FC2ブログ

丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2

【自分から見て左側を応援するBlog】 (速報性無し) 真剣なヌースほどニヤニヤして読むのが『礼儀』です。リンク転載FREEEEE 

 
【!】当ブログの趣旨はプロフィールに長々と読む気を失くすように書いてあります。
「国会・慰安婦質問」で、
Twitter内検索から除外などされておりましたが
18/10/18の「ウイグル」記事をもって
更新反映してもらえなくなりました。




GOOD LUCK!!  
 【入国管理局/情報受付】  
  ・不法滞在者様お一人につき最高5万円までの通報者全プレ
  ・匿名通報可(全プレなし)
  ・写メ付通報、携帯通報先「 info-tokyo@immi-moj.go.jp
  ・電話通報 「03 5796 7256」
  ・受付毎日9時~17時(年末年始12/29-1/3除く)


★161130 熊本地震におけるピースボートに関した細かい情報が、「仕事の支障になる」とのことで一部削除致しました。
★171108 ぱよちん記事における「ご本人様」が御写真が恥ずかしいとのことで削除されておりました
@管理人

2/28 トマトの缶詰の中身

843 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2009/02/28(土) 15:55:44 ID:SeLLZxCh
イタリアも中国からの輸入トマトとか小麦とかヤバそうだなあ
845 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2009/02/28(土) 16:17:48 ID:Rqtt3MQg
>>843
ドキッ怖いこと言うなあw


849 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2009/02/28(土) 16:27:11 ID:Rqtt3MQg
>>848
マジで?気になったからググったけどトマト缶に偽装し、エクスタシー密輸しかかからんかった


852 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2009/02/28(土) 16:35:57 ID:Yz+iegY5
>843>848>849

毒餃子騒動のときに、産地ロンダリングの一例として、
ちょっと話題になってたような。
今はトマトの水煮缶はほとんどが
中国の新疆ウイグル自治区で生産されてる。
実質ラベルだけ貼ってイタリア産ってことにしてるけどね。

イタリアだってそう国土が広い国じゃないし、
トマト生産に向いた土壌なんて南の方に限られてるわけで。
そう考えたら、
真正イタリア産が一缶100円やそこらで買える訳がない。


856 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2009/02/28(土) 16:52:50 ID:CRGSK/7d
>>849
トラブってたよ。

中国製がイタリア製に化けてるっていう話だったかな。


858 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2009/02/28(土) 16:57:34 ID:heoNKJ3B
>>849 >>856
記事はこれかな。

中国産トマト:イタリアで急増 基本食材の侵食に危機感


パスタやピザなどさまざまなイタリア料理に使われ、同国では食材の王様格のトマト。
その本場に中国産が押し寄せており、イタリアの農業生産者団体コルディレッティは国産ものの消費を呼び掛けている。

 コルディレッティの発表によると、トマト製品の中国からの輸入量は近年増加し、今年は前年比163%の急増となった。中国は世界屈指のトマト生産国で、そのほとんどが輸出用。

 イタリアが輸入したトマト製品は、そのまま瓶詰めされたり、味付け加工して「イタリア産」パスタソースとして出荷され、一部は輸出されている。

 これまでの法令では、容器詰めした場所を産地として表示できたが、トマト農家が強く反対したため、来年1月からは、濃縮加工したトマトピューレについては原産地表示が義務付けられることになった。

 コルディレッティのマリーニ会長は「皮むきトマトなどについても原産地表示を求めていく」と語った。

 中国産トマト製品の安全性をめぐっては大きな問題は起きていないが、緑の党のデペトリス上院議員は「イタリアで禁止されている化学物質が含まれていないか徹底的な調査が必要」と話している。

(ローマ共同)
2007年11月24日 20時05分
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1195905423/
http://web.archive.org/web/20071204225528/http://
mainichi.jp/select/world/asia/news/20071125k0000m020054000c.html

関連記事

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カレンダー ▼

最新記事スクロール ▼

最新コメント ▼

月別アーカイブ(タブ) ▼

カテゴリー ▼

タグ ▼

プロフィール ▼


現在の閲覧者数: