FC2ブログ

丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2

【自分から見て左側を応援するBlog】 (速報性無し) 真剣なヌースほどニヤニヤして読むのが『礼儀』です。リンク転載FREEEEE 

 
【!】当ブログの趣旨はプロフィールに長々と読む気を失くすように書いてあります。
「国会・慰安婦質問」で、
Twitter内検索から除外などされておりましたが
18/10/18の「ウイグル」記事をもって
更新反映してもらえなくなりました。




GOOD LUCK!!  
 【入国管理局/情報受付】  
  ・不法滞在者様お一人につき最高5万円までの通報者全プレ
  ・匿名通報可(全プレなし)
  ・写メ付通報、携帯通報先「 info-tokyo@immi-moj.go.jp
  ・電話通報 「03 5796 7256」
  ・受付毎日9時~17時(年末年始12/29-1/3除く)


★161130 熊本地震におけるピースボートに関した細かい情報が、「仕事の支障になる」とのことで一部削除致しました。
★171108 ぱよちん記事における「ご本人様」が御写真が恥ずかしいとのことで削除されておりました
@管理人

10/02 (>´A`)> ぐはぁ

【フランス】見物客からは「わあ」という感嘆の声 韓国の寺院料理専門店、仏ラファイエットに進出へ[09/30]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1317346614/


1 名前:なつあかねφ ★[] 投稿日:2011/09/30(金) 10:36:54.06 ID:???
http://www.chosunonline.com/site/data/img_dir/2011/09/30/2011093000512_0.jpg

「寺院の料理は、ただ食べるという行為だけではなく『全ての中生は釈迦(しゃか)』とする仏教の教えに基づく一種の哲学的な実践行為です」。

僧侶が十字に切り込みを入れた豆腐にキノコを差し込むと、見物客からは「わあ」という感嘆の声が上がった。

28日午後(現地時間)、パリの韓国文化院で開かれたイベント「韓国仏教との出会い」の開会式会場。

韓国の仏教文化を広く知ってもらおうと、曹渓宗(韓国最大の仏教宗団)が準備した多彩な行事の中で、とりわけ目を引いたのが、この寺院料理のデモンストレーションだ。

曹渓宗の公式寺院料理店「鉢孟供養」の総責任者、テアン僧侶が実演を担当した。

曹渓宗が海外で寺院料理のデモンストレーションを行うのは、昨年秋のニューヨークに続いて2度目。
ニューヨーカー、パリジェンヌとも、大きな関心を寄せた。

こうした人気を受け、韓国の寺院料理がパリに進出する。

パリの代表的なデパートで、世界中の人々にとってパリ観光の必須コースとなっているギャラリー・ラファイエット百貨店。
早ければ来年にも、同百貨店の屋上フードコートに、韓国の寺院飲食専門店がお目見えする。

この日のイベントに出席したラファイエット百貨店の飲食担当マネージャー、ジャンフィリップ・ジャム氏(47)は
「曹渓宗とは真剣に話し合いを進めている。なお多くの手続きが残っているが、交渉がまとまれば、世界中にあるラファイエットの支店を通じ、韓国の寺院料理や仏教文化が広まるだろう」と話した。

韓国の寺院料理のパリ進出に当たっては、フランスの著名な料理評論家、クロード・ルベ氏(88)が大きな役割を果たした。

ルベ氏は、昨年10月に全州で開催された韓国飲食祭に出席した際「鉢孟供養」で味わった料理に魅せられ、ラファイエット百貨店に接触。
来年5-9月に同百貨店に寺院料理専門レストランをオープンする方向で話し合いを進めていた。

李泰勲記者


朝鮮日報 2011/09/30
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2011/09/30/2011093000597.html



2 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2011/09/30(金) 10:37:33.40 ID:8QfPSKk6 [1/2]
ぅわぁ・・・

3 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2011/09/30(金) 10:38:52.24 ID:KwIbZg/Q
>>2
そういう意味だったのかw



6 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2011/09/30(金) 10:39:30.66 ID:zEYXuB2M [1/2]
南鮮に仏教文化なんかあんの?





37 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2011/09/30(金) 10:59:09.58 ID:sdVreKKb
一応、この曹渓宗は、王朝時代の弾圧を潜り抜けて生き残った、
ちゃんとした禅宗の教団なはず。

その割にはこの宗派の坊さん達は、鎌倉の僧兵よろしく、
宗派内闘争で角材持って殴り合って、夕方のニュースになったりする、
大変朝鮮民族らしい宗風をもった教団だったと思う。

他にも疑問に思う事があるけど面倒くさいんで書かないが。




103 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2011/09/30(金) 13:32:01.13 ID:Xg8sg4xZ
仏国寺って完璧に廃墟になってたのを無理矢理復活させて世界遺産にしたんだっけ?
インチキ力だけは凄まじいよなあ

104 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2011/09/30(金) 13:34:14.58 ID:U6S1xKXk
>>103
廃墟になってたのを、日帝が修復したんじゃなかったっけ?






●目標はミシュラン!

http://nihon9999.blog77.fc2.com/blog-entry-1361.html

【韓国】韓国料理はフレンチや和食・中華料理に劣らない お寺の料理から韓国料理グローバル化の活路を[2009/04/17]
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1239982033/


「韓国料理のグローバル化に向けたお寺の料理のスタンスと役割」をテーマにしたセミナーが
16日、国会議員会館の小会議室で開かれた。


韓国最大の仏教宗派「曹渓宗」の仏教文化事業団が後援した
(訳注:禅食=韓国の禅僧が厳しい修行の際に食品を加工し食べていた栄養保存食から由来した料理)。


展示場の外のロビーでは、寺院料理の専門家ソンジェ僧侶の特別展示会が開かれた。
旬の食材を使った「春のお寺の料理」がテーマだ。

料理を盛り付けた15の鉢盂(バルウ。応量器に相当と。僧侶の食器)と、
ゴボウの和え物、ツルニンジンと松の実の汁の和え物に使う自然食材が紹介された。

金錦来議員は「食べ物はすなわち文化」とし

「節制と省察を体験できるお寺の料理は、
ストレスの多い現代人とスロー文化を求める外国人に、
文化として迫るに十分だ」と強調した。
金議員は「韓国料理は国家の新たな動力のひとつ」とし

「ひとつのブランドとして世界に知らせる作業を続ける考えだ」と述べた。

中央日報 Joins.com
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=114200&servcode=400§code=400
http://japanese.joins.com/upload/images/2009/04/20090417100553-1.jpg



572 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 09:51:19 ID:uwEJgQiX
これもミシュラン・ガイドで
高野山が最高評価を受けた影響なのでしょう。

http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/region/20090414ddlk30040473000c.html
http://www.shukubo.jp/04_miyage_1.html

580 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2009/04/18(土) 09:57:50 ID:UCGmAUtd
>>572
納得!!!!!
ビビンバのグローバル化だとか言っておきながら、
いきなり寺料理のグローバル化
なんて言い出したと思ったら、これだったのか!

そんなにミシュラン東京版が妬ましいのか・・・。
捏造すればいいのに。

581 名前:伊58 ◆AOfDTU.apk [] 投稿日:2009/04/18(土) 09:58:24 ID:qYephACG
>>572
なるほど、それで真似ようとするわけか。
新しい素材を探して寺の料理に注目したのかなと
思っていたが、甘かった。







関連記事

Comment[この記事へのコメント]

NoTitle 

  • 名無し 
  • URL 
  • at 2011.10.03.: 08:53 
  • [編集]
西原理恵子の恨ミシュランで良いかも。
民族の根本「恨」の概念に則ってるし。

NoTitle 

  • 名無し 
  • URL 
  • at 2011.10.02.: 01:39 
  • [編集]
ねたミシュランにでも載せてあげれば?

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カレンダー ▼

最新記事スクロール ▼

最新コメント ▼

月別アーカイブ(タブ) ▼

カテゴリー ▼

タグ ▼

プロフィール ▼


現在の閲覧者数: