FC2ブログ

丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2

【自分から見て左側を応援するBlog】 (速報性無し) 真剣なヌースほどニヤニヤして読むのが『礼儀』です。リンク転載FREEEEE 

 
【!】当ブログの趣旨はプロフィールに長々と読む気を失くすように書いてあります。
「国会・慰安婦質問」で、
Twitter内検索から除外などされておりましたが
18/10/18の「ウイグル」記事をもって
更新反映してもらえなくなりました。




GOOD LUCK!!  
 【入国管理局/情報受付】  
  ・不法滞在者様お一人につき最高5万円までの通報者全プレ
  ・匿名通報可(全プレなし)
  ・写メ付通報、携帯通報先「 info-tokyo@immi-moj.go.jp
  ・電話通報 「03 5796 7256」
  ・受付毎日9時~17時(年末年始12/29-1/3除く)


★161130 熊本地震におけるピースボートに関した細かい情報が、「仕事の支障になる」とのことで一部削除致しました。
★171108 ぱよちん記事における「ご本人様」が御写真が恥ずかしいとのことで削除されておりました
@管理人

6/13 「アイヌ」という「在日」が出来る日 ~蝦夷と熊襲も先住民でぉK

【在日】在日韓国・朝鮮人『他民族政策』のきっかけに…アイヌは日本の先住民 [08/06/11]

1 名前:星空φ ★[御依頼] 投稿日:2008/06/11(水) 03:16:14 ID:???
在日韓国人ら 多民族政策 今後に注目

アイヌ民族を日本の先住民族として認定することを政府に求める国会決議が6日、初めて衆参両院の本会議で可決された。国連が昨年9月、先住民族の権利宣言を採択したのを受け、決議した。

これを受け、日本政府は官房長官談話で『アイヌは先住民族であるとの認識の下に、これまでのアイヌ政策をさらに推進する』と表明した。『同化政策』と批判を受けてきた明治以来のアイヌ政策と違った政策を日本政府は検討することになった。

国会決議が、多民族・多文化の新しい民族政策のきっかけとなるかを在日韓国・朝鮮人識者は注目している。
(金総宰)

日本政府はこれまでアイヌの日本先住性は認めている。
しかし、独自の言語、宗教や文化、土地資源などを持つ集団としての先住民族としては認定を拒んできたといわれる。今後、首相官邸に『アイヌ有識者懇談会』を設け、アイヌを先住民族と認めた場合の先住権の内容を検討するとも伝えられ、注目される。

国連の宣言は、先住民族の権利として自決権、教育権、土地権などに触れている。先住民族が移住者集団によって土地や天然資源を奪われた歴史に立脚したもの。オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、米国の4カ国は反対した。

北海道、樺太、千島、東北北部に住んでいたといわれるアイヌは、江戸時代、近世以降、松前藩の支配を受け、漁や狩り、交易を制限された。

明治政府の北海道開拓政策、土地収奪、アイヌ同化政策、北海道旧土人保護法によって固有の文化・慣習が失われ、人口は激減したと言われる。

1807年に2万6256人、1873年 (明治6) に1万6272人で、現在、北海道には2万3782人のアイヌが居住する (06年、道庁の生活実態調査)。
これらはアイヌであることに自ら署名する人々の数だ (北海道ウタリ協会)。

97年、アイヌ文化振興法が制定された。今度の国会決議が、多文化社会志向を強めるきっかけとなると見られる。

国会決議について、北海道ウタリ協会関係者は『超党派で先住民族に対する施策を促したことに意味がある』とコメントした。

戦い続けた力の源泉思う
比較文化学者・金両基

久々に胸が躍った。『北海道旧土人保護法』によって同化を強いられた呪縛を自ら断裁した強靱な精神に驚嘆している。

アイヌ新法で見送られた『先住民族』は権利という中身は抜かれたが認めさせた。数万のアイヌが艱難辛苦をともにして力を結束して国策を変えさせた。『北海道旧土人保護法』の制定から101年かかって戦い続けた力の源泉は、アイヌの誇りであろう。


■ソース
アイヌは日本の先住民
http://www.onekoreanews.net/past/2008/200806/news-syakai02_080611.cfm

■関連スレ (他多数)

【ネット】『2ちゃんねる』で目立つ部落・在日韓国・朝鮮人差別…メディア倫理が機能せず人権侵害の要因に★9[06/07]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1212922943/

【北海道】 アイヌ民族、在日朝鮮人ら交流 札幌でマイノリティーフォーラム [10/22]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1193038457/

【週刊新潮】“在日韓国人だけ”なぜ安い? 孫正義さん「ソフトバンク」の通話料金はヘンです![02/14]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1203026130/

【書評】 在韓在日韓国人は、日本に帰った方がよい?~『在日朝鮮人、彼らはだれか』[09/04]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1188916199/

【在日参政権】世界にも例のない優遇された地位の在日韓国・朝鮮人…帰化条件緩和は特別永住者制度廃止とセットにすべき★7[05/09]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1210380856/

【週刊新潮】払ってもいない年金を在日韓国・朝鮮人に支給する小平市の「給付金制度」…総連と民団に便乗する公明党が音頭取り[01/31]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1201842103/






2 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2008/06/11(水) 03:17:42 ID:36DqSrkC
 何で外国人が出てくるんだかw


3 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2008/06/11(水) 03:18:29 ID:9JCeB8gb
 朝鮮人には関係の無い話だ。


39 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2008/06/11(水) 03:43:04 ID:yC2knajC
 アイヌはれっきとした先住民。在日朝鮮はれっきとした不法移民。


 いっしょにするなよ。
 

41 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2008/06/11(水) 03:43:59 ID:MvFtD/Pi
 アイヌ…先住民
 在日チョン…不法入国


42 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2008/06/11(水) 03:44:09 ID:UNlyeIeZ
 ほらほら棄民どももさっさと半島帰って住民と認めるよう騒いで来いよ


43 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2008/06/11(水) 03:47:25 ID:biCohiSA
 民族と先住民族を混同してないか


71 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2008/06/11(水) 04:05:40 ID:wSspd+ZM
 んんん??
 これは・・・なんで在日が喜んでるんだ??
 アイヌと在日とじゃ立場が180度違うよね?
 元々日本列島にいたアイヌに対して在日が日本列島にはびこり出したのは20世紀初頭あたりでしょ?
 先住性の高い民族に対する権利保証でしょ?
 まさか例のオカルト歴史を持ち出して日本人と先住性を争うつもりじゃないよね?


 すまん、奴らの狙いがわからん。
 バカなおいらにマジレスプリーズ。



80 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2008/06/11(水) 04:13:22 ID:yxoV1Zxy
 アイヌ民族は日本国民。
 朝鮮民族は日本国民ではない。

 アイヌ→日本 が 押し掛け同化・融和。
 朝鮮人→日本 へ 押し掛け同化・強迫。

 ここが違う。
 在日朝鮮人はまず祖国へ帰れ!


83 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2008/06/11(水) 04:14:11 ID:s0XBH5wu
 縄文人も先住民になりますか?



84 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2008/06/11(水) 04:15:05 ID:ITRjYyEA
 >>77 アイヌは日本列島の先住民ではないわな。
 なぜなら現日本人も元から日本列島に住んでいたから。
 我々は縄文人の直接の子孫である。

92 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2008/06/11(水) 04:23:08 ID:PgN8XCMR
 >>84
 そうだよね。この記事の先住民族って定義自体がおかしい
 アイヌは人数が少ないだけで、先住って事実は確認されていない




【管理人の独り言】
因みに、南北朝鮮人は「先住民」ではありません。


関連記事

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カレンダー ▼

最新記事スクロール ▼

最新コメント ▼

月別アーカイブ(タブ) ▼

カテゴリー ▼

タグ ▼

プロフィール ▼


現在の閲覧者数: