FC2ブログ

丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2

【自分から見て左側を応援するBlog】 (速報性無し) 真剣なヌースほどニヤニヤして読むのが『礼儀』です。リンク転載FREEEEE 

 
【!】当ブログの趣旨はプロフィールに長々と読む気を失くすように書いてあります。
「国会・慰安婦質問」で、
Twitter内検索から除外などされておりましたが
18/10/18の「ウイグル」記事をもって
更新反映してもらえなくなりました。




GOOD LUCK!!  
 【入国管理局/情報受付】  
  ・不法滞在者様お一人につき最高5万円までの通報者全プレ
  ・匿名通報可(全プレなし)
  ・写メ付通報、携帯通報先「 info-tokyo@immi-moj.go.jp
  ・電話通報 「03 5796 7256」
  ・受付毎日9時~17時(年末年始12/29-1/3除く)


★161130 熊本地震におけるピースボートに関した細かい情報が、「仕事の支障になる」とのことで一部削除致しました。
★171108 ぱよちん記事における「ご本人様」が御写真が恥ずかしいとのことで削除されておりました
@管理人

3/31 水資源じゃなくて『水源テロ』って言えば注目されるかも

【不動産】中国などの外資、国内複数の山林買収を打診 調査報告書で明らかに…水資源が目当てか [03/29]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1269865248/


1 名前:きのこ記者φ ★[] 投稿日:2010/03/29(月) 21:20:48 ID:???

埼玉や山梨、長野、岡山県など全国各地の水源に近い山林について、中国などの外国資本が買収の打診をしてきていることが、東京財団がまとめた「グローバル化する国土資源(土・緑・水)と土地制度の盲点」と題した調査報告書で明らかになった。

類似した事例は昨年、三重県大台町、長野県天竜村でも確認され、林野庁が調査に乗り出す事態にもなった。

報告書は外国資本進出の背景に、水資源などの資源獲得競争がグローバルに展開されている世界的潮流があると指摘。
「日本の土地制度には、国土を守る意味で多くの問題がある」と警鐘を鳴らしている。

報告書によると、ほとんどが森林で占められる5ヘクタール以上の土地取引は、平成20年の統計で、10年前に比べ面積で倍以上、件数で1・5倍の増。
また、具体的な事例を並べたうえで、山林買収は事実関係の把握が困難とも指摘した。

背景として、世界の水需給の逼迫(ひつぱく)が予測され、日本の「水」が狙われている可能性に言及。
特に中国の水需要が2004年までの7年間で4倍以上伸びており、日本から水を調達するために買収に触手を伸ばしている可能性を指摘している。

また、今後、環境問題の取り組みが世界的に強化されるなかで、二酸化炭素(CO2)吸引源とされる森林やその生態系に新たな価値が付加されるとにらむ期待投資で森林売買が加速する可能性も指摘した。

報告書では、日本の土地制度が諸外国に比べて極めて強いとも指摘。
いったん外国資本に所有されると、それを手放させることが難しいため、
事前の実態把握と事前届け出など諸規制を提言している。


また、水源林以外にも、香港資本や豪資本の買収によって地価上昇率が3年連続全国一となった北海道ニセコ町の例や、廃屋化したホテルなど買収、更地化して分譲マンションを建設中の長野県白馬村での豪資本の動きを例示。

公益や安全保障などの観点から、国土資源(土地・森林・水)を守るために十分な備えが諸外国並みに必要だと説いている。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100329/crm1003290107000-n1.htm




2 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/03/29(月) 21:21:59 ID:kE3FLzeD
中川さん・・・


4 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/03/29(月) 21:23:43 ID:h8ChJBJP
酒蔵も狙われてるみたいだぞ
水の権利を持ってるから。
外国が農林を買うのは制限しないといけねーだろ



5 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/03/29(月) 21:24:40 ID:MMvIzd2N
中川(酒)…



19 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2010/03/29(月) 21:37:25 ID:MPmR8Cb2
水利権という言葉をこの記事書いたやつは知らんらしいな。
水源林を抑えてもそこには利用できる水はない。

77 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 01:57:23 ID:neuUhJ/s
>>19
どうやって港まで水を持って行くんだって話しだよな。

山林買収は、単純に木材目的な気がする。




26 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/03/29(月) 21:51:41 ID:+bKQ89Cl
これって「水」じゃなくて「材木」なんじゃねーの?

57 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/03/29(月) 23:13:17 ID:RLfhqJkK
>>26
俺も材木だと思うよww
水は法律でガチガチに縛られて無理ww

61 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2010/03/29(月) 23:17:24 ID:sRNjwEiz
>>57
つうか「投資」なだけかもよ。

水資源への投資を仕掛けてるインチキまがいの
会社があって、日本の森に投資しろと宣伝してるとか。

資源中心に投資するファンドもあるから、買い付けておけば
自分の会社にファンドが投資してくれるし。






22 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2010/03/29(月) 21:47:49 ID:SF5h6JEK
水資源って・・・海の下に水道管を通すのか?

28 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/03/29(月) 21:54:35 ID:sRNjwEiz
>>22

1に「日本から水を調達するため」とあるけど意味不明だよな。

>日本から水を調達するために
>買収に触手を伸ばしている可能性を指摘している。

山奥のダムからパイプを伸ばして市街地を抜けて港まで通して、
そこからタンカーに積み込むとでもいうのかねえW

海水を淡水化するプラントを建てた方が何十倍も簡単でコストも
かからんだろ。

31 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/03/29(月) 22:05:27 ID:RipdIKZS
>>28

エビアン、ボルビックみんなやってんじゃん。
世界中に向けて。

飲料メーカーは自分の持っている水源を絶対に公表しない。
水源を押さえるって言うのは実はすごい宝野山みたいなもんだ。

日本は水に恵まれているから、わからんが中国みたいな国では
自然の水は石油みたいなもん。

だから注意しろってこと

32 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/03/29(月) 22:15:55 ID:sRNjwEiz
>>31
そりゃ、ガソリンより高い値段で売れるミネラルウォーターだからだよw

それに日本も水需要は恵まれてるわけじゃない。現に都市部では
余ってないし、地方では渇水被害が毎年おきてるし。

それに源泉を公開してる。そこの検査を受けてるわけだから。
エビアンなんてでかく表示してるぞ。
源泉を公開しないのは水道水を詰めてる場合で表示不能な場合(大手でけっこうある)

38 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/03/29(月) 22:26:07 ID:fAmE3Rgp
>>32
水道水をボトルに詰める? 
水道水の価格のほうがミネラルウォーターより高いのに? そんなアホな話があるかw
伊藤ハムがシアン化合物を含んだ水を使ってたのは公共からの取水に金がかかるから
自分のとこから水をとって問題なったんだぞ

ミネラルウォーターに検査なんてないのと一緒で、緩すぎるし

40 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/03/29(月) 22:28:32 ID:sRNjwEiz
>>38
>水道水の価格のほうがミネラルウォーターより高いのに? そんなアホな話があるかw

それが世界各国で現実にあるんだからしょうがねえだろ。
アメリカではコカコーラやペプシ社が大々的にやってる。

それと日本でも水道局が金町浄水場の水を詰めて売ってるがな。
東京だと「東京水」という



36 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/03/29(月) 22:23:08 ID:VhRkTWoW
>>31
たとえば中国の飲料メーカーが、六甲の土地を取得して水を採取できたとして、
それが僅かでも構わないとして、中国本土で採取した水とブレンドして、中国国内で、
日本の六甲の水として売り出せる。ブランド力を付与できる。

そういう事も可能という話だろうか。

42 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/03/29(月) 22:32:18 ID:pUbsEybP
>>36
そういうことだよ。
中国では Made in Japan の食品はブランドだから。

ちょっと前に築地で中国人がマグロを競りで落としたのも
日本の食材っていうのがブランド化してるから。
中国人も自分たちの国で作ってる食品は信用してないんだよねww
毒餃子の事件を例に出すまでもなく。

49 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2010/03/29(月) 22:52:06 ID:VhRkTWoW
>>42
つまり、量は必要ないということですね。

すると、日本は今後、中国向けに、安心安全な食品や、高度な医療、
そして食品、医療、環境を含めた湯治的な、長期滞在型の健康・観光産業を
今後は伸ばそうとしているにも関わらず、コストの掛かる安心安全のブランド維持費は日本持ちで、
安心安全のブランド使用料は、日本の土地を一坪でも買えば足りるという、
逆ユニクロ商法をやられるわけですね。


33 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/03/29(月) 22:17:51 ID:fAmE3Rgp
>>28
水メジャーが世界でやってること何も知らんのだな・・・・・
枯れるまで取水して生態系はボロボロ 
水道事業に入り込んで、水道価格操作

ちなみに日本の上下水道にもすでにフランスの水メジャーが入り込んでる

そのうち、日本の水道も価格操作される時がくるんだろ 対策しない限り

35 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/03/29(月) 22:21:33 ID:sRNjwEiz
>>33
あふぉか。水メジャーなんて何年も前から話題になってるw
それくらい新聞を読んでればアホでも知ってるだろ。

>日本から水を調達するために
>買収に触手を伸ばしている可能性を指摘している。

わからんのは「日本から水を調達する」って表記についてだw




62 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/03/29(月) 23:18:26 ID:AA6xR6/f
日本の山林は流動性が低いからポートフォリオに組み込み難い。

63 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2010/03/29(月) 23:25:43 ID:sRNjwEiz
>>62
61で書いたのは、水源森林を持っている会社へのファンド投資ね

資産株への投資ファンドとおなじ構図。持ってる資産の内容が
問題で流動性はあまり関係ない。







【コラム】狙われる国土、森、水、なぜ日本は手をこまぬいているのか--平野秀樹(東京財団研究員) [03/30]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1269931338/

1 名前:ライトスタッフ◎φ ★[] 投稿日:2010/03/30(火) 15:42:18 ID:???
■到来するフォレスト・ラッシュ(森林争奪)時代

レアメタル(希少鉱物)やレアアース(希土類)の市場が熱い。
農地も世界各地で争奪戦の様相だ。
西欧や産油国、中国などが、積極的に農地を求め、支配下に置いている。
ゴールド・ラッシュ、オイル・ラッシュにつづいて、ランド・ラッシュ(土地争奪)だ。

森林にも触手が動いている。米国の有力投資家たちは現地法人を通じ、ブラジル・アマゾン流域の森林を買収する。その森は生物多様性の観点から最も多様な種を擁して、しかも世界の肺ともいわれるエリアだが、それらを遺伝子組み替えの大豆畑にするという。

日本国内でも、さまざまなセクターが山林買収に乗り出している。
過去10年間の土地取引件数(5ヘクタール以上)は、ここ数年で急増した。
年間800件(2000~2002年)だったものが、1100~1200件(2006~2008年)に増えた。40~50%の増加だ。

その総土地取引面積も大幅に増加している(下図)。
住友林業はここ2年で、所有森林を17%増の5万ヘクタールまで増やす計画」だし、木材流通業者も森買いをはじめた。

林業に縁のなかった異業種からの参入もある。
とりわけ新興の不動産業者が山林相場を活気づけている。フォレスト・ラッシュ(森林争奪)だ。

●グラフ/山間部に相当する地域の土地取引面積の推移
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100326/213636/graph01.jpg

産業としての「林業」が儲からず底冷えしているのと、好対照である。

その狙いが木材でないなら、水、CO2、あるいは生態系サービスの市場化だろうか、それとも国土という土地資源なのか? 顔がなかなか見えないセクターもある。

投げ売りしたいと急ぐ森林所有者と、狙いはわからないが買収をもくろむ複数のバイヤー。
それらを山林ブローカーたちがつないでいく。森へ向かうのは“森ガール"だけではないのだ。

■顔の見えない購入者はやがて…

森林買収が増えていく中、外資の噂が絶えない。

「ある日突然、新たな森林購入者が現れ、付近一帯の山々を占有したことを宣言して土地を囲い込み、民間警備会社に厳重な警備をさせて地域住民を排除する。
そして、隣地に無断で一方的に境界を主張し、伐採や投棄を行ったり、地下水を大々的に揚水したりしはじめる。

やがて、水位が変化したり、汚染が拡がっていったりしたとき、その森林が下流地域に対して果たす基本インフラとしての側面から、また 国家安全保障(national security)の観点から問題になっていく。本社が海外にある場合は、海を越えての境界紛争や環境論争がはじまっていく。そんな近未来もあながち絵空事ではないはず…」

これらを小説だという人もいる。
口裂け女や人面魚と同じ「都市伝説」にすぎないという。

あるいは、日本の土地制度の特異性を知悉したセクターによる「見えにくい足場づくり」だとする外資脅威論者もいる。

水源林買収の噂がどの範疇に入るのか不明だが、問題は予測されうる未来に対し、十分な備え――最低限の制度が諸外国並みに揃っていない点だ。加えてインフルエンザのパンデミック騒ぎに比べ、テーマへの制度的な対応が鈍い点も気になる。

特に、地図混乱地域(登記所の公図と土地の位置・形状が著しく相違している地域)では、「時効取得」を根拠に、20年経つと、後発の参入者が所有権を一方的に主張していく可能性もある。

そういった事態が発生してしまった場合、手遅れだったと気づいてもにわかには措置しようがなく、元に戻すには、膨大なコストと時間を要することを知らなければならない。

なぜこういった警鐘を鳴らすのか。

日本の土地制度には、3つの盲点があるからである。

■「済州島を買っちまえ」

2008年10月。国境の島・対馬の不動産が韓国資本に買収されたと話題になったとき、当時の総理は次のようにコメントした。

「土地は合法的に買っている。日本がかつて米国の土地を買ったのと同じで、自分が買ったときはよくて、人が買ったら悪いとは言えない」

外務省も静観した。
「合法的な取引について政府として何か言う立場にない。規制できるものかどうかわからない」

果たして、マンハッタンのビルを買うことと国境離島の買収は同じだろうか。

その後の2009年3月。連合の笹森清氏(前代表)が民主党首脳との会話を披露した。
「対馬が(韓国の)ウォン経済に買い占められそうだ」

こう言った笹森氏に、民主党の小沢代表(当時)は次のように応じたという。
「そのことを心配するなら、いま絶好のチャンスだ。円高だから済州島を買っちまえ」

地元長崎の衆議院議員のパーティー会場での会話だったというから深い意味はなかったろうが、果たして済州島は買収できるのだろうか。ちょっと気になって調べてみた。

結論を言うと、済州島を買いとることは不可能である。

なぜなら、韓国には「外国人土地法」が機能していて、外国人が韓国国内で土地を所有する場合には制限が課されているからだ。

生態系保全区域や文化財保護地域、軍事目的上必要な島嶼地域等の土地売買は、許可が必要とされている。
済州島には周辺離島も含め、国境警備のために軍が常駐しているから、全島を買い取ることは事実上不可能だ。

これに対して、日本国内では土地はだれでも購入することができる。国籍を問わない。
対馬も例外ではなく、土地売買はフリーで特段の制限はない。不
動産登記簿に国籍を記入する必要もない。

大正14年(1925年)に制定された「外国人土地法」が残っているものの、全く機能していない。
肝心の制限区域の基準や要件が政令によって定められていないから、眠れる法律のままになっている。

私たちが済州島を買うことはできないけれど、外国人は対馬はもとより日本全土を買うことができる。しかも無制限である。下表に示すように、アジアで外国人がフリーに土地所有できる国は日本だけだ。

1つ目の盲点がこれである。


●表/外国人(法人)の土地所有規制の状況 http://wktk.vip2ch.com/vipper12986.jpg


■のけぞったドイツ人

2つ目として、足元の地籍が日本は不十分だということが挙げられる。

「本社に報告しておかねば…」

ドイツ銀行の支店長は驚愕してのけぞった。

「日本の国土の半数以上にきちんとした測量図がないなんて…ドイツではあり得ない。
地籍がないということは、担保価値がないということ。われわれドイツ人は全く知らなかった。それにしても大きな問題だ」

日本経済団体連合会での会合の1コマだが、日本の土地の区画や面積が曖昧のままであることを聞いた支店長は、「信じられない」を繰り返した。

確かに、日本では地籍調査が国土の48%しか進んでいない。
これまで60年間の歳月をかけてやってきたけれど、半分以上が未了だ。

山林では6割が手つかずで、毛筆で記された漫画のような図面しか備わっていない。
不動産登記簿も正確な状況を表しておらず、所有者の登記漏れ、相続時の名義変更漏れは珍しくない。
つまり、誰がどの土地を、何の目的でどれだけ所有しているか、国家として現状をきっちりと把握する仕組みがない。

地域差も大きい。
地籍調査の進捗率は大阪府が4%、奈良県が10%、千葉県が13%、東京都が19%だ。

確定できた地籍がこの割合しかないというのは、恐ろしいことだが事実である。

ドイツはちがう。地籍は全国土の100%が確定済みだ。
一筆ごとの境界情報は山林の場合、「軍」の情報管理部門が一元的に管理している。

世界比較をしてみると、ドイツのみならず、フランス、オランダ、韓国も地籍が100%確定している。

フランスはナポレオン時代に一度実施し、1980年代後半には2度目の調査を完了させている。

哀しいかな日本は、太閤検地以来、境界確定が手つかずという土地が全国いたる所に残ったままになっている。

■世界一の土地私権

3つ目は、土地私権の強さである。

日本の特殊性は、私的土地所有権でも際立っている。
諸外国に比べ、個人の権利がすこぶる強い。世界一だろう。

国家の公権が私的土地所有に及ぶ力は、日中韓で比較するなら、中国が最も強く、韓国がそれに次ぐ。
それゆえ、彼の地の公共事業は必要とあれば突貫工事で瞬く間に終了する。

北京五輪(2008年)の広域幹線道路やソウル市内の清渓川復元プロジェクト(2005年)に関して言えば、それらの完了に至るスピードは日本では考えられない。
不可能だ。

日本の土地収用法が、大いに機能したという話は聞こえてこない。
外環道(東京外かく環状道路)は日本国が必要と認める事業だが、計画が出来上がってから数十年経ても、未だ地権者の合意が得られず完成していない。

北京にもソウルにも、高速環状道路は複数あるが、東京には1本もできていない。
成田国際空港も全く同様で、ハブ空港までの道のりは険しく長い。伝家の宝刀――土地収用法が機能せず錆ついてしまっている。

日本では林地の所有権を手に入れた者は、かなり強い私権をもつことになる反面、義務は驚くほど安い固定資産税を納めるだけでよい。1ヘクタール(3000坪)の林地なら、年間2000円程度だ。

開発についても、比較的自由な振るまいが所有者は可能である。温泉や井戸も掘れる。
掘って思う存分、温泉水や地下水を汲み上げることができる。その量に制限はない。
これほど自由な林地の扱いでいいのだろうか。

日本における土地所有権(私的財産権)は実質的に絶対不可侵に近く、土地という財産を保持することの効力はおそらく世界で最も強いと考えられる。
何人も土地さえもっていれば「地下水も温泉も自分のものだ」と、私的権利をどこまでも主張できる可能性がある。

もし、この国内事情に通暁した主体が土地買収を計画的に進めているとするならば、すぐれた支配戦略であり、その主体は確かな未来の繁栄を手にすることだろう。
国土が余すところなく買収されてしまえば、主権はどこにあるのかわからなくなってしまう。

(1)外国人土地法が機能せず、また
(2)土地制度の起点となる地籍も確定していない。にもかかわらず、
(3)私的所有権が驚くほど強い――というのが日本だ。

わが国はこういった3点セットの特性をもっているという現実を知っておかねばならない。

■なぜ日本は手をこまぬいているのか?

最後にもう1つ。外国人土地法が目下のところ、使えないことはわかったが、外為法(外国為替及び外国貿易法)は、national securityの観点から機能するだろうか。
これにも言及しておきたい。

米国では近年、この分野の規制法について強化を進めている。
1988年のエクソン・フロリオ条項の拡大、1992年のバード修正条項、2007年の外国投資国家安全保障法の制定――である。

外国からの投資に対して、国家の安全保障のみならず、重要なインフラの概念を審査の対象に追加し、幅をもたせた観点で国土を衛ることとしている。

わが国では2008年、Jパワー(電源開発)への英国ファンドの投資に対し、外為法によって「公の秩序の維持」を理由にこれまでで唯一、中止命令を出したが、水源林が買収される場合はどうであろうか。

同法では、「林業」への外国からの投資なら事前届出が必要だが、「不動産業」や「リゾート業」への投資なら事後報告でよい。フォレスト・ラッシュがつづく中、法の抜け道はいくつも探せそうだ。
これからはM&Aで、大量の森林不動産を抱えた企業の社名が頻繁に変わっていくかもしれない。


こうしている今も、顔の見えない森林所有者や不在村の森林所有者が増えていることだろう。

水とつながる森林は生命の維持に不可欠な資源であり、地域にとって、また下流域にとってかけがえのない社会的資本――基本インフラなのだが、水源林を山ごと売りたがる冷めた対応が続いている。
辺境が翳りゆく中、これまでの経験知だけでは対応できない事象が辺境から起こりはじめている。

本来、国家戦略とは採算が見込めないハードへのバラマキを続けることではなく、情報を制し、足元を見据え、その上で踏み出していくことではないか。
手をこまぬくばかりで「あり得ない買収事例」や「状況証拠」をただ待つのではなく、せめて諸外国並みの制度的な備えを急いでいくべきだ。

◎執筆者/平野 秀樹(ひらの・ひでき)

東京財団研究員、森林総合研究所理事。1954年生まれ。九州大学卒。国土庁防災企画官、大阪大学医学部講師、環境省環境影響評価課長、林野庁経営企画課長などを経て現職。
博士(農学)。



◎ソース http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100326/213636/?P=1




6 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/03/30(火) 15:48:40 ID:8ZNN/HfV
長すぎる誰も読むヤツいない

20 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/03/30(火) 15:59:58 ID:Ftk0f+X9
>>6
日本中が君のレベルに落ちたら日本はお終いだ




7 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 15:48:58 ID:Rvtpzo/C
> 哀しいかな日本は、太閤検地以来、境界確定が手つかずという土地が

やっぱ太閤様はすげえええ




13 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/03/30(火) 15:55:52 ID:2CrXrp9s
きょーみあるけど3行で頼むわ

18 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/03/30(火) 15:58:26 ID:XTfcdIgC
>>13
日本は地籍調査が国土の48%しか進んでいない未開国家

21 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/03/30(火) 16:00:07 ID:kbhP7+v4
>>13
日本の政治家のほとんどが、戦勝国人を自称して日本の土地を奪った
犯罪者のキムチ野郎が親戚に居るから、土地を検査して
公表することができない。




39 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/03/30(火) 16:17:14 ID:b0f6qFS3
ドイツ人の言うことはなんでも正しいなどという狂った思考回路があるんじゃないか?

43 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/03/30(火) 16:28:40 ID:MSaDcKZP
>>39
何で記事を読まないの?

>世界比較をしてみると、ドイツのみならず、フランス、オランダ、韓国も地籍が100%確定している。

韓国にさえ劣る日本ww

46 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/03/30(火) 16:30:23 ID:b0f6qFS3
>>43
批判してるのはドイツ人
韓国人は日本のこの現状に対する批判はしていない
よって日本はいまのままでいい


47 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 16:33:12 ID:Rvtpzo/C
>>43
なんで最近まで日本が測量した国土図しか持ってなかった韓国が完了してるんだろ?
ま、そりゃいいとして、地籍が完了してないのは逆説的に、
土地の境界線を巡る争いが少なかったって事じゃなかろうか。

>世界比較をしてみると、ドイツのみならず、フランス、オランダ、韓国も地籍が100%

ホラなんか強欲そうな国ばかり並んでるw

53 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 16:43:51 ID:xkhFSosb
>>43

いまだに日帝時代の地積図使ってるらしいよw

【韓国】実際の面積や形が既存の地籍図の表示と異なる土地が多いので、地籍図100年ぶり再作成
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1269236318/



63 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/03/30(火) 17:17:41 ID:x1LoEaE1
>>43
そこで、なんでアメリカとかイギリスとかが出てこないか?
と考えないゆとり





関連記事

Comment[この記事へのコメント]

原野商法でしょう 

  • 漁師 
  • URL 
  • at 2010.04.01.: 13:53 
  • [編集]
 新手の原野商法だと思うな。農地(山林)から宅地
とかに変更するのには、農業委員の認定が要るの
だが、それは特例・・・例えば、農家の息子が
家を建てるからとかそんな理由じゃないとマズ無理。
それが簡単にできるくらいなら、ミンスの興石さん
は宅地にするだけでカタが付く。

NoTitle 

  • URL 
  • at 2010.03.31.: 10:03 
  • [編集]
水源を押さえれば、その水を放水することとバーターで、JAや各種産業の工場との交渉を優位に進めることができるんじゃないかな。
今だったら安価で取引材料を増やすことができるから、水源を押さえる事は、商業的に考えて、割の良い取引だと思う。

材木目的ってのは考えにくいな 

  • 漁師 
  • URL 
  • at 2010.03.31.: 07:53 
  • [編集]
 このスレにコメ入れている方々は、いかに貧乏人か
解る。三重県だと、条例がうるさくて、「自分の山に生え
ている木でも勝手に切れない」んですな。しかも、
漁業が盛んだから、工場作るのは難しいし、生活雑排
水の関係で、ホテル、マンションなんか作るのもたーい
へん。買っている方も、騙されてると思うな・・・
大台町辺りの方々って、中々の政治家ですよ。

NoTitle 

  • 情弱どテラワロス 
  • URL 
  • at 2010.03.31.: 06:33 
  • [編集]
水源侵略。と書くと侵略大嫌いな連中が騒ぎ出すでしょ。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カレンダー ▼

最新記事スクロール ▼

最新コメント ▼

月別アーカイブ(タブ) ▼

カテゴリー ▼

タグ ▼

プロフィール ▼


現在の閲覧者数: