ▼

最新記事スクロール ▼

最新コメント ▼

月別アーカイブ(タブ) ▼

カテゴリー ▼

タグ ▼

プロフィール ▼


現在の閲覧者数: