FC2ブログ

丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2

【自分から見て左側を応援するBlog】 (速報性無し) 真剣なヌースほどニヤニヤして読むのが『礼儀』です。リンク転載FREEEEE 

 
【!】当ブログの趣旨はプロフィールに長々と読む気を失くすように書いてあります。
「国会・慰安婦質問」で、
Twitter内検索から除外などされておりましたが
18/10/18の「ウイグル」記事をもって
更新反映してもらえなくなりました。




GOOD LUCK!!  
 【入国管理局/情報受付】  
  ・不法滞在者様お一人につき最高5万円までの通報者全プレ
  ・匿名通報可(全プレなし)
  ・写メ付通報、携帯通報先「 info-tokyo@immi-moj.go.jp
  ・電話通報 「03 5796 7256」
  ・受付毎日9時~17時(年末年始12/29-1/3除く)


★161130 熊本地震におけるピースボートに関した細かい情報が、「仕事の支障になる」とのことで一部削除致しました。
★171108 ぱよちん記事における「ご本人様」が御写真が恥ずかしいとのことで削除されておりました
@管理人

200223 【韓流トレンデー】 特定肺炎/在韓米軍基地閉鎖

【在韓米軍】 「新天地教会」訪問の軍人・軍属らに「自宅隔離」を指示
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1582244247/


1 名前:影のたけし軍団ρ ★[] 投稿日:2020/02/21(金) 09:17:27.66 ID:CAP_USER

在韓米軍司令部が最近急激に拡散しているCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)に関して、朝鮮半島全域にある米軍の関連施設に対する「リスク」水準を一段階引き上げると発表した。

時に、感染者が大量発生した
大邱(テグ)の新天地教会を訪問した
米軍人とその家族などに、
自宅隔離措置を取るよう義務を課した。


大邱米軍基地など一部の地域にあるすべての学校や育児施設は20日に即日閉鎖さる。

在韓米軍は20日、公式ホームページにロバート・エイブラムス司令官を発信者とする公示を載せ、
「朝鮮半島全域の在韓米軍の人員および施設に対するリスクを韓国疾病管理本部の疫学調査が終了するまで一段階引き上げる」とし、このように発表した。

公示の中でエイブラムス司令官は、在韓米軍はCOVID-19の拡散を防ぐための「先制的」「予防的」措置を取るとし、「2月9日以降に新天地教会を訪問したすべての軍人は義務として自家隔離を実施する」と述べた。
そして、米軍人の家族、軍務員、用役契約人員などにも同じ措置を強く勧告すると述べた。

在韓米軍部隊内で働く韓国人労働者にも自宅隔離を勧告したものと解釈される。
このような措置は、韓国の防疫当局が感染源と感染経路を明らかにするまで続けられるという。

エイブラムス司令官はまた、大邱にいる人員と外部から大邱に来る者の不必要な出張も禁止すると明らかにし、大邱米軍基地と4区域(Area IV)にある学校、育児施設、子育て支援活動などを、ひとまず木曜日(20日)に即日すべて閉鎖するとした。

閉鎖期間中、大邱米軍基地や4区域の軍事施設などへの訪問は禁止される。在韓米軍は24時間ごとに閉鎖を続けるかについて決定する方針だ。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/35808.html



9 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2020/02/21(金) 09:35:44.33 ID:dD82ngB4
在日米軍は日本国内での指針て出ているのかな?

10 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2020/02/21(金) 09:36:39.85 ID:EGbPv14v [2/2]
>>9
Aのままだ。
統一北朝鮮はCくらいか?
Dなら大笑いだが。



12 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2020/02/21(金) 10:01:51.80 ID:V0RJiDUQ
新天地教会って、キリスト教といっても韓国の新興宗教団体でしょう。
なんで米兵が行くの?と思ったけど、
本当の対象は基地で働く韓国人労働者か。


↓  ↓  ↓  ↓


【速報】在韓米軍基地閉鎖[2/22]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1582367490/

1 名前:右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん[sagete] 投稿日:2020/02/22(土) 19:31:30.40 ID:CAP_USER
https://i.imgur.com/jasHWEq.jpg

日本でも起こらなかった
在韓米軍基地の閉鎖措置が
韓国で先に起きた。


例のコロナ教会で感染が大邱全体に広がったことで、在韓米軍司令部が米軍兵やその家族らに自宅隔離措置を命じたからだ。

これに伴い大邱米軍基地に加えそこにある学校や育児施設もすべて閉鎖された。
閉鎖を解除するかどうかは24時間ごとに決めるそうだが、今のところまだ解除されそうにはない。
感染者数が一気に346人になってしまったからだ。


https://news-us.org/article-20200222-00134517182-korea
News U.S.2020/02/22



35 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2020/02/22(土) 19:40:02.70 ID:o6ytMdtc [2/3]
米軍の連中新型コロナのなんか特別な情報つかんでるんじゃねえの



111 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2020/02/22(土) 20:03:01.18 ID:HpEfxFdf
どうしてWHOは
韓国をスルーするんだろ




213 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2020/02/22(土) 20:55:05.25 ID:HFu9hhFp
なんで一言目に日本が来るんだよ
最強にキモイなチョン新聞




247 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2020/02/22(土) 21:28:44.24 ID:MfEh7PBj [2/2]
>>1
韓国の下水道施設は貧弱だから
トイレットペーパーが流せなくて
汚物入れに入れる。

その為「糞」に排泄されたウイルスが
蔓延しやすい

韓国の衛生的な一般家庭のトイレ
https://dotup.org/uploda/dotup.org2069827.jpg
https://dotup.org/uploda/dotup.org2069830.jpg
dotup.org/uploda/dotup.org2069831.jpg
dotup.org/uploda/dotup.org2069832.jpg
dotup.org/uploda/dotup.org2069833.jpg
dotup.org/uploda/dotup.org2069834.jpg
dotup.org/uploda/dotup.org2069835.jpg




286 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2020/02/23(日) 01:40:48.83 ID:XcDJoLFE
CDC(疾病対策センター)は感染症対策組織として有名だけど
ここは冷戦時代にソ連の細菌戦の恐怖が言われた頃に
コカコーラ社の資金提供で作られた

アメリカにはもうひとつ有名な
アメリカ陸軍感染症医学研究所という感染症対策の組織があって
こちらは朝鮮戦争の時に米軍に熱病が蔓延した事をきっかけに作られた
その熱病が漢江出血熱(ハンタ熱)

なので朝鮮半島はアメリカ陸軍感染症医学研究所の故郷なのです


291 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2020/02/23(日) 02:37:25.49 ID:GcagXfhY [1/3]
ハンタ熱は日本が発見、研究したのでは?
近代化の時代は朝鮮半島は日本領だったからね。

299 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2020/02/23(日) 08:14:09.29 ID:IXYiq+sI
>>291
ウイルスが研究できるようになったのは電顕ができてから、戦後なのは間違いない。
まあパクチョンヒの国策留学生がアメリカで、て可能性が一番高いかと。

313 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2020/02/23(日) 13:02:20.67 ID:GcagXfhY [3/3]
>>299
朝鮮半島の風土病として、日本である程度研究されてたと、何かで読んだ記憶あり。
電顕は勿論無かったけど、日本が関与してたのは間違いないと思うよ。

315 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2020/02/23(日) 13:58:02.60 ID:6Xn4tszN [2/2]
>>313
タバコモザイクウィルスを結晶化したのは、1935 年だから、
電顕が使えなくても研究はできたんじゃないかな。




関連記事

Comment[この記事へのコメント]

NoTitle 

  • 名無しさん 
  • URL 
  • at 2020.02.24.: 08:46 
  • [編集]
>なので朝鮮半島はアメリカ陸軍感染症医学研究所の故郷なのです
アメリカ版731でっちあげにはちょうどいいなwww

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カレンダー ▼

最新記事スクロール ▼

最新コメント ▼

月別アーカイブ(タブ) ▼

カテゴリー ▼

タグ ▼

プロフィール ▼


現在の閲覧者数: