FC2ブログ

丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2

【自分から見て左側を応援するBlog】 (速報性無し) 真剣なヌースほどニヤニヤして読むのが『礼儀』です。リンク転載FREEEEE 

 
【!】当ブログの趣旨はプロフィールに長々と読む気を失くすように書いてあります。
「国会・慰安婦質問」で、
Twitter内検索から除外などされておりましたが
18/10/18の「ウイグル」記事をもって
更新反映してもらえなくなりました。




GOOD LUCK!!  
 【入国管理局/情報受付】  
  ・不法滞在者様お一人につき最高5万円までの通報者全プレ
  ・匿名通報可(全プレなし)
  ・写メ付通報、携帯通報先「 info-tokyo@immi-moj.go.jp
  ・電話通報 「03 5796 7256」
  ・受付毎日9時~17時(年末年始12/29-1/3除く)


★161130 熊本地震におけるピースボートに関した細かい情報が、「仕事の支障になる」とのことで一部削除致しました。
★171108 ぱよちん記事における「ご本人様」が御写真が恥ずかしいとのことで削除されておりました
@管理人

12/29 ③盛り上がっているところを失礼致しますがWHは東芝です

【電力】アブダビ原発、韓国電力連合が受注 日立・GE連合は敗退[09/12/28]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1261955950/

1 名前:やるっきゃ騎士φ ★[] 投稿日:2009/12/28(月) 08:19:10 ID:???

アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国は27日、アラブ諸国初となる原子力発電所の建設を韓国電力公社を中心とする韓国企業連合に発注することを決めた。
発注額は運転支援費用を含め400億ドル(約3兆6000億円)。

2017年以降順次運転を開始する。日米仏との官民を挙げての受注競争の末、韓国勢が海外で初の原発一貫建設を獲得。
日立製作所とゼネラル・エレクトリック(GE)を中心とする日米企業連合は敗退した。

韓国連合には韓国電力のほか現代建設や斗山重工業、サムスン物産などが参加、東芝と同社傘下の米原発大手ウエスチングハウスも技術協力で加わる。

27日にアブダビ側と合意文書を締結、調印にはUAEのハリファ大統領(アブダビ首長)と韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領が立ち会った。

ソースは
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20091228AT2M2701127122009.html
日立製作所 http://www.hitachi.co.jp/
株価 http://company.nikkei.co.jp/index.aspx?scode=6501





2 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2009/12/28(月) 08:20:03 ID:+1FtjH4a
韓国さすがだな


3 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2009/12/28(月) 08:20:28 ID:qeoBPF9r
爆発するねw


4 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2009/12/28(月) 08:20:42 ID:x1oHk2uw
<丶`∀´>誇らしいニダ



5 名前:やる騎士 ◆waRAicK79E @やるっきゃ騎士φ ★[sage] 投稿日:2009/12/28(月) 08:20:53 ID:???
関連ニュースです。ここに貼っておきます。

韓国陣営に原子力技術を200億円で供与 東芝と米WH
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20091228AT2M2701527122009.html

東芝と傘下の米ウエスチングハウス(WH)は、アブダビから原発を受注した韓国陣営に対し、建設に必要な基幹技術をライセンス供与する。
ライセンス額は200億円前後になるとみられる。韓国の原子炉はWHの技術を一部採用しており、建設にはWHからの技術供与が必要になる。

WHは韓国連合で発電設備の製造を担当する斗山重工業に対し、原子炉と蒸気発生器をつなぐポンプの技術を供与する。東芝も斗山に対し、蒸気でタービンを回して発電する2次系設備である蒸気タービンと発電機の技術を供与する。



14 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2009/12/28(月) 08:27:43 ID:4doPHyzn
>>5
馬鹿ですなあ
東芝も終わったな

29 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2009/12/28(月) 08:38:37 ID:jIbYxVjo
>>5
また東芝か
なんかほんともう東芝って売国だな

52 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2009/12/28(月) 08:56:20 ID:tJWI3kN9
>>5
東芝はさっさと土下座レイをだせよ!

100 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2009/12/28(月) 10:06:06 ID:iO0IDEoJ
>>5
これは酷いw

103 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2009/12/28(月) 10:07:37 ID:h3WFIWek
>>14
>>29
>>52
あのさ、技術って売れるときに売ってナンボだよ。
持っている技術は売らないなんてバカなこと考えている奴は、負け犬。

売れるものは打って、次の技術開発するものなんだぜ。
売るものなしに次の技術開発が出来ると思っている奴がたまにいるようだが・・・そういう連中って国賊だよな。
日本にとってそういう国賊はほんと邪魔。
日本は技術開発でリードしていくしか手がない以上、技術を売らなければ没落するだけ。




56 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2009/12/28(月) 08:58:39 ID:c7BPMPGd
400億のうち200億がライセンス料
東芝の一人勝ちじゃね

63 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2009/12/28(月) 09:02:20 ID:3a3aHqM0
>>56
ドルと円の違い

67 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2009/12/28(月) 09:04:16 ID:jIbYxVjo
>>56
400億ドルのうち200億円がライセンス料な

95 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2009/12/28(月) 10:00:54 ID:3aX4TL/x
>>67
400x91=36400億円の中から200億円か。東芝大勝利じゃんwwwwwwwwwww

156 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2009/12/28(月) 11:15:28 ID:nA1NJs9A
これ最初に東芝WH連合がふるい落とされたんだよな。
2ch的にはすっぱり諦めて日立GEか三菱アレバ連中に頑張ってもらいたかったが…
そりゃ東芝側から見ればライバル陣営に仕事渡すより自分達の発電設備
使ってもらって金取れたほうがいいわな。正直氏ねと思うが。

>>67
受注額(利益じゃないぞ)4兆の中でライセンス料だけで200億取れるならスゲーおいしいだろ。





44 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2009/12/28(月) 08:49:32 ID:uHFJSyJf
韓国は大統領自らトップセールスしたのが大きい

友愛友愛で外遊三昧して外国に援助ばら撒いてるだけの鳩山には
こういう雇用増に貢献する外交は全くないが

66 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2009/12/28(月) 09:03:53 ID:1VVMUayD
>>44
まあアキヒロは鳩山より有能だもんな…
はぁ。


70 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2009/12/28(月) 09:09:44 ID:apqOlYTe
>>44
鳩山はセールスどころか妨害したからなww





102 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2009/12/28(月) 10:06:20 ID:8ECfHpC/
アラブだと作って終わりじゃなく完成してから運用まで任されるんだろ
あいつら全部外人を使って自分たちは何もやらないんだよな

110 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2009/12/28(月) 10:14:51 ID:i6E8WaH8
>>102
クエートを見ると、戦争まで他人まかせ、自分たちは
エジプトの高級別荘地に避難。みなさんありがとうと
新聞広告を出しておわり。









http://www.chosunonline.com/news/20091228000029
http://www.chosunonline.com/news/20091228000030

原発輸出:李大統領、陣頭指揮で見せた手腕(上)



事実上の国家対抗戦 李大統領がフランスのサルコジを破った

不利な状況にあった11月の初めから、王子に6回電話

「百年の知己になる」として説得 「UAEが望むものは最大限受け入れよ」とも指示

 11月初めごろ、李明博大統領がアラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビで実権を持つムハマド王子に電話をかけた。
UAEへの原子力発電所輸出を実現させるためだ。

フランスのアレバ社を中心とする企業連合や米GE日立の企業連合との激しい受注競争を戦ってきた韓国電力が、「有利な状況にある」と大統領府に報告を行った直後だった。

しかし李大統領の感触は違った。
現代建設社長だった当時、李大統領は海外で豊富な事業経験を積んできたが、今回は王子に電話をかけた直後に非常体制を取るよう指示した。

「あまり良い感触ではない」「雰囲気がおかしい」というのが李大統領の判断だった。
ムハマド王子は李大統領に対し、「韓国政府は何をしてくれるのか」という趣旨の言葉をぶっきらぼうに掛けてきたという。
李大統領は11月中旬、韓昇洙前首相や金泰栄国防部長官らからなる特使団をUAEに急きょ派遣した。


かの分野とは異なり、原子力発電所の建設受注は国家対抗戦とも呼ばれる。
額が非常に大きく、国益を総合的に判断して戦略的に契約を結ばなければならないからだ。
過去数十年間、世界各国の原発建設契約が事実上の随意契約で行われてきたのも、このような事情があるからだ。

UAEは今回初めて国際競争入札を行ったが、最終的な結論が出る時期が近づくと、やはり政治的判断が大きく作用し始めた。
9月以降は事実上、韓電とフランスのアレバの両企業連合に絞られたが、これは企業同士の地上戦よりも国同士の空中戦の方が重要になってきたことを意味する。

アレバは価格面や工期など、提案書の内容では最低の評価だったが、フランスとUAEは伝統的な友好国でもあるため、サルコジ大統領が中心となって綿密に逆転を狙っていた。
サルコジ大統領は「UAEの戦闘機をフランス製のミラージュから最新型のラファエロに交換する。

「60機いや100機分だ」「UAE に駐屯するフランス軍を増強する」などと提案してきた。
ホルムズ海峡をはさんでイランと対峙(たいじ)するUAEへの軍事支援を大幅に強化するという意味だ。

さらにフランスはUAEが文化的な側面でも発展を目指していることに目をつけ、ルーブル美術館の分館建設も提案した。
さらに「UAEが大使館などを持たない国では、フランス大使館を無償で使っても良い」「核の傘を提供する」などとまで持ち掛けていたという。
サルコジ大統領は5月にアブダビを訪問し、ムハマド王子に対して週に2回から3回も電話をかけることもあったという。


李大統領は7月に韓電がUAEに提案書を提出する際、
「工期を6カ月短縮せよ」
「事業費をさらに10%安くして提出せよ」

などとアドバイスしたという。


韓電の関係者は「李大統領は工期を短縮するよう指示してきたが、最初は無理だと思った。しかし計画を見直してみると可能だった。今回の受注競争では李大統領が事実上の総監督のような役割を果たした」と述べた。

 李大統領は11月の初めにムハマド王子と初めて電話で話をし、これまで計6回通話した。
さらに外交経路を通じて親書も送ったという。

大統領府の関係者は「何よりも李大統領は、韓国と UAEが今回の原子力発電所建設事業を通じて、“百年の知己”になるという点を強調して説得した」と語る。
参謀らは李大統領がムハマド王子と電話する際、英語の通訳を置くことを勧めたが、李大統領は「相手の心を動かさなければならない」として、アラビア語の通訳を置くよう指示したという。

李大統領は今月中旬に国連気候変動会議に出席するためコペンハーゲンを訪れた際にも、「ムハマドからいつ電話が来るか分からない」として、アラビア語の通訳を常に帯同したという。
予想通り李大統領はコペンハーゲンでムハマド王子から、「アブダビに来てほしい」という連絡を受けたという。

 李大統領は原発受注に向けた各部処(省庁)による支援を調整する責任を、大統領府の尹鎮植政策室長に任せ、「経済、国防、教育、文化など、それぞれの分野でUAEが望むことはできる限り聞いてやれ」と指示した。
尹室長は外交通商部、国防部、知識経済部、教育科学技術部、韓電幹部らが出席するプロジェクトチームを指揮するに当たっては、素晴らしい調整力を発揮したという。

 これらのプロセスを経て、原子力だけでなくリサイクルエネルギー、ICT(情報通信技術)、造船、半導体、人材育成など、韓国とUAEの間でさまざまな分野の経済協力協定が締結された。
軍事面での破格の協力体制構築も大きく作用したという。最終的に経済、安全保障、教育などを網羅するパッケージプログラムが、UAEに提供されることになった。

 それでも大統領府と韓電は最後まで気を抜くことはできなかった。
先週の時点になってフランスは自分たちの提案内容を修正しながら、UAE側に働き掛けていたという。

フランス政府は最終的にはUAE側が脅迫と感じるほどのジェスチャーまで示したという。
しかし12月27日にUAEが400億ドル(約 3兆6500億円)規模の原発建設に向けた契約のために首脳会談に招待したのは、サルコジ大統領ではなく李大統領だった。

アブダビ=朱庸中記者







関連記事

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カレンダー ▼

最新記事スクロール ▼

最新コメント ▼

月別アーカイブ(タブ) ▼

カテゴリー ▼

タグ ▼

プロフィール ▼


現在の閲覧者数: