FC2ブログ

丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2

【自分から見て左側を応援するBlog】 (速報性無し) 真剣なヌースほどニヤニヤして読むのが『礼儀』です。リンク転載FREEEEE 

 
【!】当ブログの趣旨はプロフィールに長々と読む気を失くすように書いてあります。
「国会・慰安婦質問」で、
Twitter内検索から除外などされておりましたが
18/10/18の「ウイグル」記事をもって
更新反映してもらえなくなりました。




GOOD LUCK!!  
 【入国管理局/情報受付】  
  ・不法滞在者様お一人につき最高5万円までの通報者全プレ
  ・匿名通報可(全プレなし)
  ・写メ付通報、携帯通報先「 info-tokyo@immi-moj.go.jp
  ・電話通報 「03 5796 7256」
  ・受付毎日9時~17時(年末年始12/29-1/3除く)


★161130 熊本地震におけるピースボートに関した細かい情報が、「仕事の支障になる」とのことで一部削除致しました。
★171108 ぱよちん記事における「ご本人様」が御写真が恥ずかしいとのことで削除されておりました
@管理人

08/03 つまり『日帝』と言う言葉を使いたかった牛

【中央日報】白い韓牛の復元を推進…韓国には様々な毛色の韓牛が存在したが日本植民支配期を経て黄色だけに [08/02]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1312246685/



1 名前: [―{}@{}@{}-] Korean Monkeys (韓国猿)@動物園φ ★[] 投稿日:2011/08/02(火) 09:58:05.90 ID:???

“白い韓牛”を復元する
2011年08月01日17時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

http://japanese.joins.com/upload/images/2011/08/tmb240_20110801174418-1.jpg

農村振興庁は31日、珍しい形質を持つ「白色韓牛」の復元を推進していると明らかにした。

農業振興庁によると、7月初めに国立畜産科学院家畜遺伝資源試験場で白毛の小牛2頭が生まれたという。

全国の白色韓牛6頭(雌牛4頭、雄牛2頭)を交配させた結果だ。

農業振興庁のキム・ソンウ研究員は「毛の色が白いシャロレーのような外来品種に見られる遺伝子ではなく、韓国固有の品種である黄色い韓牛の変種であることが明らかになった」とし「珍しい形質を保有し、各種疾病モデルの研究に重要な資源として利用できる」と説明した。

朝鮮時代の文献『朝鮮牛馬医方』によると、
韓国には過去、白・黒・褐・赤褐・黄などの
毛色の韓牛が存在したという。

しかし日本植民支配期を経て毛色はほぼ黄色だけになった。


農業振興庁は韓牛の遺伝子多様性を確保するという次元で受精卵移植技術などを取り入れて白色韓牛を復元し、個体を増やす事業を繰り広げる計画という。

http://japanese.joins.com/article/391/142391.html?servcode=400§code=400



3 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2011/08/02(火) 09:59:31.21 ID:wCM988XY
牛も白丁





関連記事

Comment[この記事へのコメント]

NoTitle 

  • 名無し 
  • URL 
  • at 2011.08.03.: 10:12 
  • [編集]
ちなみに、朝鮮渡航時のイザベラ・バードは基本的には
イギリスからカレー粉を持参して来て、現地で入手した鳥類を自分で〆て、カレー仕立てにして食べると言う方法で凌いでまず。

NoTitle 

  • 名無し 
  • URL 
  • at 2011.08.03.: 10:03 
  • [編集]
講談社学術文庫版「朝鮮紀行(イザベラ・バード著)」
p.213によると、そもそも、韓国には牛を牧場で育てる風習がありませんがな。日本と同じく牛は農耕用の労働力(使えなくなった牛を屠殺して食用にすることはある。食用の主力は豚と犬。これとて牧場で育てていない。牧場で育てている唯一の家畜は、貴族が食用にする羊だけ(豚と犬は狩猟する)。しかも、牛は、赤牛が居るが不衛生から来る牛疫が猖獗していて激減している、とある。
これ、普通に考えて、日帝のせいじゃなく、不衛生による牛疫で絶滅したんでしょ。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カレンダー ▼

最新記事スクロール ▼

最新コメント ▼

月別アーカイブ(タブ) ▼

カテゴリー ▼

タグ ▼

プロフィール ▼


現在の閲覧者数: