丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2

【自分から見て左側を応援するBlog】 (速報性無し) 真剣なヌースほどニヤニヤして読むのが『礼儀』です。リンク転載FREEEEE 

 
【!】当ブログの趣旨はプロフィールに長々と読む気を失くすように書いてあります。
初代ブログの緊急避難所
◆佐藤正久(ヒゲの隊長) ◆陸上自衛隊 ◆海上自衛隊 ◆井上太郎 /onTwitter
警視庁刑事部『公開捜査』 /onTwitter
【現代社会】 ブログ内参考記事リンクまとめ
【FC2wiki】当該ブログ記事リンク集wiki『日本を探検する』



GOOD LUCK!!  
 【入国管理局/情報受付】  
  ・不法滞在者様お一人につき最高5万円までの通報者全プレ
  ・匿名通報可(全プレなし)
  ・写メ付通報、携帯通報先「 info-tokyo@immi-moj.go.jp
  ・電話通報 「03 5796 7256」
  ・受付毎日9時~17時(年末年始12/29-1/3除く)


★161130 熊本地震におけるピースボートに関した細かい情報が、「仕事の支障になる」とのことで一部削除致しました。@管理人 /更新専用Twitter

05/21 世界初原発テロ◆③ボクは物凄く原子力に詳しいんだ☆彡

【原発問題】「達成感でいっぱいだが、あまり思い返したくない」…福島原発に水を投下した、陸自第1ヘリコプター団が状況語る
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1305888553/

1 名前:ラストボーイスカウト@空挺ラッコさん部隊ρ ★[sage] 投稿日:2011/05/20(金) 19:49:13.63 ID:???0

 福島第1原発3号機に水を投下した陸上自衛隊第1ヘリコプター団の飛行隊長らが20日までに、共同通信などの取材に初めて応じ、当時の状況を語った。

放射線への恐怖心はなかったとしながらも「原発上空では不安がよぎった」「全員に異常がなくほっとした」との心情も吐露。

隊長らの話から“決死の任務”を再現した。

取材に応じたのは、CH47ヘリ2機による水投下を指揮した第104飛行隊隊長の加藤憲司2佐(39)、ヘリの機長を務めた伊藤輝紀3佐(40)、前原敬徳1尉(37)ら。3号機の使用済み燃料プール冷却のため、3月17日午前、4回にわたり計約30トンの水を投下した。

第104飛行隊に「命令」が出たのは放水当日の早朝。加藤隊長は隊員らに「何か不具合があれば無線で連絡をくれ。しっかりやろう」と伝え、自らもヘリの1番機に乗り込んだ。

健康診断を済ませた隊員は、ヨウ素剤を服用して搭乗。1番機の伊藤機長は「恐怖はなかったが、防護マスクに防護衣、鉛のスーツも着て動きづらく、しっかり放水できるのか不安はあった」。

ヘリ2機が霞目駐屯地(仙台市)を離陸したのは午前8時56分。約80キロ南の3号機は折れ曲がった建屋の鉄骨をさらけ出していたが、2番機の前原機長は「建屋から煙が見えても動揺はなかった」。
>>2以降に続く

ソース:http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011052001000945.html

2 名前:ラストボーイスカウト@空挺ラッコさん部隊ρ ★[sage] 投稿日:2011/05/20(金) 19:49:28.89 ID:???0
>>1の続き

ヘリ2機は高さ100メートル弱、時速約37キロで3号機に近づく。

整備員がヘリ底部のハッチに取り付けたアクリル板越しに水の投下位置を確認する。

9時48分。「放水用意―。放水」。
伊藤機長の指示で別の整備員がボタンを押し、3号機に向けて水を浴びせた。

前原機長は「達成感でいっぱいだが、あまり思い返したくない。原発上空で実際に(水を)まくところまで行くと、少し不安がよぎった」と語った。

午前10時に放水4回を終え、除染後にヘリ2機が霞目駐屯地に戻ったのは午後2時9分。
加藤隊長は「全員に異常がなかったのを確認して初めてほっとした」と振り返った。(終わり)





5 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2011/05/20(金) 19:52:17.84 ID:Q4YhJkOI0
意味ないパフォーマンスだったなwwwwwwwwww
まるで成果なし。一般社会人だったら首だぞwwwww

60 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2011/05/20(金) 20:21:07.10 ID:FT8ICk7s0
>>5
それは、今にして思えばの話。

当時何もできなかった状況を考えると、
あれはあれで意義があった。

アメリカの苛立ちを抑えた事は大きいな。



7 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2011/05/20(金) 19:52:33.74 ID:IHLVWt870
既にメルトダウンしてたんだから
相当被曝してるんじゃないの?



9 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2011/05/20(金) 19:53:55.91 ID:A8svwzrM0
あの爆発直後は放射線量がハンパなかったんじゃないか



22 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2011/05/20(金) 19:56:41.26 ID:/IfGfW3x0 [1/5]
自衛官はお疲れ様だが
くだらないパフォーマンスのために
1個ヘリコプター団を使用した菅は死ね

道路が寸断されてるときこそ
ヘリ部隊は被災地の支援に優先して回すべきだった
救える人命もあっただろうに



34 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2011/05/20(金) 20:00:38.33 ID:3QvTz5QW0 [1/2]
思えばあの頃のヘリや放水車の「決死隊」の方々の苦労って、
全部無駄な事だったのよね(つ、T)




57 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2011/05/20(金) 20:16:41.94 ID:NyGwFx3XO
この作戦に使われたチヌーク、
除染しても徐染しても放射線量が下がらなかったって隊員が言ってたな
あとエンジンに空気を吸い込むエアフィルターや吸気経路に放射性物質が溜ったそうだ


156 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2011/05/20(金) 21:29:09.61 ID:G5aSl8+e0
>>57
特殊武器防護の一つの教訓になったな

今後、教育で長く語られるのかな

59 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2011/05/20(金) 20:20:34.08 ID:rZmiLDGj0
>>57
結局なんでさがらないの?
エアフィルターや吸気経路に放射性物質が溜ったからってこと?

147 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2011/05/20(金) 21:23:58.74 ID:FSG1HgmY0 [1/2]
>>59
それだけではなくヘリに使われている塗料が
セシウムを吸着しやすい性質持っていたらしく
こびり付いてしまっているらしい


201 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2011/05/20(金) 22:11:29.47 ID:TtDr+WOQ0 [1/2]
>>59
強い放射線を浴びると、ヘリそのものが放射化してしまうんだよ。
普通の鉄に磁石を付けておくと、その鉄も磁力を帯びるだろ?
アレと同じ。


207 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2011/05/20(金) 22:35:07.94 ID:6pkfbpeq0
>>201
だったらパイロットもだな

人体の放射化で今頃は危篤状態なのかな?

211 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2011/05/20(金) 22:41:29.53 ID:TtDr+WOQ0 [2/2]
>>207
過去の原発事故でも、人体が放射化して、
仕方なく汚染がひどい頭部を切り離して
鉛の箱に入れて埋葬した例があるよ。



73 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2011/05/20(金) 20:35:19.50 ID:dRSmHNej0 [1/2]
今入って普通に作業している生コンポンプ車を最初から入れるということに思い至っていれば
これも、機動隊の放水も、ハイパーレスキューもみんな無意味な作戦
官邸のおもちゃさ。「俺様の命令でなんでも動くぜ」ってなもんだ



101 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2011/05/20(金) 20:57:17.20 ID:p+B/EDUSP [3/3]
チェルノブイリでは世界最大のヘリを何機もとばしてこれだけの機材を放射能で使い潰したというのに
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/chertour/docu0004.jpg





13 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2011/05/20(金) 19:54:10.46 ID:95GeSWA00
水を撒こうと決めた奴って小学生レベルの知能だよな

117 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2011/05/20(金) 21:04:17.73 ID:v7R29dEx0 [2/2]
>>13
ヘリで散水した後佐藤正久はヘリにホースをぶら下げて原子炉に
直接ホースを使って冷却できないだろうか?と真剣に訴えてたぞw

軍隊馬鹿の限界を感じた

120 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2011/05/20(金) 21:08:34.30 ID:6Fbz7OEq0 [2/2]
>>117
海水を汲み上げてホースから放水してるときに
海からホースで海水を引っ張って放水すればよい、と訴えた
元首相で工学博士の人もいるけどな。



25 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2011/05/20(金) 19:57:25.04 ID:TrTuCfSx0
チェルノブイリ事故で同じように
原発上空からヘリコプターで砂をまいた数百人の20代の若い兵士達
現在生き残っているものは一人もいない

185 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2011/05/20(金) 21:45:13.36 ID:GXShLA7a0 [2/3]
>>25
限界まで浴びると、平衡感覚を失って墜落しちゃう衝撃、
もっと驚いたのは放射線で飛ぶ鳥を落とせるのなw

189 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2011/05/20(金) 21:50:21.62 ID:PP8XcXkRO
>185
昨日、JNNカメラ実況スレで
鳥が真下に落ちてったって

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【原発問題】「ヘリ放水はアメリカ向けだった」 米政府好感、現実には冷却効果が期待できないヘリ放水は二度と行われず★2
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1303480650/

1 名前:再チャレンジホテルφ ★[] 投稿日:2011/04/22(金) 22:57:30.03 ID:???0
福島第1原発:不信洗ったヘリ放水

◇巨大なバケツ
晴れ渡る空に陸上自衛隊の大型輸送ヘリCH47が2機、巨大なバケツ(容量7.5トン)をつり下げて仙台市の陸自霞目(かすみのめ)駐屯地を飛び立ったのは、東日本大震災6日後の3月17日朝だった。

目指す東京電力福島第1原発3号機からは白煙が上がる。使用済み核燃料プールの水が沸騰した放射性水蒸気だ。海水をくんで放水し、プールを冷やす作戦だった。

「炉心溶融が進行していれば、放水によって水蒸気爆発を起こすおそれもある」。
菅直人首相らは「最悪のシナリオ」を危惧し、防衛省は搭乗隊員向けに防護策をとった。

放射線を極力遮断するため戦闘用防護衣の下には鉛製ベスト、床部にはタングステン板を敷き詰めた。放射線を浴び続けないよう上空に停止せず、横切りながら放水する方式とした。

「ヘリ放水開始」。午前9時48分、テレビ画像のテロップとともに映像は世界に生中継された。

計4回(計約30トン)の放水で1回目が目標に命中したが、爆発は起きなかった。
日本政府が命がけの作戦を開始した--。

ニュースが伝わった東京株式市場では全面安の展開だった日経平均株価の下げ幅が緩んだ。ワシントンの日本大使館では拍手がわいた。

「自衛隊などが原子炉冷却に全力を挙げている」。
作業終了から約10分後、菅首相はオバマ米大統領に電話で伝えた。
米国防総省は藤崎一郎駐米大使に伝えた。
「自衛隊の英雄的な行為に感謝する」

翌18日、米原子力規制委員会(NRC)代表団や在日米軍幹部と、防衛、外務当局や東電など日本側関係者が防衛省でひそかに会合を持った。米側の一人はヘリ放水を称賛した。「よくやりましたね」

相次ぐ水素爆発と放射性物質の広域拡散……。原発暴走を制御できない無力な日本という印象が世界に広がりつつあり、菅政権は「このままでは日本は見捨てられる」と危機感を強めていた。

「放水はアメリカ向けだった。日本の本気度を米国に伝えようとした」。政府高官は明かした。

>>2へ続く

2 名前:再チャレンジホテルφ ★[sage] 投稿日:2011/04/22(金) 22:57:41.07 ID:???0
>>1の続き

「原発の状況が分からない」。米国のいら立ちは震災直後からあった。

NRC先遣隊が12日の1号機水素爆発直後に日本に派遣されたが、複数の政府関係者によると、経済産業省原子力安全・保安院は当初、「情報開示に慎重だった」といい、米政府は限定的な情報で原子炉の現状を推測するしかなかった。

14日には「トモダチ作戦」に参加していた
米原子力空母ロナルド・レーガンが
乗員から放射性物質が検出されたとして三陸沖を離れ、

16日にはNRCのヤツコ委員長が下院公聴会で
「4号機の使用済み核燃料プールには水がない」と証言。1

7日にはルース駐日米大使が日本の避難指示より広範な原発から半径50マイル(約80キロ)以内の米国人に圏外避難を勧告。米国の一連の言動は日本への不信と強い危機感の表れと映った。

◇やるしかない
日米がかみ合わない中、打開に動いたのは防衛省だった。
15日に東電側と相談して「3号機は上空、4号機は地上から」という放水作戦を立案。

水蒸気爆発を懸念した菅首相は防衛省に「地上の前にまず上空から」と手順を指示した。
隊員から戸惑いの声も漏れたが、「やるしかない」と作戦に臨む陸自幹部は覚悟を決めた。

16日のヘリ放水は高い放射線量が観測され断念するが、この日夜には北沢俊美防衛相と制服組トップの折木良一統合幕僚長が「放射線量の数値が高くても踏み切る」と「17日決行」を決める。

「隊員の命にかかわる作戦だ」。17日朝、折木統幕長は東電から情報収集するよう指示。
「安全」を確認すると北沢防衛相に最終的なゴーサインを告げた。

「今日が限度と判断した」。北沢防衛相は放水後の記者会見で言った。

米政府は好感し、現実には冷却効果が期待できないヘリ放水は二度と行われなかった。

ソース:毎日新聞
http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/nuclear/archive/news/2011/04/20110422k0000m010182000c.html




関連記事

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カレンダー ▼

最新記事スクロール ▼

最新コメント ▼

月別アーカイブ(タブ) ▼

カテゴリー ▼

タグ ▼

プロフィール ▼


現在の閲覧者数: