FC2ブログ

丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2

【自分から見て左側を応援するBlog】 (速報性無し) 真剣なヌースほどニヤニヤして読むのが『礼儀』です。リンク転載FREEEEE 

 
【!】当ブログの趣旨はプロフィールに長々と読む気を失くすように書いてあります。
「国会・慰安婦質問」で、
Twitter内検索から除外などされておりましたが
18/10/18の「ウイグル」記事をもって
更新反映してもらえなくなりました。




GOOD LUCK!!  
 【入国管理局/情報受付】  
  ・不法滞在者様お一人につき最高5万円までの通報者全プレ
  ・匿名通報可(全プレなし)
  ・写メ付通報、携帯通報先「 info-tokyo@immi-moj.go.jp
  ・電話通報 「03 5796 7256」
  ・受付毎日9時~17時(年末年始12/29-1/3除く)


★161130 熊本地震におけるピースボートに関した細かい情報が、「仕事の支障になる」とのことで一部削除致しました。
★171108 ぱよちん記事における「ご本人様」が御写真が恥ずかしいとのことで削除されておりました
@管理人

12/01 現政府が旧社会党なので「拉致」は無かった事に

【政治】拉致対策本部で重点方針を確認、経済制裁や拉致実行犯引き渡し項目は削除…首相「主権の根幹に関わる問題」
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1291028999/


1 名前:空挺ラッコさん部隊ρφ ★[sage] 投稿日:2010/11/29(月) 20:09:59 ID:???0

政府は29日、首相官邸で拉致問題対策本部(本部長・菅直人首相)の会合を開き、北朝鮮に拉致被害者の再調査を引き続き求めていくことを含む8つの重点方針を確認した。

基本的に自公政権の方針を踏襲したが、
経済制裁や拉致実行犯の引き渡しの項目は削除した。
政権交代後、民主党政権が具体的な対応策を示したのは初めて。


首相は冒頭のあいさつで「(北朝鮮の韓国・延坪島への砲撃で)緊迫した中にあるが、拉致被害者を救うことはわが国主権の根幹にかかわる問題だ」と述べた。

会合には民主党政権下で初めて全閣僚が出席し、解決に向けた政府の姿勢をアピールした。

ソース:MSN産経
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101129/plc1011291915015-n1.htm
依頼517



3 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/11/29(月) 20:11:06 ID:WNn+HUmh0
は?

4 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/11/29(月) 20:11:10 ID:6LUwKSey0
ハァ?!

5 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/11/29(月) 20:11:20 ID:ny+QGnev0


7 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/11/29(月) 20:12:06 ID:tybFOIke0 [1/2]
はぁ?

8 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/11/29(月) 20:12:08 ID:oi/ynfmV0
???

9 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/11/29(月) 20:12:12 ID:Gd6pnDsX0
>経済制裁や拉致実行犯の引き渡しの項目は削除

はあああ

15 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/11/29(月) 20:13:47 ID:AggctBnj0
ポルナレフ来てくれ



・・・・・・・・・・☆・・・・・・・・・・・・☆・・・・・・・・・・・・・☆・・・・・・・・・・・

●前からやってんですけど

3/17 職場からさっさと帰る人でしたね

【国内】 政府の拉致パンフから「被害者の速やかな帰国」などが外されていた。担当相「何もわからない」 [03/15]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1268659567/


1 名前:夏髪φ ★[] 投稿日:2010/03/15(月) 22:26:07 ID:???

 政府の拉致問題対策本部が昨年末に改訂した拉致被害者救出を訴えるパンフレットから、
「拉致被害者の速やかな帰国」や「真相究明」といった
これまでの政府が最重要課題として掲げてきた項目が

削除されていたことが15日、衆院拉致問題特別委員会で明らかになった。

中井洽(ひろし)拉致問題担当相は答弁で
「初めて見た。何もわからない」などと困惑。

事務局の報告を受けて再度、答弁に立ち「作り直す」などと釈明した。


そーす 産経新聞 2010.3.15 20:54
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100315/kor1003152055001-n1.htm


・・・・・・・・・・☆・・・・・・・・・・・・☆・・・・・・・・・・・・・☆・・・・・・・・・・・

12/16 ブルーリボンを外した首相

【政治】 「日本人拉致、解決にこだわらない」の鳩山政権、対北朝鮮方針からひそかに「拉致実行犯引き渡し」削除していた

拉致問題を巡っては、2006年10月の政府の拉致問題対策本部の会合で、「万景峰号の入港禁止など制裁の実施」「国連や関係国との連携」など6項目を対応方針として決定。

このうち
「実行犯の引き渡し」と、
「被害者の安全確保と帰国」
「拉致事件の真相究明」の3要件は
08年、当時の町村官房長官が「絶対必要な要件」

と表明するなど妥協できない位置づけだった。


「小沢氏は個人的見解だと前置きし、『拉致問題の解決にこだわらず、日本と北朝鮮の関係改善について結論を出すべきだと考えている』と応じた」(「朝鮮日報」日本語電子版)、

「小沢氏は『日本は拉致問題の解決に拘束されず、朝日関係改善問題に結論を出すべきだと考える』と明らかにした」(「中央日報」同)と伝えた。




【政治】脱北者が国内に定住できるよう北朝鮮人権法の改正を検討へ 中井拉致問題担当相に国連報告者が打診
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1264177705/

1 名前: ◆PENGUINqqM @お元気で!φ ★[] 投稿日:2010/01/23(土) 01:28:25 ID:???0

 中井洽拉致問題担当相は22日の閣議後記者会見で、北朝鮮国籍や無国籍の北朝鮮脱出住民(脱北者)が国内に定住できるよう、北朝鮮人権法の改正を検討する考えを示した。

 平成18年に成立した同法は、かつて日本での永住権を有した人とその子孫以外の脱北者に対する「保護・支援」の努力義務を定めるが、定住資格は付与しない。

 中井担当相は、来日した国連のムンタボーン・北朝鮮人権問題担当特別報告者(タイ)から、同法に基づき、北朝鮮国籍者らの定住ができないか打診され、同氏が望む方向で実現するよう考えたいと回答したという。

▽産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100123/kor1001230015000-n1.htm
依頼がありました
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1263792694/770









【日韓】管首相も駆けつけた日韓・韓日議連総会、永住外国人への地方参政権付与法案成立を韓国が求め、日本側は努力を表明[11/29]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1291030652/

1 名前[] 投稿日:2010/11/29(月) 20:37:32 ID:??? ?PLT(15002)
北砲撃に謝罪要求 日韓・韓日議連総会共同声明 
2010.11.29 19:35

日本と韓国の国会議員有志が両国でそれぞれ組織する日韓・韓日両議員連盟の合同総会が29日、国会内で開かれ、北朝鮮による韓国・延坪島への砲撃について「北朝鮮側の侵略行為の中断と謝罪、責任ある再発防止措置」を求める共同声明を発表した。

声明では、菅直人首相が日韓併合100年にあわせ8月の談話で表明した朝鮮半島由来の朝鮮王室儀軌などの引き渡しについて「できるだけ早期に」実現させていくことで一致。

韓国側は、永住外国人への地方参政権付与法案の迅速な成立を求め、日本側は法案の実現に向けた努力を表明した。

合同総会は3年ぶりで、菅首相も駆けつけた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101129/plc1011291936016-n1.htm



5 名前:東夷 ◆0fdmGas.n7Vo [sage] 投稿日:2010/11/29(月) 20:39:48 ID:YRthhnDq [1/2]
>>1

菅は国民の理解を得る努力を放棄して、こんなことばかりかよ・・・・・・


7 名前:Ta152 H-0 ◆Tank/Ja2RQ [sage] 投稿日:2010/11/29(月) 20:40:04 ID:uzsNLi7l [1/2] ?PLT(14444)
今度も選挙の応援お願いねw

こりゃ、意外と近いかもな。
解散総選挙。




関連記事

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カレンダー ▼

最新記事スクロール ▼

最新コメント ▼

月別アーカイブ(タブ) ▼

カテゴリー ▼

タグ ▼

プロフィール ▼


現在の閲覧者数: