FC2ブログ

丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2

【自分から見て左側を応援するBlog】 (速報性無し) 真剣なヌースほどニヤニヤして読むのが『礼儀』です。リンク転載FREEEEE 

 
【!】当ブログの趣旨はプロフィールに長々と読む気を失くすように書いてあります。
「国会・慰安婦質問」で、
Twitter内検索から除外などされておりましたが
18/10/18の「ウイグル」記事をもって
更新反映してもらえなくなりました。




GOOD LUCK!!  
 【入国管理局/情報受付】  
  ・不法滞在者様お一人につき最高5万円までの通報者全プレ
  ・匿名通報可(全プレなし)
  ・写メ付通報、携帯通報先「 info-tokyo@immi-moj.go.jp
  ・電話通報 「03 5796 7256」
  ・受付毎日9時~17時(年末年始12/29-1/3除く)


★161130 熊本地震におけるピースボートに関した細かい情報が、「仕事の支障になる」とのことで一部削除致しました。
★171108 ぱよちん記事における「ご本人様」が御写真が恥ずかしいとのことで削除されておりました
@管理人

6/21 『デボネア』からの脱出

【韓国】日本車を描き写して「車強国」の土台固めた~現代は三菱と高級車共同開発、起亜はマツダと核心技術共有できず[06/17]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1308423635/


1 名前:ピアノを弾く大酋長φ ★[sage] 投稿日:2011/06/19(日) 04:00:35.61 ID:???
日本車描き写して'車強国'土台固めた

[半世紀を駆けてきた韓国自動車](6)現代は三菱と高級車共同開発、起亜はマツダと核心技術共有できず

2000年代中盤に入って国産車の競争力は早く沸き上がった。

7年ごとに車の内外を熱く変える通常の完成車メーカーとは違い、現代起亜車は急変するトレンドに合わせて足早く新しいモデルを出し始める。

最近注目するほどの好実績はやはりこのような製品戦略が功を奏したためだ。

今日のこのようなまぶしい競争力の後ろには
1980年代、現代・起亜車に自身の青春を燃やした
自主開発エンジニア第1世代の努力が凄然と染みている。

当時これといった技術力なしで
日本車の技術を持ってきた国内の完成車は
こまめに日本車を追いかけて行って技術力を積んだ。


おかげで日本で失敗した車が韓国で大人気を呼ぶこともした。
技術力を整えるための多様な挑戦も続いた。

1980年代末、起亜産業は全世界が認めた「合法的産業スパイ」に違いなかった。

http://imgsvr.e-today.co.kr/11/06/20110617112603_ljy0403_1.jpg

▲日本三菱の2代目デボネア。
日本で1年に1000台余りだけ売れて惨敗した車だ。

反面、これを土台に現代車がリリースした初代グレンジャーは毎年2倍ずつ成長を継続して1990年に2万6000台余りが売れた。
最近の現代車のエクウスさえ破れない記録だ。

◇日本で滅びた車…現代車は大成功 = 1986年、工業合理化措置が解除される。

同時に中型車の開発および生産に飛び込んだ現代車はこの時点に先立ち日本三菱を早目に訪ねた。

すでに1975年にポニーを開発してエンジン技術を持ってきたし、
関係を篤実に守った時であった。

現代車が日本に渡っていった理由は高級車の技術が切実だったためだ。

当時日本三菱は1970年代初めに開発した「デボネア」という高級車を保有した。
しかし「三菱の役員のための儀典車」になってしまった。

先頭企業のトヨタに押されて高級車市場で惨敗を経験したところだった。

結局、「共同開発」という命題を前面に出して現代車はデボネアの姿を受け継いで新しいモデルを開発した。
すなわち初代グレンジャーだ。

1987年のデビュー初年、グレンジャーは大宇ローヤルシリーズが独占した高級車市場を直ちに奪ってきた。
広い室内空間と長い車体は当時の高級車の必要条件だった。

グレンジャーは翼が生えたように売れた。
デビュー初年の1986年には2422台が売れた。

翌年の1987年には2倍近く増えて4076台が販売された。
ソウルオリンピックの熱気が熱かった1988年はやはり2倍の増加率を見せて8190台が売れた。

2000cc一つだったモデルが2400cc、3000ccに増えながら1989年にはついに1万台販売を突破して1万2616台が売れ、1990年にはやはり前年対比2倍以上に増えて2万6004台が売れた。

1990年の国内最高級車2万6000台余りの販売は今でも簡単に破ることはできない記録だ。

高級輸入車が洪水のようにあふれる最近も破るのは容易ではない。

2009年に発売された現代車の最高級モデル、エクウスの販売が1万5000台にならない時節だ。
それだけ当時の現代車グレンジャーの人気は実にすごかった。

反面、海を渡って日本の土地を走った、現代車グレンジャーと同じデザインの三菱デボネアは苦戦を免れなかった。
1年の販売量が1000台余りを記録するほど販売が低調だった。

私たちの自動車市場より3倍以上大きい日本市場を勘案すればデボネアは開発費を回収するのも手にあまった。

以後、デボネアは3代目(現代車2代目ニューグレンジャー)で新たに出たが、相変らず失敗を繰り返した。

結局、4代目からプラウディア(現代車初代エクウス)で新たに出たが相変らず興行は失敗であった。

同じ期間、現代車はグレンジャーの上級としてエクウスをリリースしてもう一度高級車市場をさらい始めた。

(>>2以降につづく)

ソース:イートゥデイ(韓国語) 最終入力時間:2011-06-17 11:28:06
http://www.etoday.co.kr/news/section/newsview.php?TM=news&SM=0405&idxno=449535

2 名前:ピアノを弾く大酋長φ ★[sage] 投稿日:2011/06/19(日) 04:01:01.43 ID:???
(>>1のつづき)

http://imgsvr.e-today.co.kr/11/06/20110617112726_ljy0403_1.jpg
▲起亜車コンコードのベースになった日本マツダのカペラ。
コンコードは当時オーナードライバーのための高性能スーパーセダンを指向した。

◇世界最高のリバースエンジニアリング専門家、起亜産業 = このころ起亜産業(起亜自動車の前身)はやはり日本マツダと手を握って多様なモデルを国内に紹介した。

マツダファミリアを入れて初代プライドをリリースした。

「マツダ車が韓国で受け入れられる」と自負した起亜産業は直ちにマツダの中型車カペラを持ってきた。
すなわち初代コンコードだ。

コンコードが登場した当時は2000ccの中型車は社長の後席用高級車であった。
いわゆる「ショーファードリブン」だった。

反面、起亜産業は世界最初の超音速旅客機コンコルドの名前をそっくり受け継いできながら「オーナードライバーのための高性能セダン」を追求した。

競合モデルより小さかったコンコードは直列4気筒2.0エンジンで最高出力115馬力を出した。
最近の基準では小型車より劣る性能だったが、当時高速道路でコンコードに追いつく中型車はなかった。

しかし三菱が熱く現代車と技術を共有したのと違い、
日本マツダは起亜産業に技術移転をたやすく示さなかった。


大部分の部品を国産化したが、核心技術は相変らずマツダのそれをそっくり持ってきた。
結局、起亜産業は日本から持ってきた車を一つずつ分解し始めた。

いわゆる「Tear down」だ。当
時、起亜産業の研究員たちはよく「開けてみる」ことと呼んだ。


技術が切実だった起亜産業は当時
「世界最高の逆設計(リバースエンジニアリング)技術」
を持った。


車一台を与えればその車を分解しながら一つずつ設計図を描き出した。

そのため他の人々が堅く守る新しいモデルの設計図をすぐに描き出すことで有名だった。

皆がエンジニア出身の経営者、金善弘当時起亜産業会長の指示でなされた。

最近乱舞する中国の自動車メーカーが韓国車を持ってきて分解して設計図を抜き取るのもみな1980年代末に起亜産業が取った開発方法だ。

コンコードをベースに開発した準中型車キャピタルと後続モデルのセピアもやはり日本マツダ車を持ってきてリバースエンジニアリングして設計図を抜き取った主人公だ。

当時起亜産業に身を置いた彼らは金善弘会長の指示をこのように回想する。

「他の会議は知らないが商品企画と製品に関連した会議は必ず金善弘会長が直接参観された。エンジニア出身らしく製品全般に対する理解度と企画力は当時の研究員の身動きを出来なくするほどであった。」
(おわり)

キム・ジュンヒョン記者

関連スレ
【日韓】不運な「日本型グレンジャー」(三菱デボネア)の交錯した運命[02/10]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1297448677/




4 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2011/06/19(日) 04:02:36.95 ID:AmvgNYU7
なにが言いたいんだぁ?



5 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2011/06/19(日) 04:04:23.50 ID:d2s2kmrg
世界最高のリバースエンジニアリング専門家って褒め言葉なの?



9 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2011/06/19(日) 04:08:35.30 ID:ngqC07Vv
デボネアの焼き直しとかよく馬鹿にされて棚


21 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2011/06/19(日) 04:25:11.13 ID:rAL15DL/
マツダは日本企業として立派である事がよくわかった。



75 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2011/06/19(日) 07:12:12.66 ID:e8PdCO0A
親父がデボネア乗ってた
現代が同じ車出した事を知ってすぐ処分してた
何故、三菱が自身の首を絞めたのか、俺は未だに理解出来ない




68 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2011/06/19(日) 06:29:01.02 ID:yPgj47jg
まあ日本も嘗てアメリカからコピーしまくっていたからな。

技術や文化は高い方から低い方へ流れるのは必然。
でも剽窃や窃盗を恥と思わない民族は最終的には駆逐されていく。

優れたオリジナリティーのない文明など、地球上に存在する意味がない。

83 名前:伊58 ◆AOfDTU.apk [] 投稿日:2011/06/19(日) 07:42:43.37 ID:RPLUJ5fM [2/4]
>>68
日産が自動車生産するにあたって、特許使用でどれだけ苦しんだか知らないのか。
勝手にコピーするのと金を払ってやっているのを混同するとかいい加減にして欲しいね。




90 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2011/06/19(日) 07:56:55.73 ID:YexYoTyh
ファミリアもどきやボンゴもどきポーターもどき
 
マツダがチョットは力を貸していたのか。
 
マツダも、ヨーロッパ車の研究もしているようだ。
三次のテストコースで性能試験をして、本社工場で分解。

まぁ、どこの会社でもやっている事だろうけど、
参考にしておかないと特許抵触の可能性もあるんだろうな。

必要な技術なら特許料も払うだろうが、訴訟の予防措置もあるだろう。
 




93 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2011/06/19(日) 08:02:08.63 ID:KNW6d82R
こすいて三菱の衰退が決定的になったんだな・・・

96 名前:伊58 ◆AOfDTU.apk [] 投稿日:2011/06/19(日) 08:06:00.37 ID:RPLUJ5fM [4/4]
>>93
三菱も関わりたくて関わったわけではないと思うが。
昔は、自由主義陣営のショーケースとしての役割が韓国には有って、
発展させるために日本から技術供与が行われた。

日本と被る産業分野が多いのも、日本からの部品輸入が多くて対日赤字が問題になるのも、
そういう経緯が有る故。

冷戦の枠組みの中だったからな。




97 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2011/06/19(日) 08:06:43.73 ID:nySLv6ko
真似したのが三菱で良かったよなwwww

あんなもん誰も乗らねえっつうの


親が義理でギャランの最上級モデルを買わされたが
4年後、ブレーキが聞かなくなって
ガソリンスタンドの壁に車体を接触させる形で無理矢理停まった…



早く市場から撤退しろ





159 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2011/06/19(日) 11:38:13.99 ID:CjOB7d41
分解して寸法取りしてたんだよなw
でも理屈が分からないから、同じ性能が出せない。
物真似屋


186 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2011/06/19(日) 13:26:10.03 ID:bT3gJcmD [4/5]
>>159
設計図貰ってもチャッポンチャッポン言う燃料タンクをもっていた三星ルノーの…・・





194 名前:エラ通信[] 投稿日:2011/06/19(日) 14:08:00.52 ID:7+6YYgYg

http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1240957730/l50

393 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/04/29(水) 15:29:59 ID:5qnQtp1N

IMF危機の時も経済混乱のドサクサに紛れて、
起亜の大株主であるフォードとマツダの
権利・意向を無視して組合まで巻き込んで
強引に倒産させて間接的に現代がタダで会社を取り込んだ上に、

起亜の権利(マツダ・フォードとの提携で得た技術の使用権等)
だけは全て有効であるとやりたい放題。

今回もGMの権利を剥ぎ取って強引に会社清算、
気が付けば美味しい部分だけ現代傘下と
いうふうに持って行くつもりなんだろうねw






204 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2011/06/19(日) 22:37:58.44 ID:zA4di7iu
三菱車って、他の国の現地メーカーが自社として生産してることたまにあるな
マレーシアなんかそうだった






関連記事

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カレンダー ▼

最新記事スクロール ▼

最新コメント ▼

月別アーカイブ(タブ) ▼

カテゴリー ▼

タグ ▼

プロフィール ▼


現在の閲覧者数: