FC2ブログ

丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2

【自分から見て左側を応援するBlog】 (速報性無し) 真剣なヌースほどニヤニヤして読むのが『礼儀』です。リンク転載FREEEEE 

 
【!】当ブログの趣旨はプロフィールに長々と読む気を失くすように書いてあります。
「国会・慰安婦質問」で、
Twitter内検索から除外などされておりましたが
18/10/18の「ウイグル」記事をもって
更新反映してもらえなくなりました。




GOOD LUCK!!  
 【入国管理局/情報受付】  
  ・不法滞在者様お一人につき最高5万円までの通報者全プレ
  ・匿名通報可(全プレなし)
  ・写メ付通報、携帯通報先「 info-tokyo@immi-moj.go.jp
  ・電話通報 「03 5796 7256」
  ・受付毎日9時~17時(年末年始12/29-1/3除く)


★161130 熊本地震におけるピースボートに関した細かい情報が、「仕事の支障になる」とのことで一部削除致しました。
★171108 ぱよちん記事における「ご本人様」が御写真が恥ずかしいとのことで削除されておりました
@管理人

06/12 ①いつか宇宙(そら)を飛べるはず

【大艦巨砲】「ブーゲンビル島に戦艦大和を撮ったフィルムとカメラを埋めた」 発掘調査へ
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1307747134/


1 名前:西独逸φ ★[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 08:05:34.31 ID:???0

第二次世界大戦中、パプアニューギニアにあるブーゲンビル島に戦艦大和のフィルムとカメラを埋めたという証言から、これらを発掘調査しようと、鈴鹿市在住の花井錬太郎さん(70)ら県内外の五人が来月六日、十日間の日程で現地に向けて出発する。

現地に向かうのは、平成九年に尾鷲市で亡くなった証言者の早川貢さんの友人で、同市出身で東京都在住の写真館経営、小川登朗さん(69)と、早川さんの戦友で広島県在住の松下正雄さん(85)、パプアニューギニア18会会長の花井さんらのほか、関係者を加えた計五人。

故・早川さんは当時ブーゲンビル島の南端ブインの軍本部に所属し、軍命で戦艦大和の写真を撮っていた。

米軍上陸の直前、フィルムとカメラを油紙に包んで弾薬用木箱に入れ、大古木付近に埋めたと生前証言していたという。

小川さんと松下さんは平成十九年、発掘調査のため現地を訪れており、この模様は同年八月、テレビの報道番組「戦艦大和の幻フィルムを探せ」でも放映された。

戦艦大和の実写真は軍事機密だったため、わずかしか残っていないという。

今回の調査は二度目で、現地調査は五日間を予定。
調査範囲も絞り込まれているが、六十六年前に埋められたフィルムとカメラが、果たして生還するか、関係者の年齢を考えると、最後の望みをかけた挑戦になるという。

ソース
伊勢新聞 http://www.isenp.co.jp/news/20110610/news07.htm



6 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/06/11(土) 08:07:36.15 ID:anV0Z6rqO [1/6]
一般人にとっては夢のある話だな。

ブサヨにはグングツ・サウンズが聞こえて狂い死ぬかもしれんがw




14 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/06/11(土) 08:10:31.51 ID:7F5b+9O90 [1/2]
大和って沖縄より遠くまで行った事があたんだ知らなかった

444 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/06/11(土) 09:44:39.07 ID:mF/2WIMG0 [1/4]
>>14
おいおいw
大和はトラック島に本拠地構えていたしミッドウェーも行っている。
また、レイテの際はブルネイから出撃してまふ
意外と遠くまでお出かけしているよ。


フィルムは是非とも出てきてほしい。世界最大最強の戦艦、帝国海軍の切り札に。。

962 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/06/11(土) 11:57:21.78 ID:KjPKzf/00 [1/2]
>>14
大和はサマール島沖海戦で
アメリカ航空母艦ガンビア・ベイ他駆逐艦などを砲撃で撃沈しているんだが知らんのか?



35 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/06/11(土) 08:15:52.29 ID:kenqITLsO
トイレの数がいまだにわからないらしいね



15 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/06/11(土) 08:10:39.21 ID:jpEDti/X0
大和関連の書籍には必ず掲載されてる
2点ぐらいの写真しか残ってないんだっけ。

必ず見つけて欲しい!

37 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 08:16:31.57 ID:v0NfXOus0 [2/32]
>>15
俺が知ってるのは

・大和を横から捉えた有名な写真
・停泊中の大和と武蔵が1枚に収まってる写真
・建造中の大和を後方からみた写真
・米軍機から撮影された回避運動中の写真
・爆発したときのキノコ雲

そのくらいかな…



38 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/06/11(土) 08:16:36.81 ID:DQAPkbAw0
せめてUSBメモリに保存しとけよ

58 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 08:23:57.78 ID:tk78YidV0 [2/2]
>>38
画像メールの履歴で残ってるかもなw

78 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 08:30:06.19 ID:NcUqjJFN0 [1/2]
>>38
バカすぐるww
USBメモリじゃ、素子に充電しないで放置しておけば
10年ちょいも経てば下手すりゃデータは損してるってのw

85 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/06/11(土) 08:31:39.22 ID:vkuUCtU30 [3/3]
>>38
その時代USBなんてあるかよ
フロッピーだろが




79 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 08:30:26.96 ID:Zy62vTHe0 [1/2]
総司令部として上級士官が優雅に生活できたから
「ホテル大和」と言われてたんだっけ

93 名前: 【東電 60.3 %】 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 [sage] 投稿日:2011/06/11(土) 08:33:49.95 ID:azRkOnaI0 [4/14]
>>79
冷暖房完備で、兵までベットで寝れるくらいに設備が整っていたから。

149 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 08:49:20.53 ID:NcUqjJFN0 [2/2]
>>93
へー当時の軍艦で冷暖房まで完備してたのか
凄いな

163 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 08:52:15.71 ID:I2YrNdWp0 [4/15]
>>149
ただ、軍内部にも「新鋭艦を遊ばせてどうするよ」という意見は多かった。
なので戦術が破綻して遊んでた潜水艦隊旗艦の軽巡大淀を連合艦隊旗艦専用艦に改造した。

改造した後で「別に司令部は陸上でよくない?」とつっこまれてしまったという。

164 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 08:52:21.33 ID:RqXrcy0CO [2/10]
>149
弾薬庫を冷やす都合もあったからね。
あと、蛍光灯も使ってた。
伊号潜水艦にも冷房はあった。

236 名前: 【東電 64.1 %】 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 [sage] 投稿日:2011/06/11(土) 09:06:27.20 ID:azRkOnaI0 [7/14]
>>149
浮かべる城だからな。城だけにエレベータも付いていたし



92 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/06/11(土) 08:33:28.23 ID:L3BcshfJ0
武蔵じゃ駄目なんですか?



108 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 08:36:41.27 ID:Zwc8RDvI0 [2/24]
他の艦の資料もみつけてくれ

大鳳なんて、有名な大型艦なのに、
甲板が木だったのかラテックスだったのかすら分かってない
建造した川崎重工すら知らない




110 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/06/11(土) 08:37:08.41 ID:CDtyLHrt0
あの船体のどこにあれだけの艦載機が格納出来たのか不思議だった。
今はアクエリアスの海に眠ってるんだっけ?



128 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 08:42:26.53 ID:dj7ioNdJ0 [1/3]
ひいおじいちゃんが こんごう って船に乗って戦ったらしいんだけどイージス艦とはちがうよね?

同じ名前の船がむかしあったのかな

138 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 08:45:03.88 ID:v0NfXOus0 [10/32]
>>128
戦艦金剛は金剛級1番艦で英国で建造された

日本の近代型戦艦の最初の戦艦で、その後改装を何度かされている
太平洋戦争中は12隻の戦艦の1隻

金剛級は4隻作られた。2隻目以降は国産だったはず

136 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 08:44:04.08 ID:Y41wFIq00 [3/14]
>>128
これだな
http://military.sakura.ne.jp/navy/c_kongou.htm

146 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 08:48:45.51 ID:dj7ioNdJ0 [2/3]
>>136
>>138
ありがとう
なんかあんまりかっこよくないね
大和と一緒に戦って魚雷にやられたんだって言ってた
そのあろ鮫に襲われたんだって

157 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 08:50:56.63 ID:Y41wFIq00 [4/14]
>>146
マジレスされると申し訳ないのですが(汗)

実際には>>138の戦艦金剛が正しいのでよろしく。

162 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 08:52:04.02 ID:v0NfXOus0 [12/32]
>>143
それって大鳳とか瑞鶴翔鶴を中核とした艦隊?
大鳳があんなあっさり沈まなければね

>>146
なにいってんだ。金剛級は帝国海軍でかなり長く現役に留まって
日本海軍の海軍力を支えたんだから誇っていい
たしか大正時代の建造だったはずだ。何度か近代化改装したが
それを太平洋戦争まで現役で運用できたんだから優秀さがわかるだろ

183 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 08:55:56.41 ID:pcN9bBDg0 [5/11]
>>146
あーた、金剛って建造当時は世界最強の巡洋戦艦で建造したイギリスから
一次大戦の時に是非貸して欲しいって申し出があったくらいだぞ。

二次対戦時じゃ速力30ノット出る高速戦艦で巡洋艦キラー。
アイオワ級は金剛級に対抗するために作られたと言っていい。

戦歴からも日本海軍の主要な武勲艦の一隻だよ。ひいじーちゃん誇っていいよ。

212 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/06/11(土) 09:02:00.79 ID:S/HPTuwt0 [1/3]
>146
金剛乗りなら誇っていいぞ。マジで。
足が速くて使い勝手良かったから太平洋戦争では日本海軍で一番活躍と言っていい戦艦。

234 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/06/11(土) 09:06:21.69 ID:S2aaU8AV0 [2/3]
>>146
まてまてまてまて!
曾御爺様は、日本の(当時は日本は世界三大海軍国)の主力艦だぞ

野球で言えば読売の5番打者みたいなもんだ

248 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 09:09:36.14 ID:dj7ioNdJ0 [3/3]
>>162
>>183
>>212
マジで?そんな凄いの?
うちのぴーちゃんエロいしアニメとか好きだし全然そんな風には見えない
ホントなら死んでたんだけどエンジンのとこから船の上に伝令しにいって助かったんだって
海に浮いてたら鮫が来て弱ってる仲間から食べられて気がおかしくなった人もいたって言ってた





139 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 08:45:43.18 ID:vYRNcMy50 [1/37]
日本の戦艦建造は、大和級の2艦が最後なんだよな。
世界でいち早く、戦艦から空母に移行したから。
そういう意味では日本海軍は先進的ではあった。

まあ、ミッドウェーで空母やられて、空母増産しなきゃならなかったのもあるんだけど。

142 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 08:47:41.54 ID:v0NfXOus0 [11/32]
>>139
いち早くというか…早い遅いの差があったところで
アメリカの工業力には勝てなかったわけだけどな
エセックス級をあんなバカみたいに作られちゃwww




454 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/06/11(土) 09:45:54.50 ID:8ZinfdAn0 [2/6]

日本はむかしから兵隊一流、士官三流だから、
あれだけの大艦隊でミッドウェーで敗北したのは、
今回の東電と一緒で、現場は頑張っているが、本部がばかばかリだった。

それが証拠に、硫黄島で優秀なトップがいたから、
兵力10倍火力100倍の米軍に、あれだけ互角に戦った。


472 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/06/11(土) 09:50:14.48 ID:dH30J1ez0 [11/25]
>>454
硫黄島やジャワ島での教訓は
島を要塞化して、徹底的に防衛に徹すれば
いくら米国軍でも簡単には落とせないってことだよね

だから太平洋の島々を要塞化して
アメリカに出血を強いれば
米国世論に厭戦気分を起こさせて
万が一、講和出来たかもしれん

504 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 09:57:52.84 ID:xDt3jDwX0 [4/18]
>>472
信託統治領にしてから、すくなくとも15年、
開戦時に占領して3年、いったい何をしたたんでしょうか

524 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/06/11(土) 10:01:46.11 ID:dH30J1ez0 [14/25]
>>504
硫黄島は栗林中将
ジャワ島は今村均中将

ゴミクズ揃いの帝国陸海軍のなかで
例外的に有能な二人が指揮したからこそ
ジャワも硫黄島も善戦することが出来た。

つまり、リーダーが無能なら
どうしょうもないってこと、菅直人とかなwww

551 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/06/11(土) 10:07:26.82 ID:ZUIkBx060
>>524

くっ、、、貴官は牟田口閣下やトミー閣下、辻ーん閣下を無能と言いよるんか


559 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/06/11(土) 10:09:05.24 ID:dH30J1ez0 [16/25]
>>551
牟田口閣下は、別枠だろwww

「日本人は、もともと農耕民族で草食動物なのだ。ジャングルの中で草を食えば、補給などいらぬのだ!」

この発想力はすごいわ

576 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 10:12:05.58 ID:4V8LTISG0 [4/15]
>>559
部下を捨てて逃げた冨永閣下と木村閣下も入れてくれ

589 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 10:14:21.28 ID:6Xunp2KX0 [15/16]
>>576
ミッドウェー作戦おもいついた黒島亀人、
海上特攻大好きの神重徳、そしてゲリラに捕まって
暗号書から機密書類まで全部とられた福留繁参謀長が
仲間になりたそうに見ていますよ

597 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/06/11(土) 10:16:05.91 ID:tJLRi8eV0 [11/20]
>>589
戦闘機無用論に入れ込んだ
源田、山本、大西もな。

623 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 10:21:41.03 ID:0oQhCfEyO [1/14]
>>597
アメリカからも絶賛された栗林さんマジ名将すぐるwwwww

他がゴミばっかじゃねえか

634 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 10:24:21.80 ID:4V8LTISG0 [6/15]
>>623
日本にも本当の名将はいたんだけどね
海軍なら木村昌福とか
陸軍なら宮崎繁三郎とか
でも、一般にはほとんど知られてない

701 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/06/11(土) 10:41:19.41 ID:wUiq0tjT0
>>634
牛島満閣下もアメリカでは評価高いぞ。
八原博通と合わせ技でAAAクラス。

728 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 10:48:03.72 ID:4V8LTISG0 [9/15]
>>701
安達二十三も敵から賞賛されたらしいね
本当の人格者

733 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 10:49:46.18 ID:eoUb6nBF0 [7/26]
>>728
現場は一流の将官多かったんだけどなー


660 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 10:30:40.27 ID:eoUb6nBF0 [1/26]
>>576
すまん・・・オレは富永恭次だけは逆に可哀想でしゃーないんだ

理由

1.陸軍の軍政畑で能力を発揮しており連隊長経験すらないのにいきなり第四航空軍司令

2.第四航空軍で司令赴任当時、帰還した特攻隊員に「死ね!!」と公然の面前で面罵したあと個室に呼んで
「皆の手前、あんな事言ったが、君たちは既に神だ。何度でも帰ってきていいんだよ、戦果がなければ無駄死だからね」

3.しかし実勢経験初めての悲しさ次第に神経がショートしていき、特攻隊の戦果聞いている間に号泣
「私は。・・・彼らにお詫びしようがない。もう息子を特攻隊に志願させても全く追いつかん」

4.息子が戦死+マラリアで完全に神経がショート、奇行が目立つようになり、実質参謀が航空軍を指示

5.就寝中(マラリアで意識不明)になぜか台湾に敵前逃亡。自身は全く気づかずに台湾に到着そこで真実を知り愕然とする

6.終戦後、靖国神社に参拝して遺族に投石されたり面罵されるのが日課になるも死ぬまで一度も参拝をやめなかった


ある意味、この人を実戦司令官にした奴は鬼畜だと思う・・・無理だろこの人は


618 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 10:20:44.98 ID:vYr45mTv0 [2/4]
>>559
米軍なんかは現地に畑まで作ってたらしいもんな。
牟田口みたいのが出世できる理由がわからんと学生時代は思っていたが、
会社入ってみたら牟田口閣下結構沢山いて笑った。しかも外資でw

626 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/06/11(土) 10:22:13.13 ID:6Z0RybVWO [3/3]
>>618
今村均も作ってたよ




501 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/06/11(土) 09:56:17.86 ID:8ZinfdAn0 [3/6]

原発事故の対応を見て、日本人は変わってないなあと思ったわ。

本部の馬鹿が保身ばかりして失策を重ねていても、

現場の自衛隊や警察のあの決死隊の被曝をもおそれない行動をテレビて見ただろ。
要するに日本のエリート教育が間違いなんだよ。

官僚みてればわかるだろ。
国益より省益だし、ボランティアが頑張っているのに、自分たちは残業代を要求だぞ。
ボーナスまで満額請求だぞ。この国の上層部は腐っている。

昔もそうだったと思うわ。

508 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/06/11(土) 09:59:19.14 ID:dH30J1ez0 [13/25]
>>501
エリート教育が間違いというよりも
真のエリート教育を受けてないといったほうが正しい

東大法学部で、帝王学やリーダーシップ論を教えてくれる訳じゃない
四年間法律だけを勉強して官僚になると
物ごとの判断基準が法律を遵守してるか?という点に偏る
結果として、応用力が無く、プライドだけ高い日本の官僚ができあがる

601 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/06/11(土) 10:17:11.05 ID:dH30J1ez0 [17/25]
>>567
明治時代の指導者は、
元々武士だった人が大半で
江戸時代は軍人と政治家が専業化されてなかった。

つまり武士というのは政治家であり、軍人だった。
そのおかげで、日清・日露戦争では
うまく政治と軍事が融通し合い勝利へつなげる事ができた。
リーダーが軍事にも政治にもある程度の見識を持っていたからね。


その後、明治の元勲たちが死亡し
二代目三代目で、調和のとれたシステムが崩壊し
詰め込み教育を受けた硬直したリーダーが量産された。

軍人は軍事のことだけ、政治家は政治のことだけ
だれも全体のことなんて考えてないし考えられない
その結果、ww2で敗北。

戦後もその傾向は続いてる
今の政治家で軍事に精通している人間なんてほとんどいないしな


628 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 10:23:16.50 ID:vYr45mTv0 [3/4]
>>601
それどころか経済に精通した人すらw
菅や小澤が一番精通してるのは地元の有力者の情報とか、
冠婚葬祭の挨拶のしかたとかだったりするからな。
かなり真面目な話で。

643 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/06/11(土) 10:26:58.53 ID:dH30J1ez0 [19/25]
>>628
政治家の仕事の大部分は
地方の挨拶回りだからな

ほんと下らないシステムだよ民主主義は

663 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 10:31:18.33 ID:pigkMBOVP [6/9]
>>643
そういうの、民主主義って事じゃないから。
各地域の有力者が政治やってる時点で貴族政治と何ら変わりない。

708 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 10:43:11.08 ID:0oQhCfEyO [5/14]
>>643
元財務省官僚とかの人を企業城下町化してる地元の大企業が支援したりしたら
経済に明るいその人は政治に専念出来る
こんな風にやるのが自民の利権による政治専業システム

マスコミが利権利権と叩くから票田周りしなきゃバッジ守れないゴミが国会に登る事になる

719 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 10:45:36.32 ID:xDt3jDwX0 [10/18]
>>643
地方空港も高速道路も、整備した理由は、
センセイが週末、地元に早く帰って活動時間を長くとるため! 
終わってるね、この国は




615 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/06/11(土) 10:19:56.48 ID:QSTzQRQW0 [9/18]

日本海軍の撃墜王・西沢広義中尉

日本陸海軍中最高の撃墜数を八七機を誇る撃墜王である。
台南航空隊、後に二五一航空隊などで活躍したエースである。

ラバウルでの激戦にも勝ち抜き、昭和十九年十月フィリピンで第一神風特別攻撃隊、関行男大尉指揮する敷島隊の誘導護衛機として戦果確認した後、特攻隊に自機を引き渡し、陸攻で基地に帰還するとき、敵戦闘機に襲われ還らぬ人となったのであるが、さぞ無念であったろう。

戦闘機にさえ乗っていれば、このようなことは彼に限っては無かったと思われる。

日本人を祭る廟

あちらこちらの廟や祠に「日本人」が静かに祭られている地など、日本を除けば世界で台湾をおいて他にあるまい。

嘉義県東石郷の副瀬富安宮では、日本統治時代の明治三十六(一九0三)年にこの村で亡くなった森川清治巡査を今も祭っている。

学校をつくり、村の子供に読み書きソロバンや歌を教え、衛生環境の整備まで身を粉にして働いた森川巡査の姿を、村人は忘れられなかったという。

台南市同安路の鎮安堂飛虎将軍廟。昭和十九(一九四四)年に村に来襲した米軍機の迎撃に向かった杉浦茂峰少尉のゼロ戦が被弾。
村に墜落しそうになった。

しかし杉浦少尉はパラシュート脱出を選ばず、機首を立て直して畑に突っ込み、村人に被害を与えなかった。

一部始終を見ていた村人は、自分の命よりも村人の安全を思った杉浦少尉を神とあがめ、廟に祭った。

高雄市紅毛港の保安堂では、名も知らぬ日本軍の艦長のものとされる遺骨が祭られている。

日本軍艦の模型をご神体として、漁民たちが海の安全や大漁を願って朝晩に祝詞の「軍艦マーチ」にあわせてお祈りをしている。

漁民たちは実に真剣だ。
戦後六十年を経ても台湾の人たちが手を合わせる廟や祠。日本人こそ感謝せねばならない。



671 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 10:33:44.90 ID:0oQhCfEyO [3/14]
>>615
台湾に集積された東南アジアの資源や食料をはじめとした台湾の特産物を
神戸に輸送する定期連絡船があってその輸送網寸断は
米の重要攻撃目標でもあったんだよな

うちのじい様も護衛の駆逐艦に乗ってたが雷撃にやられて輸送船団壊滅させられたって言ってたよ

その後ピンピンして戦後神戸で会社興してたけどな





639 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 10:25:45.91 ID:vYRNcMy50 [26/37]
旧帝国海軍の工廠って、日本工業界では早くから材料規格なんかを整備していて、
製造の合理化を進めていた。 
「職人芸じゃないと出来ない」系をなるべく排除していて、再現性も高いだろうに。

705 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 10:42:22.31 ID:xDt3jDwX0 [9/18]
>>639
西島亮二」さんの功績ですね、
その標準化の思想が、戦後の造船大国日本の基礎を作ったわけだし、
機械や施設が破壊されても、技術や思想は継承された。


665 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 10:31:49.63 ID:t2+pNCPl0 [4/7]
>>639
そんな話始めて聞いたわ

日本は工業規格の概念がないから同じ三菱製零戦でも工場によって
寸法が違ったと聞いている。
ガソリンも海軍と陸軍ではオクタン価も違ってた。

補給も、陸軍と海軍と2種類行わなければならなかった。

684 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 10:36:52.82 ID:eoUb6nBF0 [2/26]
>>665
てか海軍はなして中島の信頼性無茶苦茶低いエンジンばっかり採用したんだ?
100式司偵の金星エンジンとか三菱には信頼性高くてそこそこ高性能なエンジンあったのに
無駄に職人芸な誉なんか採用して現場混乱やないですか!!!

中島のエンジンなんか栄と寿くらいじゃね?まともに動いたの

691 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 10:38:33.28 ID:Zwc8RDvI0 [16/24]
>>665
規格はあった
ただ、品質管理の概念が無かったから、改善も管理も無かっただけ

挙句、大量生産のために公差や規定を緩めるよう規格改定を行い、
不適合品も後工程に流した

ガソリンは陸海軍で規格統合され、
航空87揮発油(後方機用)、航空91揮発油(主力機用)、航空95揮発油(精鋭機用)を主に使ってた

682 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 10:36:18.58 ID:vYRNcMy50 [27/37]
>>665
そう。呉の海軍工廠では、戦艦造りの苦労を知っていて、
工程の整理、工数の管理、材料の規格化が進んでいて、
大和設計に使う鋼材も板厚が規格化されている。戦後の日本の造船発展の基礎。

一方、航空機の方は職人芸が残っていたみたいね。マリアナ以後、艦を作ってもしょうがないから、
呉から航空機の方へ人が移動してるけど、あまりにアナログな製造工程に、
「文化がちがーう」って言ったとさ。

696 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 10:39:50.95 ID:eoUb6nBF0 [3/26]
>>682
そーいえば榛名と霧島とで受注した三菱と川崎でスピード競争して
負けた榛名の造船部長自殺したんだってな・・・アホだわ

707 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 10:42:46.55 ID:MwecbL9n0 [11/13]
>>682
海軍の技官の西島さんだよね。鬼の西島って呼ばれて品質管理を徹底したという
ユニット工法で標準船を作って恨まれたのが啓二じゃない方の福田さん。
でも結局戦後に溶接、ユニット工法に移行していったという

741 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 10:51:47.93 ID:ZJNaggzIO [2/4]
>>682

たとえばエンジンのバルブ一つ作るにも、最後は人間が精度を出す世界だからねぇ。
一方アメリカでは専用機械で、女性でも精度が良いバルブを大量生産。







関連記事

Comment[この記事へのコメント]

NoTitle 

  • 名無し 
  • URL 
  • at 2011.06.12.: 17:33 
  • [編集]
696 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 10:39:50.95 ID:eoUb6nBF0 [3/26]
>>682
そーいえば榛名と霧島とで受注した三菱と川崎でスピード競争して
負けた榛名の造船部長自殺したんだってな・・・アホだわ

後世の視点から先人をアホと切り捨てるなかれ
初の民間企業による主力艦=戦艦建造だったから
三菱も川崎も社命をかけて取り組んでたんだよ

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カレンダー ▼

最新記事スクロール ▼

最新コメント ▼

月別アーカイブ(タブ) ▼

カテゴリー ▼

タグ ▼

プロフィール ▼


現在の閲覧者数: